テーマ:病気

エボラ感染発症前に乗った飛行機の搭乗者に警告/米国

米国の保健当局は、2人目のエボラ感染者であるテキサスの29歳の看護師が発症前に乗った飛行機(10/13クリーブランド発ダラス行きフロンティア航空1143便)に搭乗していた132人を探している。 看護師は完全な防護策をとらず皮膚の一部が露出していたと、看護師組合は言っている。病院で接触した可能性のある70人以上の医療従事者は現在監視下に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペインでエボラ「危機委員会」設置

スペインでエボラ「危機委員会」設置 スペイン首相はヨーロッパ初のエボラ患者の影響に対処するための特別委員会を設置した。 スペインの44歳の看護師が西アフリカの患者のケアにより出血熱にかかり重体となったためである。 西アフリカでの死者は3860人以上となり、200人以上の医療従事者が死亡している。 エボラに感染しないために--…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルツハイマー病の1/3は予防できる

アルツハイマー病の1/3は予防できる 糖尿病、高血圧、肥満、運動不足、うつ、喫煙、低学歴 の7つのリスクを克服すれば可能と ----------------------------------------------------- 14 July 2014 Last updated at 00:54 One in thr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑茶が降圧剤ナドロールの効果を妨げる

緑茶が降圧剤ナドロールの効果を妨げる β遮断薬の吸収を助ける特別なトランスポーターを阻害するために血中濃度が低下してしまうという。 ----------------------------------------------------- 14 January 2014 Last updated at 01:39 GMT …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューヨーク州が医療用マリファナ使用許可へ/米国医療事情

ニューヨーク州が医療用マリファナ使用許可へ/米国医療事情  以前は反対していたクオモ・ニューヨーク州知事が発表した。最大20の病院で重症患者に使用可能とするという。使用許可する21番目の州となる。連邦法ではいまだ違法である。  しかし、1月1日コロラド州ではレクリエーションの目的で大麻を販売できる米国で最初の州となった。ワシントン州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中にナッツを食べると子どものアレルギーが抑制される

妊娠中にナッツを食べると子どものアレルギーを抑制する  妊婦がナッツを食べた場合は子どもがナッツアレルギーを持つ可能性が1/3低下するという。8,000人以上の母子の健康と食生活の調査から判明した。 ----------------------------------------------------- 24 Decembe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃潰瘍の治療薬はビタミンB12欠乏症の潜在的な原因

胃潰瘍の治療薬はビタミンB12欠乏症の潜在的な原因 20万人にたいする米国での研究によれば、 胸焼けや消化不良といった胃潰瘍の治療に使われるプロトンポンプ阻害薬(PPI)やヒスタミン拮抗薬(H2RAs)を服用した人々は、健康のための十分なビタミンB12が不足している可能性が高かった。B12欠乏症が放置されると、認知症や神経学的疾患に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCGワクチンが多発性硬化症を予防する可能性

BCGワクチンは多発性硬化症を予防する可能性  イタリアの研究者らは、MSの初期徴候を持つ人33人にBCGワクチンを接種し、40人にプラセーボを投与したところ、5年後に、MSにならなかった人の割合が、ワクチン群で58%だったがプラセーボ群では30%だった。   -----------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHD治療薬の使用 6年間で50%増加/英国医療事情

ADHD治療薬の使用 6年間で50%増加 イングランドではここ6年間でADHD注意欠陥多動性障害の治療薬の使用が50%増加した。リタリンなどメチルフェニデートのNHSにおける処方が2007年の42万から昨年は65万7000まで増加した。2011年から2012年の間では11%増加した。 国のガイドラインをまとめた精神科教授ティム・ケン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テキサス州で百日咳が50年ぶりの大流行/米国医療事情

テキサス州で百日咳が50年ぶりの大流行  今年約2000例が報告され、幼児2人が死亡している。このまま行くと2009年の記録3,358例を上回るだろうという。 ----------------------- 百日咳の流行はここ半世紀で最悪/米国医療事情 http://kurie.at.webry.info/201207/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロッコリーで関節炎を抑える

ブロッコリーで関節炎を抑える  英国での研究で、ブロッコリーをたくさん食べると、変形性関節症を抑制できるという。  細胞やマウスの研究によると、ブロッコリーや芽キャベツ・キャベツには軟骨を傷害する酵素を阻害する化合物を含んでいる。  グルコラファニン化合物を摂取するとスルフォラファンが作られ、関節を保護する。  標準のブロッコリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高高度偵察機の搭乗員に高率に脳白質病変

高高度偵察機の搭乗員に高率に脳病変  他の軍人に比べて3倍の高率で4倍の病変の大きさでみられる。200人より少ない空軍のエリートパイロットの脳スキャンで判明した。脳外傷でみられるのと同様な白質高信号は血流減少により引きおこされる病変と考えられる。  偵察機は定期的に高度64,000フィートで飛行し、キャビン内は28,000~30,0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がん悪性、悪性疑い43人~福島県民健康管理調査

甲状腺がん悪性、悪性疑い43人~福島県民健康管理調査 08/20/2013 - 13:29 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1630  東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」検討委員会が20日、福島市で開かれ、甲状腺検査の結果、悪性または悪性疑いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ココアが記憶力低下を防ぐ

ココアが記憶力低下を防ぐ  認知症のない高齢者が毎日2杯のココアを飲むと脳血流が改善し、記憶テストの結果が改善したという。  ココアにはフラバノールが豊富に含まれ、血管の健康に重要な役割を果たす。  代表的なフラバノール類としてカテキンがあり、茶やココア、チョコレートに豊富に含まれる。 -------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVウイルスが咽頭癌の3分の1に関連

HPVウイルスが咽頭癌の3分の1に関連  HPVには100以上の種類があるが、16と18の2つが癌を引きおこす可能性が高い。HPV-16は子宮頚癌の薬60%、肛門の癌の80%、口腔癌の60%の原因であるとされる。  英国では毎年約1,500人が咽頭癌と診断され、470人近くが死亡している。 ------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療用マリファナ許可 イリノイ州知事が署名

医療用マリファナ許可 イリノイ州知事が署名  カリフォルニアに続き、人口2位の州で薬物として使用認める法律にパットクイン知事が署名した。癌、パーキンソン病、ループスなど35の病態と診断された患者が使用できる。医師の書面による認証、登録された患者の写真付きの身分証明カードや電子認証システムが必要になる。  十九他の州に加え、コロンビア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC

HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC  子宮頚癌などを予防する13歳から17歳の女子に対するHPVワクチンの少なくとも1回の接種率は50%をわずかに上回った程度で、目標の80%にはほど遠い。  米国では毎年HPVにより26,000人の癌が発生し、毎年新たに1400万人が感染していると推計されている。  疾病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国での髄膜炎Bワクチン不採用/英国医療事情 NHS

英国での髄膜炎Bワクチン不採用  致死性の髄膜炎を防護するための唯一のワクチンは英国では導入すべきでないとされた。英国では年間1,870人が罹患し、10%が死亡している。予防接種委員会によれば、ワクチンBexseroは費用対効果がなく、NHSはまだ採用すべきでないとしている。  5歳未満の子どもが髄膜炎Bにより脳や脊髄の感染の危険が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチンに咽頭癌予防効果

HPVワクチンに咽頭癌予防効果  咽頭癌は過去30年間で急増している。1980年代に性感染症ウイルスによるものは16%だったが、現在は咽頭癌の70%を占める。  子宮頚癌を予防するHPVウイルスのワクチンは、咽頭癌の予防に役立ち、男性にも有効の可能性がある。  コスタリカの18~25才の女性5840人についての研究で、ワクチン接種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠初期の抗うつ剤SSRI服用で胎児の心疾患リスクが2倍に

妊娠初期の抗うつ剤SSRI服用で胎児の心疾患リスクが2倍に  こうした薬剤は妊娠可能年齢の女性の最大で6人に1人近くが服用している。  現在の治療ガイドラインでは、妊娠初期のパロキセチンのみに警告が出されている。抗うつ薬SSRIは全体として心臓異常に関連しているとして書き換えが必要となるだろう。  重度のうつ病以外は不必要なリスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性の食道ガンの「静かな流行」/英国医療事情

男性の食道ガンの「静かな流行」/英国医療事情  英国の男性の間で食道癌が静かな流行を迎えている。英国で9番目に多いガンで、10年以上の生存率は約1割で診断治療の最も困難なガンの一つである。2010年に英国の男性5,600人(10万人あたり15人)、女性では2,800人(10万人あたり5人)が発病した。  食道癌には2種類あり、喫煙・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮頸がんワクチン積極勧奨せず 厚労省

子宮頸がんワクチン積極勧奨せず 厚労省、呼び掛け中止へ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013061401002431.html 2013年6月14日 21時26分  子宮頸がんワクチン接種の積極的勧奨を一時的に控えるべきだとの意見をまとめ、記者会見する厚労省専門部会の桃井真里子座長=14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多発性硬化症の免疫訓練療法

 多発性硬化症患者で、自身の神経系を攻撃することを止めさせるための実験的治療の試験が安全に行われたという。  神経細胞の周りのミエリン製の鞘がMSでは破壊される。この疾患では、ミエリンがウイルスのような異物であると体の免疫システムが考えてしまうことで発症する。  9人の患者を使って、ミエリンへの攻撃を停止するように免疫系を訓練しよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がん「確定」12人に 福島18歳以下、疑いは15人

甲状腺がん「確定」12人に 福島18歳以下、疑いは15人 2013年6月5日 05時00分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013060401002544.html  東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査で、18歳以下で甲状腺がんの診断が「確定」し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多くの治療ガイドラインはコストを考慮していない/米国医療事情

多くの治療ガイドラインはコストを考慮していない/米国医療事情  特定の病気の治療ガイドラインの策定時に専門学会は多くの場合医療コストを考慮していない。少なくとも1万人以上の会員を持つ上位の学会でもその半数がコストを考慮したに過ぎない。コストを考慮する場合でも明確で一貫性のある厳格な方法はとっていない。治療はコストを考慮しないとうまく行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中の片頭痛治療薬の使用にFDAが警告/米国医療事情

妊娠中の片頭痛治療薬の使用にFDAが警告/米国医療事情  米国食品医薬品局(FDA)は、子どもの低いIQスコアにつながる可能性として、妊婦に対する片頭痛薬のバルプロ酸ナトリウムの使用に警告を発した。 ----------------------- 妊娠中のバルプロ酸服用による自閉症のリスク http://kurie.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬を飼うと心臓に良い

犬を飼うと心臓に良い  米国心臓病学会(AHA)は、木曜日に声明を発表した。ペット、特に犬の所有が、心臓病のリスクを低減し、肥満・血圧・コレステロールの低下と関連している可能性があるという。  5200人以上の成人を対象にした研究では、犬の所有者は散歩をすることで活動的である。他の研究では、ペットは精神を落ち着かせる効果がある。所有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中年の米国人の自殺が増加/米国医療事情

中年の米国人の自殺が増加/米国医療事情  CDCによればここ10年で28%増加したという。1999~2010年の35-64才の白人と米インディアンで、著明な増加がみられる。他の年齢層では有意な変化は指摘されなかった。2009年以降は自動車事故よりも多い。2010年には38,350人が自殺し、米国人の10番目の死因となった。57%が35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬価はなぜこんなに高くなければならないのだろうか?/英国医療事情

薬価はなぜこんなに高くなければならないのだろうか?  NHSでは肝臓癌の治療は不当に高い薬価のために上限があるが、インドでは同じ治療が月100ポンド未満で可能だ。国境なき医師団のミシェルチャイルズは、裕福な国では医療コストを削減する方法を行っていない理由に疑問を呈している。  トシル酸ソラフェニブはバイエルが特許を持つ肝臓癌の薬でネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中のバルプロ酸服用による自閉症のリスク

妊娠中のバルプロ酸服用による自閉症のリスク  デンマークでの70万人の子どもの研究により、妊娠中の抗てんかん薬バルプロ酸服用により、自閉症スペクトラム障害ASDの発症リスクは3倍以上となる可能性があるという。  これまでの研究で、先天性障害や知能障害の発症がぞうかすることはわかっていたが、新たに自閉症との関連についてこれまでで最強の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more