生レバー規制効果でO157感染患者4分の1に激減

生レバー規制効果、患者激減 O157感染、4分の1に
朝日新聞デジタル 3月21日(木)16時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000030-asahi-soci
 【阿部彰芳】牛の生肉や生レバーを原因とする腸管出血性大腸菌O(オー)157について、厚生労働省が生レバーなどの提供を規制した前後で、感染した患者が4分の1に減っていたことが国立感染症研究所の調査で分かった。発症が多かった子どもや若者で大幅に減っており、規制の効果が表れたとみられるという。
 規制前の2007~10年と、生肉は表面を加熱後に切り取るよう求めた11年、生レバーの提供自体を禁止した12年を比較した。診断した医師が原因に生肉か生レバーを挙げていた事例について、集団発生を除いて分析すると、07~10年は200人前後だったのに対し、11年は100人、12年は55人だった。
 10年から12年の変化を年齢別にみると、10歳未満は55人が5人に、10代は40人が9人に、20代は55人が20人に減少。以前から報告数が少なかった中高年に比べて減り方が大きかった。
朝日新聞社

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック