札幌大がはしかで全学休講へ/麻疹

札幌大がはしかで休講へ 入試も会場をホテルに変更
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008012901000834.html
2008年1月29日 21時35分
画像

 札幌大学(札幌市)は29日、学生3人がはしかに感染したため、30日から2月8日まで、大学院と短大を含め全学休講にすると発表した。2月5、6日の入学試験は、会場を大学から札幌市内のホテルに移して実施する。
 期間中は学生約5700人の学内立ち入りを禁止し、課外活動なども中止。現在行っている定期試験も中断し、約2週間延期する。
 札幌大によると、28日に男子学生2人から申し出があり、感染が発覚。中旬から風邪のような症状で欠席している女子学生1人に問い合わせると、新たに感染が判明した。
(共同)

----------------------------------------
本学学生の「麻疹(はしか)」罹患による緊急対応について
http://www.sapporo-u.ac.jp/whats-new/080129_hashika.html
本日1月29日(火)13時現在、本学学生3人の「麻疹(はしか)」の発症が確認されました。
本学では、すでに平成19年5月18日に「麻疹(はしか)」流行について注意を呼び掛けていたところですが、このたび、学生の発症が確認されましたことを受けて、感染力が強い伝染病である「麻疹(はしか)」の感染拡大を防ぐため、緊急の対策を講じることにいたしました。
つきましては、在学生およびその保護者の皆様、受験生およびその保護者の皆様、高等学校の皆様、一般市民の皆様におかれましては、下記リンクをご確認いただき、特段のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
■在学生およびその保護者の皆様へ
■受験生およびその保護者の皆様、高等学校の皆様へ
■一般市民の皆様へ
平成20年1月29日
札幌大学/札幌大学女子短期大学部
学 長  宮 腰 昭 男


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック