高高度偵察機の搭乗員に高率に脳白質病変

高高度偵察機の搭乗員に高率に脳病変  他の軍人に比べて3倍の高率で4倍の病変の大きさでみられる。200人より少ない空軍のエリートパイロットの脳スキャンで判明した。脳外傷でみられるのと同様な白質高信号は血流減少により引きおこされる病変と考えられる。  偵察機は定期的に高度64,000フィートで飛行し、キャビン内は28,000~30,0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵子凍結保存、健康な独身女性にも 生殖医学会が指針案

卵子凍結保存、健康な独身女性にも 生殖医学会が指針案 2013年8月23日 http://apital.asahi.com/article/news/2013082300008.html  将来の体外受精に備え、未受精の卵子を凍結保存する生殖医療の技術について、日本生殖医学会は23日、健康な独身女性にも認める、とする指針案をまとめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がん悪性、悪性疑い43人~福島県民健康管理調査

甲状腺がん悪性、悪性疑い43人~福島県民健康管理調査 08/20/2013 - 13:29 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1630  東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」検討委員会が20日、福島市で開かれ、甲状腺検査の結果、悪性または悪性疑いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ココアが記憶力低下を防ぐ

ココアが記憶力低下を防ぐ  認知症のない高齢者が毎日2杯のココアを飲むと脳血流が改善し、記憶テストの結果が改善したという。  ココアにはフラバノールが豊富に含まれ、血管の健康に重要な役割を果たす。  代表的なフラバノール類としてカテキンがあり、茶やココア、チョコレートに豊富に含まれる。 -------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVウイルスが咽頭癌の3分の1に関連

HPVウイルスが咽頭癌の3分の1に関連  HPVには100以上の種類があるが、16と18の2つが癌を引きおこす可能性が高い。HPV-16は子宮頚癌の薬60%、肛門の癌の80%、口腔癌の60%の原因であるとされる。  英国では毎年約1,500人が咽頭癌と診断され、470人近くが死亡している。 ------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳製品の細菌汚染/ニュージーランド フォンテラ社

 世界最大の乳製品輸出企業であるニュージーランドのフォンテラの製品にボツリヌス中毒を起こす可能性のある細菌に汚染されていた問題で、製品のリコールが拡大している。  フォンテラ社は中国の乳児用粉ミルクの主要な供給元である。 ------------------------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療用マリファナ許可 イリノイ州知事が署名

医療用マリファナ許可 イリノイ州知事が署名  カリフォルニアに続き、人口2位の州で薬物として使用認める法律にパットクイン知事が署名した。癌、パーキンソン病、ループスなど35の病態と診断された患者が使用できる。医師の書面による認証、登録された患者の写真付きの身分証明カードや電子認証システムが必要になる。  十九他の州に加え、コロンビア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC

HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC  子宮頚癌などを予防する13歳から17歳の女子に対するHPVワクチンの少なくとも1回の接種率は50%をわずかに上回った程度で、目標の80%にはほど遠い。  米国では毎年HPVにより26,000人の癌が発生し、毎年新たに1400万人が感染していると推計されている。  疾病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国での髄膜炎Bワクチン不採用/英国医療事情 NHS

英国での髄膜炎Bワクチン不採用  致死性の髄膜炎を防護するための唯一のワクチンは英国では導入すべきでないとされた。英国では年間1,870人が罹患し、10%が死亡している。予防接種委員会によれば、ワクチンBexseroは費用対効果がなく、NHSはまだ採用すべきでないとしている。  5歳未満の子どもが髄膜炎Bにより脳や脊髄の感染の危険が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチンに咽頭癌予防効果

HPVワクチンに咽頭癌予防効果  咽頭癌は過去30年間で急増している。1980年代に性感染症ウイルスによるものは16%だったが、現在は咽頭癌の70%を占める。  子宮頚癌を予防するHPVウイルスのワクチンは、咽頭癌の予防に役立ち、男性にも有効の可能性がある。  コスタリカの18~25才の女性5840人についての研究で、ワクチン接種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故で鳥類や昆虫に異常も 日米研究者ら指摘

原発事故で鳥類や昆虫に異常も 日米研究者ら指摘 2013年7月9日 11時04分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013070901001266.html  8日、米シカゴで開かれた国際分子生物進化学会で、鳥類に異常が起きている可能性を報告する米サウスカロライナ大のティモシー・ムソー教授(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射性物質汚染 草木、市外埋め立て/千葉 我孫子市

放射性物質汚染 草木、市外埋め立て/千葉 我孫子市 http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20130626/CK2013062602000137.html 2013年6月26日  我孫子市の星野順一郎市長は二十五日、放射性セシウムを含む草木の保管が限界に近づいたとして、市外の民間最終処分場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠初期の抗うつ剤SSRI服用で胎児の心疾患リスクが2倍に

妊娠初期の抗うつ剤SSRI服用で胎児の心疾患リスクが2倍に  こうした薬剤は妊娠可能年齢の女性の最大で6人に1人近くが服用している。  現在の治療ガイドラインでは、妊娠初期のパロキセチンのみに警告が出されている。抗うつ薬SSRIは全体として心臓異常に関連しているとして書き換えが必要となるだろう。  重度のうつ病以外は不必要なリスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性の食道ガンの「静かな流行」/英国医療事情

男性の食道ガンの「静かな流行」/英国医療事情  英国の男性の間で食道癌が静かな流行を迎えている。英国で9番目に多いガンで、10年以上の生存率は約1割で診断治療の最も困難なガンの一つである。2010年に英国の男性5,600人(10万人あたり15人)、女性では2,800人(10万人あたり5人)が発病した。  食道癌には2種類あり、喫煙・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチン導入で十代の感染率が低下/米国医療事情

HPVワクチン導入で10代の感染率が低下  2006年のワクチン導入により、子宮頚癌の主要な原因であり性感染症であるヒトパピローマウイルスの危険なタイプの十代の女子の有病率が約半分まで低下している。  感染率の急激な低下の一方で、使用制限への危惧が出現している。いくつかの徴候がみられ、その一つはワクチンが性感染症を防ぐことから、子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グアンタナモの独立した医療をオバマ大統領に提言/ランセット 公開書簡

グアンタナモの独立した医療をオバマ大統領に提言/ランセット 公開書簡  150人以上の医師や医療専門家がオバマ大統領への書簡に署名した。少なくとも100人の囚人が食事拒否により無期限拘留に抗議している。以前に出された13人の拘留者による書簡によれば軍医を信用することは不可能だとしている。  ランセットで公開された書簡では、軍司令官の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮頸がんワクチン積極勧奨せず 厚労省

子宮頸がんワクチン積極勧奨せず 厚労省、呼び掛け中止へ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013061401002431.html 2013年6月14日 21時26分  子宮頸がんワクチン接種の積極的勧奨を一時的に控えるべきだとの意見をまとめ、記者会見する厚労省専門部会の桃井真里子座長=14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多発性硬化症の免疫訓練療法

 多発性硬化症患者で、自身の神経系を攻撃することを止めさせるための実験的治療の試験が安全に行われたという。  神経細胞の周りのミエリン製の鞘がMSでは破壊される。この疾患では、ミエリンがウイルスのような異物であると体の免疫システムが考えてしまうことで発症する。  9人の患者を使って、ミエリンへの攻撃を停止するように免疫系を訓練しよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

致死性豚ウイルスの感染拡大/米国

致死性豚ウイルスの感染拡大/米国  北米でかつてない致命的な豚ウイルス感染が急増し拡大しており、食料安全防護に疑問が投げられている。  豚流行性下痢ウイルス(PEDV)は、ヒトなど他の動物に危険はなく、感染した豚の肉を人が食べても安全ですあるという。  現在米国の5州で広がっているが、どのように米国にやってきたかは不明である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more