スペインでエボラ「危機委員会」設置

スペインでエボラ「危機委員会」設置 スペイン首相はヨーロッパ初のエボラ患者の影響に対処するための特別委員会を設置した。 スペインの44歳の看護師が西アフリカの患者のケアにより出血熱にかかり重体となったためである。 西アフリカでの死者は3860人以上となり、200人以上の医療従事者が死亡している。 エボラに感染しないために--…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more