収穫前のコメ、規制値上限のセシウム検出/福島 二本松

二本松産米:「何かの間違いでは」農家に動揺 規制値検出
http://mainichi.jp/life/food/news/20110924k0000m040089000c.html
 「何かの間違いではないか」。新米の予備検査で国の暫定規制値と同じ1キロ当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出された福島県二本松市で、稲作農家の間に動揺が広がった。同市の三保恵一市長は23日、毎日新聞の取材に「仮に今後の本検査で規制値を超えれば、市場へは絶対に流さない」と語り、汚染米の流通阻止に全力で取り組む姿勢を強調した。それでも県産米の風評被害が強まるのは必至で、福島の厳しい試練が続く。【前谷宏、河津啓介、結城かほる、山田毅】
 500ベクレルの値が出た二本松市南東部の小浜地区(旧小浜町)は山あいの純農村地帯で、稲作農家611戸、水田面積は112ヘクタール。
 「ショックです。これからどうなってしまうのか」。同地区の農家の女性(54)はため息をついた。買ってもらえるか不安を抱えながらの田植えだった。ようやく稲穂が実ったが、21日夜の台風15号の豪雨で一部が水につかる被害を受けた。
 それでも気を取り直し、残った稲を24日にも刈り取ろうと思っていた。「これから何年もコメは作れないかもしれない。(東京電力福島第1原発の)事故さえなければ、この辺は何もない、平和なところなのに……」と肩を落とした。
 別地区の農家の男性(59)は検査結果に「信じられない」と驚き、「(特定の場所で)なぜそんなに飛び抜けて高い数値が出るか分からない。本検査の結果を早く知りたい」と不安を吐露。「今年の県産米は半値しかつかないと言われているが、これでさらにひどくなる」と嘆いた。
 同市の三保市長は23日夕、市幹部から知らせを受け、市と地元JAなどによる緊急の対策会議を24日に開くことを決めた。結果について「厳粛に受け止めるが、具体的な対策は本検査の結果を待って決める。あらゆる検査結果を情報公開し、国民の安全安心を守ることが産地の義務で、風評被害を克服する唯一の道だ」と語った。
 だが、稲作農家の衝撃は大きい。小浜地区から遠くない市内の専業農家、近藤恵さん(31)は「これで完全に風評被害が出る」とため息をついた。既に今年のコメ購入をキャンセルする客も出ている。「お金の補償だけでは済まない。我々は客の信用を失った。今は先が見えず、希望をなくした状態。なぜ小浜でこれだけのセシウムが出たのか、せめてきちんと分析してほしい」と訴えた。
 地元の「みちのく安達農協」の斎藤道雄組合長(70)は「早場米は無事に出荷でき、これまでの検査で問題はなく安心していたが、大変なことになった。農家には何の落ち度もない。原発がなければこういうことにはならなかった」と怒りをあらわにした。
毎日新聞 2011年9月23日 22時00分(最終更新 9月23日 23時20分)

--------------------------------------------------
収穫前のコメ、規制値上限のセシウム検出
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4834187.html
 福島県二本松市の収穫前のコメから、国の規制値の上限となる500ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが分かりました。
 福島県によりますと、収穫前に行うコメの予備調査で、二本松市の旧小浜町のコメから、1キログラムあたり500ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。
 国は収穫後に行う本調査で、国の規制値となる1キロあたり500ベクレルを超えた場合は、出荷を制限することにしていますが、今回は予備調査のため、今の段階で出荷が制限されることはありません。
 福島県は二本松市を重点調査区域に指定するとともに、収穫後に行う本調査の地点を、予定していた38か所からおよそ300か所に増やして、詳しく調べることにしています。(23日21:42)

-----------------------------------------------------
福島の一般米予備調査、1検体で水準超セシウム
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110923-OYT1T00581.htm
画像 福島県は23日、一般米の放射性物質の予備検査で、二本松市の1検体から国の暫定規制値と同じ1キロ・グラム当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。
 国が定めた重点調査区域を指定する基準の1キロ・グラム当たり200ベクレルを超えたため、同市全体が重点調査区域になり、計画していた38地点から約300地点に増やして本検査が行われる。重点調査区域の指定は初めて。
 基準を超える放射性セシウムが検出されたのは、12日採取した同市岩代地区のコメ。この水田の土壌の放射性物質濃度は、1キロ・グラム当たり3000ベクレルだった。ほかの同市産のコメ18検体は、いずれも基準を下回った。
 予備検査ですべての検体が基準を下回った市町村は、本検査で、旧市町村ごとに2検体を調べ、基準を下回れば出荷が認められる。重点調査区域では、約15ヘクタールごとに2検体を調査する。すべてが国の暫定規制値以下であれば、出荷が認められるが、上回ると旧市町村ごとに出荷停止になる。
(2011年9月24日01時06分 読売新聞)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック