大飯原発周辺の3断層連動の可能性

大飯周辺、3断層連動の可能性 東洋大の渡辺教授指摘
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012111501001907.html
2012年11月15日 20時47分
画像 関西電力大飯原発=福井県おおい町で共同通信社ヘリから
写真
 関西電力大飯原発(福井県)の近くにある三つの活断層がほぼつながっており、連動する可能性があるとの調査結果を東洋大の渡辺満久教授(変動地形学)らが15日までにまとめた。原発周辺の地形はこれらの断層の活動で隆起したとみられ、原発敷地内の断層も同時に動いた疑いがあるという。
 京都府宇治市で17日に開かれる日本活断層学会で発表する。
 つながっている可能性があるのは、大飯原発北西沖の海域にある2断層と、東側陸域の「熊川断層」。海の2断層は連動するが、旧原子力安全・保安院は関電による調査結果を根拠に、熊川断層とは「連動しない」と評価している。
(共同)

---------------------
大飯原発調査「直下の活断層」見方強まる
http://kurie.at.webry.info/201211/article_1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック