日本の原子炉施設のテロ攻撃セキュリティ懸念 国務省公電をウィキリークスが公表

 日本の原子炉設備のテロ攻撃へのセキュリティ問題の懸念がありとする米国当局者による繰り返しの国務省公電の一部をウィキリークスが公表。
画像 東京の米国大使館からの公電は2006年と2007年に送られており、日本の原子炉設備を訪問し、セキュリティ状況を観察した米国の外交官からの警告がなされた。米国はテロ組織や北朝鮮の特殊奇襲部隊によるゲリラ攻撃に対する日本の準備について懸念を持った。
 2007年2月26日の公電では、「主要なプルトニウム貯蔵施設」とされる東京の北にある東海村の核施設には武装した警備員が配置されていないことに懸念が表明されている。しかし、日本の核施設を監督する文部科学省は、「武装した警察を正当化するような十分な脅威がない」と言ったと電報にあった。日本の法律の下で武装することができない民間の警備員によって守られていると日本側は説明したという。
 他の公電によれば、フェンス、保安用カメラ、動作検出器の配置と日本の海上保安庁による舶来の攻撃から海洋の近くの原子炉設備を保護するために日本の海上保安庁が迅速に対応することが説明されていた。
 2007年の公電では、米国での標準慣行同様に、東海村施設の重要な場所へ出入りする労働者の身元調査を実施するように文科省に依頼したという。省当局は、『非公式に』そうしたチェックを実施しているが、憲法上の制約やプライバシーに対する問題があるので公式にはなされていないと述べたという。
 非現実的であるとされたいくつかの対策、特にテロ対策訓練マニュアルなどを批判していた。
(NYT)
-----------------------------------------------------
日本の原発警備、米が懸念…ウィキリークス
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110509-OYT1T00503.htm
 【ワシントン=山田哲朗】米政府が日本の原子力発電所などのテロ対策に懸念を示す一方、日本側は対策強化に消極的だったことが、内部告発サイト「ウィキリークス」が7日公開した米政府公電で分かった。
 2007年2月26日付で在日米国大使館が送った公電によると、2月9日の日米協議で、核施設への武装警備員の配置について米側が質問したのに対し、文部科学省は「事業者や警察が、個別の施設への脅威や武装警備員の必要性を判断する」と回答した。公電は「武装警官は全施設を警備しておらず、民間警備会社は法律で武器の携帯を禁じられている」と指摘した。
 米側は、重要区域に立ち入る作業員の身元調査も要請。同省は「契約会社の全社員に要求するのは非常に難しい」と、難色を示しながらも、日本政府が非公式に素性調査を行っているかもしれないことを認めた。
(2011年5月9日11時56分 読売新聞)

-----------------------------------------------------
Japan’s Nuclear Sites Raised U.S. Concerns, Cables Show
By MARTIN FACKLER
Published: May 8, 2011
http://www.nytimes.com/2011/05/09/us/politics/09tokyo.html

TOKYO ― American officials repeatedly raised concerns about the security of Japanese nuclear plants from terrorist attacks but in at least one case were rebuffed by local officials, according to classified State Department cables made available by WikiLeaks.

The cables from the United States Embassy in Tokyo were sent in 2006 and 2007, and recount warnings from American diplomats who visited Japanese nuclear plants and observed security drills. The Americans were raising concerns about Japan’s readiness for guerrilla-style attacks by groups like civilian terrorists or North Korean commandos.

In a cable dated Feb. 26, 2007, American officials expressed concern about the absence of armed guards at a nuclear facility in Tokaimura, north of Tokyo, which they described as “a major plutonium storage site.” But the Ministry of Science and Education, which oversees Japan’s nuclear sites, said “there was not a sufficient threat to justify armed police,” the cable said.

The Japanese explained that the site was protected by civilian guards, who cannot be armed under Japanese law, the cable said.

Other cables described the placement of fences, security cameras and motion detectors, and the readiness of Japan’s coast guard to protect nuclear plants near the ocean from seaborne attacks.

In the 2007 cable, the Americans also asked the ministry to conduct background checks of workers with access to sensitive areas of the Tokaimura site, as is standard practice in the United States. Ministry officials replied that while such checks were conducted “unofficially,” constitutional restrictions and privacy concerns prevented the government from making them routine.

While the cables noted that Japan was becoming more aware of threats to its nuclear facilities, they also faulted some countermeasures, particularly antiterrorism training drills, characterized as unrealistic.

A cable dated Jan. 27, 2006, describes an antiterrorism drill at the Mihama nuclear plant in central Japan as “a bit too scripted and perfect.” A cable dated Nov. 2 of the same year faults a drill at the Tokaimura facility at which participants had been given “advance copies of the scenario.”

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック