「飛行機でCO2ばらまいて」

泉谷しげる「飛行機でCO2ばらまいて」
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200807090004.html
2008年7月9日
画像 歌手泉谷しげる(60)と俳優金子貴俊(30)が8日、都内で行われた日本テレビ系「炭素大循環の謎を追え!」(21日午後2時55分放送)の制作発表に出席した。泉谷は欧州、金子はカメルーンに出向き環境問題を体感。泉谷は「1週間で3カ国回る弾丸ツアー。飛行機に乗ってCO2ばらまいて、オレが(ロケに)行くこと自体、問題じゃないか」。6月に元タレント西村美保さん(27)と結婚した金子は「アフリカで家族のあり方を見て、支え合える家族になれたらいいなと思いました」。
-------------
グリーンな医師? 国際医学会議は必要か
http://kurie.at.webry.info/200806/article_43.html
----------------------------------------------
温室効果ガス、半減目標「合意」うたわず G8宣言案
http://www.asahi.com/special/08007/TKY200807080214.html
2008年7月8日15時1分
写真北海道洞爺湖サミットの記念撮影で勢ぞろいした各国首脳。(左から)ベルルスコーニ伊首相、ハーパー加首相、メドベージェフ・ロシア大統領、ブッシュ米大統領、福田首相、サルコジ仏大統領、メルケル独首相、ブラウン英首相、EUのバローゾ欧州委員長=8日午後0時23分、北海道洞爺湖町、山本壮一郎撮影

 北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)で主要8カ国(G8)は8日、温室効果ガスの世界全体の排出量を「2050年までに半減する」との長期目標そのものには合意せず、「共有を目指す」との文言にとどめる首脳宣言案を固めた。新興国が参加しない目標設定に慎重な米国に配慮した。
 昨年の独ハイリゲンダムサミットでは、世界全体の長期目標について、日本や欧州連合(EU)、カナダが提案した「50年半減」を、「真剣に検討する」ことで一致。これを引き継いだ議長国・日本は洞爺湖で、「合意」に格上げするよう慎重派の米国の説得を続けてきた。
 8日未明に首脳の個人代表(シェルパ)レベルでまとまった宣言案では「我々(G8)は国連気候変動枠組み条約のすべての参加国とともに、2050年までに世界全体の温室効果ガスを半減するという長期目標を共有することを目指す」とした。昨年の「検討」から一歩踏み出したものの、「合意」という言葉は避け、「目指す」という表現にとどまった。
 宣言案ではこれに続けて、「この地球規模の課題は、世界全体が取り組むことで初めて実現する。特に、すべての主要経済国による貢献が必要だ」と明記。中国やインドなど新興国の参加を求める米国の意向を反映した。
 この宣言案を元に、G8首脳は8日午後、直接協議に入る。ブッシュ米大統領と8日午前に会談したメルケル独首相は、記者団に対し、長期目標を含む首脳宣言案に関するこれまでの取り組みについて「非常に満足している」と語り、支持を示唆した。メルケル首相は昨年のサミットで議長を務め、「50年半減」の長期目標での合意を米国に強く働きかけてきた。(村山祐介)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック