遺伝子組み換え効かぬ害虫、予想より早く出現 米で被害

遺伝子組み換え効かぬ害虫、予想より早く出現 米で被害
http://www.asahi.com/tech_science/update/0731/TKY201307310036.html
2013年7月31日11時37分
 【行方史郎】コーンベルトと呼ばれる米中西部のトウモロコシ生産地帯で、遺伝子組み換え(GM)トウモロコシに耐性を持つ害虫の被害が広まっている。一角をなすイリノイ州の現場を訪ねると、予想を超える早い出現に殺虫剤の使用が増えていた。GM作物の新たな課題が浮かび上がる。
■米コーンベルト、殺虫剤使用増える
 7月中旬、米イリノイ大のマイケル・グレー教授(農業昆虫学)を訪ねると、農場から引き抜いてまもないGMトウモロコシを見せられた。根が黒くなって切れている。根を食べるハムシの幼虫(ネキリムシ)の仕業で、収穫する秋までに倒れてしまうという。健全な根との違いは一目瞭然だ。

----------------------
Growing Doubt
http://www.youtube.com/watch?v=CNxhw2jiDtA

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック