立川断層“活断層”実はコンクリート!東大地震研

“活断層”実はコンクリート!東大地震研が謝罪
テレビ朝日系(ANN) 3月28日(木)12時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130328-00000020-ann-soci
 東京大学地震研究所が先月に行った立川断層帯の調査で、新たに活断層によるものと発表したものが人工物だったと訂正・謝罪しました。問題の部分は白い柱上のもので、地震研究所は当初、「横ずれ」の断層の可能性があると説明。しかし、28日にコンクリート製の柱だったと明らかにしました。
 東京と埼玉にまたがる立川断層帯は、マグニチュード7.4程度の地震を起こす可能性が指摘されています。先月、東京大学の研究チームが、これまで見られなかった横ずれの断層が見つかったと発表していました。しかし、一般公開後に、「これは何かの工事をした跡なのでは」という指摘があったことなどを受け、研究チームがさらに深く掘削調査を行ったところ、コンクリートの柱だったことが分かりました。
 東京大学地震研究所・佐藤比呂志教授:「住民の皆様をはじめ、社会的にも情報に関して混乱を与えてしまったことをおわび申し上げます」
 掘削場所は自動車工場の跡地だったということで、研究チームは今後、周囲の調査をさらに進めるとしています。
最終更新:3月28日(木)12時5分

-----------------------------------------------------
断層…実は人工物 立川断層帯調査で誤認 東大など
朝日新聞デジタル 3月28日(木)9時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000011-asahi-sci
報道陣に公開された立川断層帯の調査のために掘られた巨大なトレンチ=2月6日、東京都武蔵村山市、越田省吾撮影
 震度7の首都圏直下型地震を引き起こすおそれがあるとして、文部科学省の研究プロジェクトとして進められている立川断層帯の調査について、東京大などの調査チームは28日、地層に残っていた人工物を断層の痕跡と誤認したと発表した。
【写真】立川断層帯の調査のために掘られた巨大なトレンチ=2月6日、東京都武蔵村山市、越田省吾撮影
 立川断層帯は東京都から埼玉県にかけての長さ33キロの断層帯。マグニチュード7・4程度の地震を起こし、都の試算では最悪2582人の死者、8万5千棟以上の建物に被害が出ると予測。東大などが3年間かけて調査している。
 調査は東京都武蔵村山市の工場跡地に長さ約250メートル、幅約30メートル、深さ10メートルの巨大な穴(トレンチ)を掘ってなされ、一般に公開された。調査チームは、断層が作った崖の直下に粘土の塊が縦に並び「断層がずれた痕跡」と判断。痕跡が想定と異なっており、地震の揺れの予測に影響する可能性があると説明していた。
朝日新聞社
最終更新:3月28日(木)11時35分

-----------------------------------------------------
「立川断層帯 地震の痕跡は誤り」と訂正
3月28日 10時4分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130328/t10013501921000.html
画像 東京大学などの研究グループは、先月、東京と埼玉県にまたがる「立川断層帯」で、断層がずれ動いた痕跡を新たに見つけたと発表していましたが、その後の調査の結果、地震の痕跡ではないことが分かったと訂正しました。以前行われた工事の跡などを見誤った可能性があるとしています。
これは、東京大学地震研究所の佐藤比呂志教授が記者会見をして明らかにしました。
東京と埼玉県にまたがる立川断層帯は、国が地震が起きた場合、マグニチュードは7.4、死者は6300人に上ると想定している活断層で、地震調査委員会は、おととしの巨大地震で、これまでより地震の危険性が高くなっているおそれがあるとしています。
研究グループは、断層帯の構造などを調べるため、去年10月から先月にかけて、立川市などで長さ250メートル、深さ10メートルにわたる大規模な掘削調査を行い、先月6日、断層がずれ動いた痕跡を新たに見つけたと発表していました。
しかし、その後、さらに深く掘って調査した結果、地層のずれとみられていた部分が途切れていたほか、その部分にセメントなどが含まれていることが明らかになり、研究グループは、地震の痕跡ではないことが分かったと訂正しました。以前行われた工事の跡などを見誤った可能性があるとしています。
会見で佐藤教授は「住民の方などに混乱を与えてしまったことをおわびします」と陳謝したうえで、「立川断層帯については引き続き調査を続け、地下の構造を明らかにしたい」と述べました。
研究グループは、平成26年度を目標に、地下の断層の構造や地震が起きた場合の揺れの伝わり方などを調査することにしています。

--------------------------
立川断層帯 詳細な調査実施へ/直下型地震 首都圏
http://kurie.at.webry.info/201201/article_19.html
「立川断層」横ずれ断層か 掘削調査
http://kurie.at.webry.info/201302/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック