大飯原発の評価「妥当」、会議は混乱/原子力安全・保安院

大飯原発の2基 テスト妥当の評価
1月18日 21時44分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120118/k10015373371000.html
 原子力発電所の運転再開の判断の前提となる「ストレステスト」の結果を審査している国の原子力安全・保安院は、専門家の会議を18日午後8時前から開き、関西電力大飯原発の2基について「テストの方法は妥当だ」とする評価を示しました。ストレステストの結果を国が評価するのは初めてですが、会議は、運転再開に反対する人たちが抗議を続けたため、3時間半余り遅れて始まりました。
 「ストレステスト」は、政府が、停止中の原発の運転再開について地元の理解を得るために去年7月に導入した新たな安全評価で、原子力安全・保安院が専門家とともに原発ごとにテストの結果を議論しています。保安院は、専門家の会議を18日午後8時前から開き、去年10月以降に結果が提出された福井県にある関西電力の大飯原発3号機と4号機について、「テストの方法は妥当だ」とする評価を示しました。ストレステストの結果を国が評価するのは初めてで、原発の運転再開の判断の前提になっていることから、大飯原発は再開に向けて一歩前進することになります。会議は、当初は午後4時すぎから始まる予定でしたが、運転再開に反対する人たちが、会議室での傍聴が認められなかったことなどから抗議を続けたため、別の会議室に移ったうえで3時間半余り遅れて始まりました。また、専門家8人のうち東京大学の井野博満名誉教授と芝浦工業大学の後藤政志講師の2人が「傍聴人を閉め出すのはおかしい」として欠席しました。保安院は、大飯原発の2基について、今月23日から月末にかけてIAEA=国際原子力機関の調査を受けたうえで最終的な評価をする計画で、その後、政府が運転再開を判断することになっています。再開の前には地元自治体の了解が必要ですが、福井県は、福島第一原発の事故の検証を踏まえた新たな国の対策が示されなければ、ストレステストだけでは判断できないという姿勢を示していて、理解が得られるかどうか、課題は残されたままです。

-----------------------------------------------------
大飯原発の評価「妥当」、会議は混乱
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4930748.html
画像 原発の運転再開の前提となるストレステストの審査を進めている原子力安全・保安院は、福井県の関西電力・大飯原発3、4号機について、評価は「妥当」とする判断を示しました。会場には傍聴を求める市民らが押しかけ混乱したため、会議は一般傍聴者を締め出す形で、3時間半以上遅れて開かれました。
 「ぜひ開かれた議論を行っていただけませんか?」
 「傍聴者の締め出しをやめてください。なぜ密室で議論するのか?」
 政府は原発再稼働の前提条件として、地震や津波にどこまで耐えられるのかをコンピューター上で計算する「ストレステスト」を実施することを求めています。
 原子力安全・保安院は18日、専門家の意見を聞く会議を開き、福井県の関西電力・大飯原発3、4号機について、安全性が確保できることを確認したと評価しました。ストレステストの評価結果について保安院が判断を示すのは、これが初めてです。
 会合では、保安院が一般傍聴者に対し会場に入ることを認めず、別室でモニターを見るよう求めたため、反対派の市民らが強く反発、結局、委員は別の部屋に移り、一般の傍聴を締め出した形で、3時間半あまり遅れて始まりました。これに対し、2人の委員が「傍聴を認めないのはおかしい」と会議の運営方法に抗議して欠席しました。
 「密室の中でやるような議論には参加しません」(芝浦工業大学 非常勤講師 後藤政志委員)
 原子力安全・保安院では、18日の会議で出た専門家の意見を踏まえた上で、さらに審査し、来月以降、最終的な結論を出すことにしています。(19日00:21)

---------------------------
120118 発電用原子炉施設の安全性に関する総合評価(ストレステスト)に係る意見聴取会 (会場移動前)
http://www.ustream.tv/recorded/19840037
120118 発電用原子炉施設の安全性に関する総合評価(ストレステスト)に係る意見聴取会 (会場移動後開始)
http://www.ustream.tv/recorded/19841873

-----------------------------------------------------
「乱入した」と言われた人が警察を呼ぶべきである
武田邦彦ブログ
http://takedanet.com/2012/01/post_ab60.html
 緊急性が高いので録音にしました(最初の録音で音が飛んでいたのでやりかえました)。大飯原発の再開問題で保安院の会議が混乱しましたが、この状態でストレステストとか、運転再開を議論すること自体が「安全第一」を無視するものと思います。
 日本でもっとも安全が大切な原発が、「安全第一」という概念がまだできていないのには、本当にビックリします。
 保安院が「警察を呼ぶ」と言っていましたが、警察は「権力のもの」ではなく、「国民のもの」なのですから、「乱入」と言われた人が110番して、警察を呼び、原子力基本法を守るために保安院を排除するべきだったのです。警察は法律を守るために国民が持っている組織です。
(平成24年1月19日)

-----------------------------------------------------
【社説】東京新聞
原発テスト 疑問には答えていない
2012年1月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012012002000044.html
 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)再稼働への安全評価が妥当とされた。だが、その不透明な審査には、大いに疑問が残る。なぜ国民にもっと丁寧な説明が、できないのだろうか。
 安全評価(ストレステスト)は、福島第一原発の事故後に導入された。定期検査で停止した原発を対象に、再稼働を認めるかどうかを判定する一次評価と、全原発を対象に総合的な安全性を調べる二次評価の二段階に分けられる。
 一次では地震や津波の衝撃に、原発がどれだけ余裕をもって耐え得るかを審査する。欧州連合(EU)のテストと違い、飛行機事故やテロは考慮しない。二段階評価といいながら、再稼働は一次で決める理解しづらいやり方だ。
 どんな地震や津波にどれだけ耐えうるか、肝心の報告書は、コンピューターによる解析に基づいて電力会社が用意する。試験の問題を受験者自身が作成し、自己採点して合否を決めるようなもの。条件の数値を変えれば結果も容易に変えられる。地震の想定などが甘すぎるとの指摘も多い。
 報告書を審査する経済産業省原子力安全・保安院は、福島第一原発事故を通じて、チェック機能の弱さをさらけ出し、間もなく原子力安全庁に吸収される機関である。独自の審査基準を示し、評価を下したわけでもない。第一、福島第一原発の事故原因が究明されない段階で、原発の安全性を正しく評価できるわけがない。
 原子力行政全般につきまとう密室性も変わっていない。保安院は、重要な節目になる専門家会合の傍聴を一般には認めなかった。原発に対する疑問や不安に全く答えようともせずに、結果をただ受け入れろ、と言われても、多くの国民が納得できるだろうか。
 現在、稼働中の原発五基も、四月にはすべて定期検査に入る。この期に及んで保安院は、国民の安全よりも電力会社の負担増に配慮して、再稼働の実績づくりを急いでいるようにしか思えない。
 再稼働の是非は、最終的には地元自治体の了承を経て、首相らが政治的に判断する。
 福井県の西川一誠知事は「再稼働の判断材料には不十分」と話している。大方の住民、近隣県も同じ意見に違いない。
 四月に発足する原子力安全庁が、福島第一原発事故の原因を踏まえて明確な審査基準を示し、科学的な根拠と論証に堪えうる検証を積み直すべきである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック