テーマ:病気

健康に良いコーヒーの飲み方/ギリシャコーヒー

健康に良いコーヒーの飲み方  カフェインは強力な脳刺激作用があるので、エスプレッソや飲み過ぎの場合は、不眠やイライラ、頭痛、多尿などの健康への影響がおこる。  しかし、ギリシャのイカリア島の高齢者のコーヒー消費量は心臓病の1つの危険因子の減少に関連していたという。  ギリシャコーヒーにはカフェイン含量が高く、抗炎症性有機化合物も多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPV ワクチン、「医学的視点から安全」/ 日本産婦人科医会

HPV ワクチン、「医学的視点から安全」- 日本産婦人科医会が声明 www.cabrain.net/news/article/newsId/39653.html 2013年04月17日 14:07  日本産婦人科医会は、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)に関する声明を改めて発表した。同ワクチンの副作用に焦点を当てた報道が相次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国に輸入された米の鉛汚染

米国に輸入された米に有害なレベルの鉛が含まれている  米国に輸入された市販米の分析で、安全とされる量よりはるかに高い鉛が含まれていた。FDAが設定した"暫定合計耐容摂取量"(PTTI)を超えていた。以前より米にはヒ素についての問題が指摘されていた。  鉛は多くの器官や中枢神経系に有害であり、子どもの発達障害リスクとなる。  米は灌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤身の肉の成分による心臓障害

赤身の肉に含まれるカルニチンの分解産物が心臓障害をもたらす。  赤身の肉に含まれる化学物質が多量のステーキやミンチ・ベーコンが心臓に悪い理由を説明するのに役立つ。  英国では赤身肉・加工肉は1日70g、ベーコンは2切れ以上を食べないよう推奨している。飽和脂肪や加工肉の保存料が心臓障害に影響すると考えられてきたが、それは一部に過ぎない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーのヘディングについての新たな悩み

サッカーのヘディングについての新たな悩み  2011年の脳スキャンによる研究で成人のサッカー選手の特定の部位で微妙な構造的な変化がみられた。  iPadを用いた高校女子サッカー選手の認知機能の測定研究によれば、応答時間が遅く、わずかではあるが有意な認知機能障害が示されたという。 ----------------------- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多発性硬化症の経口治療薬TecfideraをFDAが承認

多発性硬化症の経口治療薬TecfideraをFDAが承認  年間売上高30億ドルを突破すると予想されるバイオジェン・アイデックの多発性硬化症の経口治療薬をFDAが承認した。Nrf2として知られる体内の化学受容器を活性化し、神経細胞を損傷や炎症から保護する。  副作用として顔面紅潮、下痢や吐気があるが比較的良性である。2年後の再発率を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢の父親ほど孫が自閉症になるリスクが増大する

 国際的な研究により、高齢の父親ほど孫が自閉症になるリスクが増大するという。  これまでの研究により、高齢の父親は自閉症児を持つリスクが高いとされている。 "サイレント変異"と呼ばれ、他の遺伝子や環境要因が相互に働いて、子どもには影響しないが孫の世代に影響を及ぼす。  50才以上の時に生まれた娘が20~24才で子どもを産んだ場合、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生レバー規制効果でO157感染患者4分の1に激減

生レバー規制効果、患者激減 O157感染、4分の1に 朝日新聞デジタル 3月21日(木)16時39分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000030-asahi-soci  【阿部彰芳】牛の生肉や生レバーを原因とする腸管出血性大腸菌O(オー)157について、厚生労働省が生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国人の健康は多くの指標で劣っている/英国医療事情

英国人の健康は多くの指標で劣っている  1990-2010年の20年間の18カ国の健康データ比較研究がランセットに掲載された。 平均寿命は4年増加したが、心臓病や脳卒中などの予防可能な問題に取り組む必要がある。英国とワシントン大のチームによれば、喫煙関連の疾患が影響しているという。  近隣国と同じようにすれば年間3万人が救える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳幼児突然死症候群と母親の飲酒が関連

乳幼児突然死症候群と母親の飲酒が関連  乳幼児突然死の約1/6が、妊娠中や出産直後の母親の大量アルコール飲酒と関連しているとのオーストラリアからの報告。  米国疾病管理予防センター(CDC)は、1歳未満の原因不明の突然死を乳幼児突然死症候群(SIDS)と定義している。米国では毎年約4,500人がこのために死亡している。両親の喫煙との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザワクチンの効果が高齢者では乏しい/米国医療事情

インフルエンザワクチンの効果が高齢者では乏しい/米国医療事情  米国政府による今シーズンのインフルエンザワクチンの分析によれば、ワクチン接種者の56%に効果があったに過ぎず、高齢者の予防には失敗したという。  インフルエンザB型に対しては67%だが、Aに対しては47%の保護だった。インフルエンザA(H3N2)に対して、6ヶ月~64才…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低価格の上昇でアルコール関連死亡が減少

最低価格の上昇でアルコール関連死亡が減少  カナダで発表された研究では、最低保証料金の導入とアルコール関連死亡の大幅低下が関連しているという。しかし、飲料業界からは批判が出ている。  最小単価を導入するスコットランド政府の計画は、裁判所への訴えで保留になっている。  研究によれば、10%のアルコール価格の上昇がアルコール関連死亡者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どものてんかんが急減/英国医療事情

てんかんの子どもが急減/英国医療事情  英国でてんかんと診断される子どもが過去10年間で激減している。  欧州諸国や米国でも同様の減少が報告されているという。  英国では1994年~2008年の間に発症率が年間4~9%低下している。1994-1996年と比較して2003-2005年に生まれた子どものてんかんの数は33%少なかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長時間のテレビ視聴と精子数低下が関連

長時間のテレビ視聴と精子数低下が関連  週に20時間以上のテレビ視聴で精子数が低下し、逆に週15時間以上の運動で精子の質が改善すると、200人の大学生の調査で判明した。 ----------------------------------------------------- 5 February 2013 Last upda…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国退役軍人の自殺率が上昇し、65分ごとに1人死亡

米国退役軍人の自殺率が上昇し、65分ごとに1人死亡。  米国政府によるこれまでで最も大規模な研究によれば、以前考えられていたよりも多くの退役軍人が1日22人の割合で自殺している。以前の研究では1日18人とされていた。1999年~2010年の調査結果が金曜日に発表され、69%が50才以上であった。 ----------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの片頭痛にはプラセーボは薬剤と同等の効果

子どもの片頭痛にはプラセーボは薬剤と同等の効果  子どもや10代の若者に対しては薬物の入っていない偽薬がほとんどの頭痛薬と同じような効果を示す。  片頭痛の大人に使用する薬剤で子どもに対してプラセーボより良い効果をもたらすのはわずか2つのみであったがその場合でも効果は小さいものだった。  クリーブランドクリニックのデータでは、年少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ流行による保険会社の費用支出/米国医療事情

 米国でのインフルエンザ流行による保険会社の費用支出  米国の3大保険会社は、インフルエンザ流行により例年より少なくとも1億ドル以上の治療費支出となったという。  CDCによれば一部の地域は発症が低下しているが、多の地域が広がり続けているという。47州で流行しており、26州とニューヨークで多発している。  保険会社のコストは経済的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雷が片頭痛の引き金に

雷が片頭痛の引き金に  長い間、天候は片頭痛のトリガーと考えられてきたが、新たな研究で、雷との関連が示された。  米国オハイオ州とミズーリ州の気象データと頭痛の記録データから、雷が発生した日には35km以内の地域では重症の片頭痛が起こるリスクが28%高まったていたという。 ---------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫煙禁止後 小児喘息の入院が減少/英国医療事情

喫煙禁止後 小児喘息の入院が減少  英国で禁煙法が導入され、重度の喘息で入院する小児の数が急減した。屋内公共空間での喫煙を停止する法律が発効した後の研究では、初年度に12%減少した。  2007年7月の導入前は年間2%の増加であったが、導入後1年で12%減少し、その後の2年間は毎年3%減少した。入院数にして、3年間で約6,800人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療費が退職後の希望を打ち砕く/米国医療事情

医療費が退職後の希望を打ち砕く  退職後1年、コンセプシオン氏の腹痛で発症した腹部の腫瘍は悪性ではなかったが、膵・胆・腸・胃を部分切除し消化器系の大幅な再構築を余儀なくされた。医師の請求書は7日間の入院費用を含まないで25万ドルを超えていた。入院費用の70%は割引されることになったが、医師と手術費用がカバーされるかはわからない。妻は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米兵の自殺が戦死者を上回る 昨年過去最悪

米兵、自殺が戦死者上回る 昨年過去最悪に 2013年1月16日 10時52分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013011601000909.html  【ワシントン共同】15日付の米紙ワシントン・ポストは、昨年自殺した現役米兵が349人と過去最多を記録し、アフガニスタンでの昨年の戦死者(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不眠症治療薬マイスリーへの警告/米国医療事情 FDA

不眠症治療薬マイスリーへの警告 FDA  よく使用されている不眠症治療薬マイスリーを服用すると翌朝の運転や覚醒度の支障となる可能性があるので就寝時の服用量を減らすようにとの勧告をFDAが出した。女性で影響が出やすい。  FDAによれば、不眠症のすべての薬剤がそうした副作用の可能性があるという。 ----------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公立病院ERでの鎮痛薬処方を制限/米国医療事情・ニューヨーク

 ニューヨーク市の11の公立病院ERで、よく使用される処方鎮痛薬のいくつかが使用制限となると、ブルームバーグ市長が発表した。  バイコディンやパーコセットのような麻薬性鎮痛剤を3日以上の処方が受けられなくなる。オキシコンチンやフェンタニルパッチ、メタドンなどはすべて処方されなくなる。  市当局によれば、薬物乱用の増加を抑制し、路上売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国でインフルエンザ大流行 ワクチン・小児用タミフル不足/米国医療事情

 米国では先週インフルエンザによる死亡が7.3%となり正式に大流行に達したとCDCが発表した。前年に比べて今シーズンは早く流行がはじまり、ERなどが混雑している。例年の1月下旬から2月上旬のレベルにまで増加している。南西部やカリフォルニアのみが例年の流行に近い。  ボストンでは昨年の10倍の発生で、市長が公衆衛生上の緊急事態を宣言した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25人に1人の米国の若者が自殺を試みている

25人に1人の米国の若者が自殺を試みている  新たな全国調査によれば、米国の10代の若者の25人に1人が自殺を試み、8人に1人は考えているという。  CDC米国疾病管理予防センターによると、年間約4,600人の若者が自殺し、10~24歳の死因の第3位である。男子の自殺による死亡率が高く、女子は自殺を試みる可能性が高い。 ---…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代ローマの難破船から発見された錠剤の成分が判明

2000年前の地中海難破船から発見された錠剤の成分が判明  イタリア沖で古代ローマの難破船から発見された6個の錠剤が、動物および植物性脂肪、松脂と亜鉛化合物を含んでいることがわかり、眼の感染症に使用されていた可能性があるという。ピサ大学の化学のMaria Perla Colombini教授のチームによれば、他種類の成分を含み、オリーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーが口腔がん死亡リスク低下に関連

コーヒーが口腔がん死亡リスク低下に関連  全く飲まない人に比べて1日4~6杯のコーヒーを飲む人は、口腔咽頭がんの死亡リスクが50%も低かった。  リスク低下とカフェイン抜きのコーヒーとはかろうじて関連あったが、紅茶との関連はなかった。  機序は不明だがコーヒーは抗がん作用を有する化合物を含んでいる可能性がある。 ------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノロウイルス感染症が83%増加/英国医療事情

ノロウイルス感染症が83%増加/英国医療事情  イングランドとウェールズでは夏以降88万人に発症し昨年に比べ83%の増加である。健康保護局によれば報告例は氷山の一角に過ぎないだろうとしている。伝染性が強く、病院・学校・介護施設などの閉鎖環境で急速に広がっている。ノロウイルスによる病床の閉鎖が2%だった。  最新のスコットランドの報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more