首都直下型地震M7級 4年以内に確率70%

首都直下型地震、M7級「4年以内70%」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4934119.html
画像 「マグニチュード7クラスの首都直下地震が、今後4年以内に70パーセントの確率で起きる可能性がある」という試算を、東京大学地震研究所の研究チームがまとめました。
 気象庁のデータによりますと、東日本大震災をきっかけに、首都圏ではマグニチュード6以下の地震の発生回数は、震災前のおよそ5倍から6倍に増えています。
 これを受け、東大地震研究所の平田直教授らの研究チームが、現在の状態が今後も続くという想定のうえ地震の発生確率を試算したところ、「今後、4年以内に70パーセントの確率でマグニチュード7クラスの首都直下地震が起きる」という結果が出たということです。政府は30年以内に想定している首都直下地震の発生確率を70パーセントとしていますが、これよりも差し迫っていることになります。
 今回の試算について平田教授は、「東日本大震災はマグニチュード9クラスが起きたので、影響が長く続く。震災以降、日本列島は、大きな地震が起きやすい状態になっていることを意識し、備えるべきだ」と話しています。(23日11:23)

-----------------------------------------------------
首都直下、4年以内発生70%も 地震で東京大試算
2012年1月23日 11時26分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012012301001421.html
 首都直下地震など、マグニチュード(M)7クラスが懸念されている南関東での地震について、今後4年以内に発生する確率が約70%に達する可能性があるとの試算を、東京大地震研究所のチームが23日までにまとめた。
 政府の地震調査研究推進本部はM7クラスの南関東での地震について、過去の地震の発生間隔などから、今後30年以内の発生確率は70%程度としている。研究チームの平田直・東大地震研教授は「発生確率はそもそも非常に高かったが、東日本大震災でより高まった可能性がある」としている。
(共同)

-----------------------------------------------------
M7級首都直下地震、4年内70%…東大地震研
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120122-OYT1T00800.htm
 マグニチュード(M)7級の首都直下地震が今後4年以内に約70%の確率で発生するという試算を、東京大学地震研究所の研究チームがまとめた。
 東日本大震災によって首都圏で地震活動が活発になっている状況を踏まえて算出した。首都直下を含む南関東の地震の発生確率を「30年以内に70%程度」としている政府の地震調査研究推進本部の評価に比べ、切迫性の高い予測だ。
 昨年3月11日の東日本大震災をきっかけに、首都圏では地震活動が活発化。気象庁の観測によると12月までにM3~6の地震が平均で1日当たり1・48回発生しており、震災前の約5倍に上っている。
 同研究所の平田直なおし教授らは、この地震活動に着目。マグニチュードが1上がるごとに、地震の発生頻度が10分の1になるという地震学の経験則を活用し、今後起こりうるM7の発生確率を計算した。
(2012年1月23日03時04分 読売新聞)

-----------------------------------------------------
震災前にゆっくり断層運動…東大地震研が解析
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866918/news/20120122-OYT1T00020.htm
 東日本大震災の1か月前に震源周辺で、プレート(板状の岩盤)の境界がゆっくり滑る断層運動が起きていたことを東京大地震研究所の研究チームが突き止めた。
 東海・東南海・南海地震の想定震源域の近くでも類似の運動が起きることがあり、地震発生予測につながると期待される。20日の米科学誌サイエンスに掲載された。
 同研究所の加藤愛太郎助教(地震学)らは、大震災前の1か月前から中小の地震が多数起きていたことに着目。気象庁などによるこの間の観測記録を使い、大震災の震源周辺でのプレートの動きを分析した。
 その結果、昨年2月中旬から下旬にかけてと、宮城県沖でマグニチュード(M)7・3の地震が起きた3月9日から大震災発生までの間の2度にわたり、プレート境界が滑っていた。滑る速度は、どちらの期間も1日1~15センチで、通常の地震の70万分の1程度だった。滑る領域は、大震災の震源の約40キロ北から震源に向かって広がってきていた。
(2012年1月23日09時12分 読売新聞)

------------------------
三浦半島活断層群、地震発生確率が高まる
http://kurie.at.webry.info/201107/article_21.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック