3歳女児 新型インフルエンザ脳症で死亡/大阪

新型インフルで急性脳症、大阪・門真の3歳女児死亡
http://www.asahi.com/national/update/1128/OSK200911280103.html
2009年11月28日19時19分
 大阪市は28日、大阪府門真市の女児(3)が新型インフルエンザによる急性脳症で死亡したと発表した。基礎疾患はなかった。市によると、新型インフル感染者の死亡は、疑い例も含めて全国で78人目という。
 市によると、女児は38度台の熱が出たため、27日に門真市内の病院で受診。タミフルを投与されたが、意識が遠のくなどの症状が続き、大阪府守口市内の病院に運ばれた。さらに容体が悪化し、同日夜に大阪市内の病院に搬送されて治療を受けたが、28日午前8時15分、死亡が確認された。府内の医療機関では14日、1歳から小学3年までの持病のない子どもへのワクチン接種が始まったが、女児は未接種だった。
-------------------------------------------------
基礎疾患ない3歳女児、新型インフルで死亡…大阪
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091128-OYT1T00787.htm
 大阪市は28日、新型インフルエンザに感染した大阪府門真市内の3歳女児がインフルエンザ脳症で死亡したと発表した。
 女児に基礎疾患はなかった。
 発表によると、女児は26日から発熱などの症状があり、27日夕、自宅近くの医療機関でタミフルの投与を受けた。
 その後、意識レベルが低下し、大阪市内の医療機関で集中治療を受けたが28日朝、死亡した。
(2009年11月28日19時25分 読売新聞)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック