浜岡原発には「津波集中」/東大地震研 海底地形分析

浜岡原発:「津波集中」の立地 東大地震研が海底地形分析
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110926k0000m040149000c.html
画像浅い海底が外洋に突き出て、津波のエネルギーが集中しやすい浜岡原発付近※東京大地震研究所のデータを基に作成
 東海地震の震源域に位置する中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の前面の海域には、浅い海底が外洋に突き出すように広がり、津波のエネルギーが集中しやすい地形であることが、東京大地震研究所の都司嘉宣(つじ・よしのぶ)准教授(地震学)の分析で分かった。
 浜岡原発の前面には、深さ200メートルより浅く、約20キロ沖まで舌状に広がる「御前崎海脚」と呼ばれる海底があり、その先は深さ500メートルまで急激に落ち込んでいる。また、御前崎海脚の両側も急に深くなっている。
 津波の速度は水深が深いほど速く、浅いほど遅い。都司准教授によると、海から陸に向かう津波は、海脚の中央に近いほど速度が遅くなる一方、中央から離れるほど速度が速く、津波の進む向きが中央方向に曲げられる。そのため、光が凸レンズを通過して焦点に集まるように、海脚の根元に当たる同原発周辺に津波のエネルギーが集中するという。
 中部電は東海、東南海、南海地震が連動した場合、同原発付近が高さ約8メートルの津波に襲われると想定。約1000億円の対策費をかけて、来年12月の完成を目標に海面から高さ18メートル、厚さ2メートル、全長1.6キロの防波壁の建設などを進めている。
 都司准教授は「浜岡原発は、地震だけでなく、津波の被害も受けやすい場所に立地している」と指摘している。【石塚孝志】
毎日新聞 2011年9月26日 2時30分(最終更新 9月26日 9時40分)

-----------------------------------------------------
浜岡原発の永久停止決議、牧之原市議会が可決
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110926-OYT1T00499.htm
 中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)から半径10キロ圏内にある同県牧之原市議会は26日の本会議で、運転停止中の同原発について永久停止を求める決議案を賛成多数で可決した。
 決議を受けて同市の西原茂樹市長も本会議終了後、同原発の運転再開を認めない意向を表明した。いずれも法的効力はないが、中部電と安全協定を結んでいる地元4市で、こうした決議の可決や意向表明がされたのは初めて。決議は「『原発は安全』という神話が根底から崩れた」とした上で、「東海地震の震源域真上に立地する浜岡原発は、確実な安全・安心が将来にわたって担保されない限り、永久に停止すべきだ」としている。
 同市は今年6~7月、市民1300人を対象に同原発の今後について尋ねたアンケート調査を実施。停止や廃炉を求める意見が約6割を占めていた。
(2011年9月26日12時06分 読売新聞)

-----------------------------------------------------
浜岡原発「永久停止」を決議 静岡・牧之原市議会
http://www.asahi.com/politics/update/0926/TKY201109260134.html
 静岡県牧之原市議会は26日、隣接する御前崎市にある中部電力浜岡原子力発電所について「確実な安全・安心が将来にわたって担保されない限り、永久停止にすべきである」とする決議案を賛成多数で可決した。決議を受け、西原茂樹市長は議場で「市民の安心・安全のため、永久停止は譲れないと強調したい」と発言した。
 牧之原市は浜岡原発から10キロ圏にあり、中部電と安全協定を締結している。同協定を結ぶ地元4市(御前崎、掛川、菊川、牧之原)で「永久停止」を求めるのは牧之原市議会が初めて。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック