岐阜市で販売の牛肉から規制値超える放射性セシウム

牛肉から規制値の3倍近いセシウム 岐阜で販売
http://www.asahi.com/national/update/1020/NGY201110200008.html
2011年10月20日17時24分
画像 岐阜市は20日、市内の業者が販売した宮城県産の牛肉に暫定規制値の3倍近いセシウムが含まれていたと発表した。9月2日までに消費者にすべて売られたという。
 市保健所によると、セシウムが検出されたのは、「肉の松久」(岐阜市琴塚2丁目)が8月9日に仕入れた9.6キロと、同31日の3.2キロ。仕入れ先の愛知県稲沢市の業者に同じ牛の肉が残っていたため同県が検査したところ、暫定規制値1キロあたり500ベクレルに対し、1400ベクレルが検出された。

------------------------------------------------------
岐阜市で販売の牛肉から規制値超える放射性セシウム
http://www2.nagoyatv.com/LanDB/jsp/NewsH0200/NewsH0200.jsp?id=37769
2011年10月19日21:54:56
 宮城県の農場から出荷され、岐阜市内で消費者に販売された牛肉から、国の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された事がわかりました。
 愛知県によりますと、7月に宮城県の農場から出荷され愛知県稲沢市の食肉業者に入荷した牛肉から、国の暫定規制値1キロ当たり500ベクレルの3倍近い、1キロあたり1400ベクレルの放射性セシウムが検出されました。入荷した321キロのうち、およそ13キロが、8月に岐阜市内の食肉販売業者に出荷され、すでに消費者に販売された可能性が高いということです。愛知県の担当者は、この牛肉を食べても人体に大きな影響はないとしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック