原発事故で鳥類や昆虫に異常も 日米研究者ら指摘

原発事故で鳥類や昆虫に異常も 日米研究者ら指摘
2013年7月9日 11時04分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013070901001266.html
画像 8日、米シカゴで開かれた国際分子生物進化学会で、鳥類に異常が起きている可能性を報告する米サウスカロライナ大のティモシー・ムソー教授(共同)
 【シカゴ共同】東京電力福島第1原発事故に伴って放出された放射性物質が、生物に及ぼす影響について考える国際分子生物進化学会のシンポジウムが8日、米シカゴで開かれた。日米の研究者らが、ツバメなどの鳥類やチョウなどの昆虫に異常が起きている可能性があると指摘し、さらに詳しい調査の必要性を訴えた。
 米サウスカロライナ大のティモシー・ムソー教授は、1986年のチェルノブイリ原発事故後に、ツバメなどの羽毛の一部が白くなるほか、体に腫瘍ができるなどの異常が起きたと報告。

----------------------------------------------------------
福島の蝶に見られる重度の異常/ヤマトシジミ
http://kurie.at.webry.info/201304/article_1.html
福島県大熊町のツバメの巣から140万ベクレルの放射性セシウム
http://kurie.at.webry.info/201203/article_10.html
低線量被曝の動物への影響
http://kurie.at.webry.info/201202/article_2.html
低線量セシウム慢性被曝による中枢神経系障害/内部被曝 海馬 神経炎症
http://kurie.at.webry.info/201109/article_10.html
セシウム137慢性被曝ラットの睡眠覚醒サイクルへの影響
http://kurie.at.webry.info/201108/article_18.html
慢性的低線量セシウム放射線被曝による子どもの呼吸機能障害
http://kurie.at.webry.info/201107/article_16.html
低レベル放射能がもたらす健康被害は?/福島原発
http://kurie.at.webry.info/201104/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック