渡良瀬遊水地 3年ぶりヨシ焼き

3年ぶりヨシ焼き 強風で炎広がり、物置焼く 渡良瀬遊水地
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013031802000116.html
2013年3月18日 朝刊
画像 3年ぶりに再開されたヨシ焼き。強風で予定以上の面積を焼き、民家の物置も全焼した=17日午前、栃木県小山市の渡良瀬遊水地で(川柳晶寛撮影)
 栃木、茨城、群馬、埼玉の四県にまたがる渡良瀬遊水地で十七日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響で二年続けて中止になったヨシ焼きが三年ぶりに行われた。 周辺住民の中には、灰と一緒に放射性物質が拡散することを懸念する声があった。灰の拡散を防ぐため、これまで焼いていた面積の四割に当たる六百ヘクタールを燃やす予定だったが、強風で炎が広がり約九割が焼けた。周辺住民にとっては、新たな不安が広がる事態となった。
 ヨシ焼きは樹林化防止や害虫駆除など遊水地の環境を保全するため、毎年この時期に実施してきたが、二〇一一年は震災後の混乱で中止。昨年は放射性物質の拡散を心配する住民の求めで中止になった。
 植物の生育に悪影響が出ており、自然保護団体などが再開を要望。国土交通省利根川上流河川事務所や周辺自治体でつくる協議会が、埼玉大大学院教授に調査を依頼し、「安全性に問題はない」との結果を受け再開した。
 主催者によると、この日は風の影響で火が予定以上に広がり、遊水地に隣接する民家の物置が全焼した。見物客は一万三千九百人(主催者発表)だった。
◆「放射性物質どうなる」 想定以上に燃焼も
 周辺住民に反対や不安がある中で、三年ぶりに実施された渡良瀬遊水地のヨシ焼き。事前に安全性を調査したり、面積も縮小したりして慎重に臨んだはずだったが、強風で予定面積の倍以上が燃えた。遊水地の外にあった物置まで全焼し、住民に新たな不安を与える結果になった。
 これまでヨシ焼きは、遊水地の利用者でつくる渡良瀬遊水地利用組合連合会が行ってきたが、今回は周辺自治体や消防機関も参加する渡良瀬遊水地ヨシ焼き連絡会が主催した。公的機関も加わって万全を期すためだった。
 連絡会によると、悪天候の場合は延期するはずだったが、その判断をする午前六時の時点で風が弱かったため実施を決定。その後、風が強くなったという。連絡会は物置の所有者に謝罪した。
 自然保護団体と共にヨシ焼き再開の要望書を提出した、地元の治水団体の米田弘会長(77)は、栃木県小山市の自宅近くの堤防からヨシ焼きを見届けた。「感無量」といったんは喜んだという。
 だが、その後に火が大きく燃え広がった。米田さんは「あってはならないこと。再開を要望したわれわれとしては心苦しい」と心境を吐露した。
 防火帯が役立たなかった点について「今後の課題。大きな問題になるだろう」と話した。
 昨年に続き、今年も関係機関にヨシ焼き中止を求めた小山市の放射線技師(30)は「原発事故後、最も規模が大きい野焼きだったのではないか。上昇気流で拡散された放射性物質の総量を考えると怖い」と指摘した。
 仲間の中には、この日、東京都や埼玉県に避難した人や、家の窓を閉め切って子どもを外に出さないようにした人もいたという。「ヨシ焼きの安全性は信用できない」と強調した。
 「周辺自治体が観測している空間放射線量の変化を確認し、数値が上がっていれば、来年は中止するよう自治体などに電話したい」と話した。 (稲垣太郎)

-----------------------------------------------------
ヨシ焼き:3年ぶり 渡良瀬遊水地
毎日新聞 2013年03月18日 東京朝刊
 栃木、群馬、茨城、埼玉の4県にまたがる渡良瀬遊水地で17日、害虫駆除などを目的とした「ヨシ焼き」が3年ぶりに行われた。福島第1原発の事故後、放射性物質の飛散を心配する声があり中止されていたが、専門家らでつくる協議会が「安全性に問題なし」との見解を示し再開が決まった。
 放射性物質飛散を最小限に抑えるため、2回に分けて計1200ヘクタールを焼いた。約1万4000人が見物した。空間放射線量などの結果は後日、国土交通省利根川上流河川事務所から発表される。【猪飼健史】

-----------------------------------------------------
渡良瀬遊水地で春告げるヨシ焼き 震災で中止、3年ぶり
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201303170073.html
 栃木、埼玉など4県にまたがる渡良瀬遊水地で、春を告げるヨシ焼きが17日にあった。東日本大震災の影響で中止され、3年ぶりの実施。放射性物質を含む灰の飛散を心配する住民に配慮し、焼く面積を例年の約4割にとどめた。
 遊水地は、山手線の内側の南半分とほぼ同じ3300ヘクタールで、その半分弱が本州最大級のヨシ原。ヨシ焼きは、良質なヨシを育て、害虫を駆除するため昭和30年代に始まった。昨夏にラムサール条約湿地に登録され、希少植物の生態系維持も目的の一つに加わった。
 この日朝、ヨシズ農家ら約770人が火入れすると、乾燥したヨシはぱちぱちと音を立てて火柱を上げ、煙で空が真っ黒に。約1万4千人が見入った。

-----------------------------------------------------
3年ぶりヨシ焼き 渡良瀬遊水地 
2013.3.17 15:45
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130317/tcg13031715480005-n1.htm
渡良瀬遊水地のヨシ焼き。堤防の上では大勢の人がカメラを構えた。煙が空を覆い、太陽はオレンジ色の点に =栃木県栃木市の渡良瀬運動公園
 栃木、埼玉、茨城、群馬の各県にまたがる渡良瀬遊水地で17日、3年ぶりにヨシ焼きが再開された。害虫の駆除やヨシの生育を促すために毎年行われてきた春の風物詩だが、福島第1原発事故後2年間中止されていた。
 今回は約1500ヘクタールのヨシ原の約40%で実施。午前8時半ごろ、ところどころで煙が上がり始め、パチパチと音がして、火は徐々に勢いを増していった。黒い煙が空全体を覆うと、太陽はオレンジ色の点に。周辺の堤防にはカメラを構えた人がずらりと並び、盛んにシャッターを切った。
 栃木県佐野市の運転手、船田昭夫さん(66)は「火の迫力と煙の上り方が印象的。いい写真が撮れた」と話した。
 ヨシ焼きを主催したのは4県6市町長で構成する連絡会。栃木県栃木市藤岡総合支所都市建設課は「湿地の希少植物や遊水地の洪水調整機能を保全するためにもヨシ焼きは必要と判断された」としている。
 昨年は、飛散する灰に含まれる放射性物質の影響などが不明確として見送られたが、今回は専門家の調査などから「安全性に問題はない」として再開することになったという。また、国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所が遊水地内26カ所で地表などの放射線量を測定した。


-----------------------------------------------------
良瀬遊水地ヨシ焼き再開検討協議会からのお知らせ
http://www.ktr.mlit.go.jp/tonejo/oshirase/new/new130201/130215shirashi.pdf

渡良瀬遊水地ヨシ焼き再開検討協議会資料
http://www.ktr.mlit.go.jp/tonejo/oshirase/new/new130201/130201_shiryou.pdf

-----------------------------------------------------
原発短信 渡良瀬遊水池の葦(環境とは何か?)
http://takedanet.com/2013/03/post_8675.html
 渡良瀬遊水池はラムサール条約に登録されている湿地で「環境保護」が行われています。そのため毎年「葦焼き」が行われますが、福島原発事故のために葦が放射性物質で汚染されています。その葦を焼却するという事になっています。埼玉大学の二人の教授が「専門家」として登場しています。
 データは、下に測定値を示しましたが、葦の放射性セシウム濃度が1キログラムあたり平均139ベクレル、最高で259ベクレルです。法令では1キロ100ベクレル以上のものは「放射性物質」として勝手に扱うことはできず、もし扱えば「懲役刑」になります。
 これは1キロ100ベクレルを超えるものを扱った事例が多いので、罰則を強化したときの文科省の説明文です。「深刻な不法行為への対応」ということで、罰則が引き上げられています。
 原子力もしくは放射線の専門家なら誰でも知っていますし、もともとこのような厳しい規制が行われるのは、「放射線の被曝が危険だから」に他なりません。もし危険でも無いのにこのような懲役刑や罰金を国民に科していたとするなら、法令を作った方が厳しく罰せられなければなりません。
 ところが、二人の専門家は、自然放射線による被曝が1年2.4ミリシーベルト(間違い)という理由を挙げて「安全」としています。もともと法律で決まっている数字がありながら、自分勝手に安全領域を決めることはできませんし、2.4ミリというのは世界の平均で、日本は1.5ミリです。
 さらに、これも専門かなら当然、知っている事ですが、「被曝は足し算」ですから、この図に示したように、自然放射線の量がいくつであっても、新しく被曝する量とは何の関係もありません。
 もしこの理屈を使うと、常に1年1.5ミリ以下の被曝はOKとなり、1年に何ミリでも大丈夫という奇妙な結論になります。渡良瀬遊水池の近くに住んでいる人が、1)福島原発からの被曝1ミリ、2)食品からの被曝1ミリ、3)土埃で1ミリ、4)運動場の運動で吸い込むのが1ミリ、5)水道水から1ミリ・・・の場合、すべてを足すと天井知らずになります。
 そのことも一切触れていません。また1キロ100ベクレルというのは、セシウムだけではなく、ストロンチウムなども測定しなければなりません。当然、福島原発から半減期が30年のストロンチウムもでているわけです。また葦の生物学的な吸収もありますから、空間と同じ比率ではありません。
 ところで、これについて担当している協議会は、このような声明文を出していますが、ここに書かれていることは「ヨシの生育が不良になっていて、希少動物も元気が無いので、法令に違反して日本人に被曝させる」ということですから、なにが「環境」なのでしょうか?
 私はこのところ1日に1回、ブログをだすことにしていましたが、こんなに酷いことが平然と行われていることを見過ごすことはできません。放射線と健康の関係がどのようなものかということとは別に、「専門家が関係法令に触れない」という倫理違反と、「環境保護」の名の下に法令に違反した被曝をさせるという国家に住んでいることに深く恥じます。
(平成25年3月18日)
(注)アシ(葦)とヨシは同じ植物ですが、アシは「悪し」につながるとして、ヨシ(良し)という場合もあります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック