日本脳炎 流行の危険性/虫除けスプレー使用上の注意

日本脳炎流行の危険性が増加し、
蚊に刺されないように!
との厚生労働省の通達とキャンペーンポスターが配布された。
虫除けスプレーの消費が当然増加するものと思われる。
一昨年、ディートの副作用問題があり、最近は多数の天然成分利用の虫除けスプレーが利用されるようになってきた。もともと蚊取り線香は除虫菊から作られたものであったし、ミントやゼラニウムをはじめ種々のハーブが虫除けに利用できる。
自家製の虫除けスプレーもネット上で多数の製法紹介されている。

-----------------------------------------
薬食安発第0824003号   平成17年8月24日
各都道府県 保健所設置市 特別区 衛生主管部(局)長 殿
厚生労働省医薬食品局安全対策課長
ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に関する安全対策について
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/08/tp0824-1.html
 ディート(化学名:ジエチルトルアミド)を含有する医薬品及び医薬部外品の安全対策について、平成17年8月15日に開催された「ディート(忌避剤)に関する検討会」において、薬事・食品衛生審議会の専門委員による検討を行い、別紙の検討結果が得られたところであるが、今般、下記の措置を講じることが適当であると判断したので、ご了知の上、貴管下のディートを含有する医薬品及び医薬部外品の製造販売業者(以下、「製造販売業者」という。)並びにこれらの製品を取り扱う薬局、販売業者、一般小売業者等に対して指導方ご配慮をお願いする。

1. 製造販売業者は、以下の(1)又は(2)により、「使用上の注意」等を改訂すること。
 なお、本通知に基づき改訂を行った添付文書等を、独立行政法人医薬品医療機器総合機構安全部医薬品安全課(以下、「医薬品安全課」という。)にすみやかに提出すること。
(1)一般用医薬品
(1)添付文書、外部の容器等に記載の<用法・用量に関連する注意>を、次の内容が含まれるよう改訂すること。
○漫然な使用を避け、蚊、ブユ(ブヨ)等が多い戸外での使用等、必要な場合にのみ使用すること。
○小児(12歳未満)に使用させる場合には、保護者等の指導監督の下で、以下の回数を目安に使用すること。なお、顔には使用しないこと。
 ・6か月未満の乳児には使用しないこと。
 ・6か月以上2歳未満は、1日1回
 ・2歳以上12歳未満は、1日1~3回
○目に入ったり、飲んだり、なめたり、吸い込んだりすることがないようにし、塗布した手で目をこすらないこと。万一目に入った場合には、すぐに大量の水又はぬるま湯でよく洗い流すこと。また、具合が悪くなる等の症状が現れた場合には、直ちに、本剤にエタノールとディートが含まれていることを医師に告げて診療を受けること。
(2)製品、その包装及び添付文書に、承認書に記載のディート濃度を明記すること。
(2)医薬部外品
 上記の1.(1)の一般用医薬品に準じて記載すること。
(3)その他
 剤形等の違いによる添付文書、外部の容器等への記載内容に係る不明点は、医薬品安全課に相談すること。
2.製造販売業者は、ディートを含有する製品の「使用上の注意」等が改訂された旨が消費者等に理解されるよう情報提供すること。また、ディートを含有する製品を取り扱う薬局、販売業者、一般小売業者等においては、消費者に対し、ディートを含有する製品の「使用上の注意」等が改訂された旨の情報提供に努めること。
3.製造販売業者は、平成17年から当面の間、毎年9 月30日締めで過去1年間の、国内における副作用等の発生状況、安全性に関する国内外の研究報告等を、別添「ディート定期報告書記載要領」に従い、別紙様式1「ディート定期報告書」により、同年11月30日までに医薬品安全課に定期的に報告すること。なお、該当する報告事項がない場合においても、その旨報告すること。
4.製造販売業者は、ディートの神経系への影響に関する試験を実施し、その結果について当課に報告すること。
 なお、試験の実施等については、別途指示する。
別紙 〔検討結果の概要〕
(1)・ディートを含有する医薬品等は、我が国において多くの人が40年以上使用してきているにもかかわらず、現在まで薬事法に基づく副作用報告はない。
・米国、カナダ、英国などにおいて、販売停止等の措置を講じている国はない。
・デューク大学の研究グループが行ったラット皮膚塗布試験に関する報告については、関係する他の報告に比べ低用量でディートの神経系への影響が認められているが、試験方法等の不備が見られるため、現時点では評価は困難である。
(2)このような状況において、ディートを含有する医薬品等について、現時点では、販売停止等の措置を講ずるだけの科学的根拠はないと考えられる。
(3)現在、国内で流通している製品については、使用方法等の記載が不明確なものが多いことから、適正使用を推進する観点から、製品中のディート濃度を明記させるとともに、カナダにおける記載(6か月未満には使用しない、6か月から2歳は1日1回、2歳から12歳は1日3回)を参考に、使用方法の目安等を明記させる必要がある。
(4)デューク大学の研究グループが報告している低用量において認められた神経毒性については、再現性等を確認するために追加試験を行う必要がある。また、ディートの神経毒性について、今後も同様な研究報告に注目していく必要がある。

---------------------------------------
ディートを用いた製品の使用上の注意 Wikipedia より
アメリカ疾病予防管理センター (CDC) 推奨
* 飲んだり吸入したりしないよう注意が必要。
* 特に乳幼児に対し使用する場合は手のひら、顔(特に目、口)を避ける。
* 乳児は、大人の手のひらで薄く延ばし、これを塗る。
* 子供同士で虫よけ剤を塗ったりスプレーしたりさせない。
* 衣服へ塗る場合、内側(皮膚に直接触れる部分)へ塗布しない。
* 長時間塗ったままにしない。子供で約4時間、大人で約8時間程度を目安とする。さらに長時間の使用が考えられる場合は、濃度の低いものを使用するか、薄く塗る方法をとる。
* 帰宅後など、昆虫に接触する機会から離れた場合は速やかに石鹸などを使い、洗い落とす。
* 虫よけ剤は子供の手の届かないところへ保管する。
* 夏場など、日焼け止めと併用する場合は、日焼け止めを最初に塗りその上に虫よけ剤を塗る。
さまざまな屋外での作業、海外で疾病に感染する可能性が高い場合などに対してはディートを製造しているメーカーは次のことを推奨している。ディートの濃度5%では約90分、100%では10時間虫よけ効果が持続する。従って「繰り返し」塗る必要がある。
製剤中のディート濃度は日本では最高で12%である。(国によっては80%以上のものがあり、これを脚につけたら車のシートを溶かすかもしれない)。ディートはプラスチック、レーヨン、皮革に影響を及ぼし、綿、毛糸(羊毛など)、ナイロンには影響を及ぼさない。

------------------------------------------
The Insect Repellent DEET
http://www.epa.gov/pesticides/factsheets/chemicals/deet.htm
Current as of: March 23, 2007
DEET (chemical name, N,N-diethyl-meta-toluamide) is the active ingredient in many insect repellent products. It is used to repel biting pests such as mosquitoes and ticks, including ticks that may carry Lyme disease. Every year, approximately one-third of the U.S. population is expected to use DEET. Products containing DEET currently are available to the public in a variety of liquids, lotions, sprays, and impregnated materials (e.g., wrist bands). Formulations registered for direct application to human skin contain from 4 to 100% DEET. Except for a few veterinary uses, DEET is registered for use by consumers, and it is not used on food.
DEET is designed for direct application to human skin to repel insects, rather than kill them. After it was developed by the U.S. Army in 1946, DEET was registered for use by the general public in 1957. Approximately 140 products containing DEET are currently registered with EPA by about 39 different companies.
Safety review of DEET completed in 1998
After completing a comprehensive re-assessment of DEET, EPA concluded that, as long as consumers follow label directions and take proper precautions, insect repellents containing DEET do not present a health concern. Human exposure is expected to be brief, and long-term exposure is not expected. Based on extensive toxicity testing, the Agency believes that the normal use of DEET does not present a health concern to the general population. EPA completed this review and issued its reregistration decision (called a RED) in 1998. (More about REDs)
How to use DEET products safely
Consumers can reduce their own risks when using DEET by reading and following products labels. All DEET product labels include the following directions:
* Read and follow all directions and precautions on this product label.
* Do not apply over cuts, wounds, or irritated skin.
* Do not apply to hands or near eyes and mouth of young children.
* Do not allow young children to apply this product.
* Use just enough repellent to cover exposed skin and/or clothing.
* Do not use under clothing.
* Avoid over-application of this product.
* After returning indoors, wash treated skin with soap and water.
* Wash treated clothing before wearing it again.
* Use of this product may cause skin reactions in rare cases. The following additional statements will appear on the labels of all aerosol and pump spray formulation labels:
* Do not spray in enclosed areas.
* To apply to face, spray on hands first and then rub on face. Do not spray directly onto face.
Using DEET on children
DEET is approved for use on children over two months old. There is no restriction on the percentage of DEET in the product for use on children, since data do not show any difference in effects between young animals and adult animals in tests done for product registration. There also are no data showing incidents that would lead EPA to believe there is a need to restrict the use of DEET. Consumers are always advised to read and follow label directions in using any pesticide product, including insect repellents.
What to do in the event of a potential reaction to DEET
If you suspect that you or your child is having an adverse reaction to this product, discontinue use of the product, wash treated skin, and call your local poison control center or physician for help. If you go to a doctor, take the repellent container with you.
Benefits of DEET products
DEET's most significant benefit is its ability to repel potentially disease-carrying insects and ticks. The Centers for Disease Control (CDC) receives more than 20,000 reports of Lyme disease (transmitted by deer ticks) and 100 reports of encephalitis (transmitted by mosquitoes) annually. Both of these diseases can cause serious health problems or even death in the case of encephalitis. Where these diseases are endemic, the CDC recommends use of insect repellents when out-of-doors. Studies submitted to EPA indicate that DEET repels ticks for about three to eight hours, depending on the percentage of DEET in the product.

----------------------------------------
http://www.kangaeroo.net/D-bbs-F-article-no-5527.html
No.5527 : 自家製虫除けスプレーのレシピ
 こみ  母親母親 [お子さん3人] - 2006/06/01(木) 20:42
みなさん、こんばんは。
昨年の夏「大半の市販の虫よけスプレーには、ディートという神経毒が使用されているので、使用に際しては注意するように」と、農林水産省がガイドラインを発表しました。
我が家で、ずっと使っている自家製の虫除けスプレーのレシピを紹介します。
携帯用スプレー(20~30mlくらい)に水をいれ、ハッカ油(ミントオイル)を1~2滴垂らして出来上がりです。あれば、ミョウバンを耳掻き一杯くらい加えます。
ハッカの量が多すぎるとヒリヒリするので、こどもに使う前に自分に試して、水を加減します。肌がスーと感じるぐらいがちょうどよいです。水は蒸留水がベストですが、私は簡単に水道水で作っています。ミョウバンは、保湿や消臭、汗を中性に保つなどの効果があり、あせもの予防にもなるそうです。ミョウバンは、スーパーで、100円くらいで10年分くらい(笑)買えます。ハッカ油(ミントオイル)は、薬局で売っている5mlで1000円くらいのもので、ひと夏は使えます。
トイレ、玄関、洗濯物、靴、部屋の消臭にもつかえますので、私は年中使っています。蚊に刺された後でも、スプレーすると痒みが和らぎます。ミントの葉があれば、直接こすり付けると、痒み止めになります。
これからの季節、お役に立つかなと思い、カキコしてみました。

---------------------------------------
ハッカ油(ミントオイル)の主成分はメントールである。
メントールとは Wikipedia より
画像 メントール (Menthol) は環式モノテルペン、アルコールの一種の有機化合物。ハッカ臭を持つ、揮発性の無色結晶である。
 メントールにはいくつかの鏡像異性体がある。そのうちの l-メントールは歯磨きやチューインガムなどの菓子類、口中清涼剤などに多用されるほか、局所血管拡張作用、皮膚刺激作用等を有するため、医薬品にも用いられる。ハッカ(ペパーミント)に多く含まれる。
 天然には (-)-メントールはハッカ油中に少量のメントン、酢酸メンチルなどと共に存在する。この異性体は l-メントール、(1R,2S,5R) -メントールとも呼ばれる。天然メントールは純粋なエナンチオマーとして存在し、ほとんどの場合 (1R,2S,5R) 異性体である)。ホメオパシー理論の支持者の中には、メントールはホメオパシー療剤の効果を阻害すると考える者がいる。

---------------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック