水元公園で都内で初の除染作業

高線量検出の公園、都内初の除染
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5076403.html
画像 東京・葛飾区の都立水元公園で空間の放射線量が局地的に高い、いわゆる「ホットスポット」が見つかった問題で、東京都は9日、公園の除染作業を行いました。
 東京都によりますと、除染前、空間の放射線量は周辺より1時間あたり1マイクロシーベルト以上高い状況でしたが、除染後は周辺とほとんど変わらない数値まで下がったということです。
 都は引き続き問題の箇所の放射線量を調べ、今後の経過を観察していく方針です。(09日18:40)

-----------------------------------------------------
都内で初の除染作業、放射線量高い水元公園で
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120709-OYT1T00827.htm

国の除染基準を上回る空間放射線量が検出された都立水元公園で行われた除染作業(9日午後、東京都葛飾区で)=小林武仁撮影
 東京都は9日、葛飾区の都立水元公園で周辺より高い放射性セシウムが検出されたことを受け、都内で初めて除染作業を行った。
 国は地上1メートルの空間放射線量が、周辺より毎時1マイクロ・シーベルト以上高い場所を除染対象にしている。同公園の周辺は0・16マイクロ・シーベルトのため除染の基準は1・16マイクロ・シーベルトになるが、6月末の都の調査では最高1・22マイクロ・シーベルトを記録した。この日の作業では、作業員約10人がスコップで2か所の計15平方メートルを深さ5センチまで掘り、土や落ち葉を土のうに詰めた。
 都建設局は「除染した場所は引き続き立ち入り禁止にし、しばらく放射線量の変化を見る」としている。
(2012年7月9日18時53分 読売新聞)

-----------------------------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック