テーマ:子供

日本の人口減少が2013年過去最大に

日本の人口減少が2013年過去最大に 日本の人口は2013年に244000人減少した。1031000人が出生し、1275000人が死亡し、昨年より約6,000人多く人口が減少した。現在の傾向が続くと今後50年間で人口が1/3減少する。人口の1/4が現在65才以上であり、2060年までには約40%となる。 ------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中にナッツを食べると子どものアレルギーが抑制される

妊娠中にナッツを食べると子どものアレルギーを抑制する  妊婦がナッツを食べた場合は子どもがナッツアレルギーを持つ可能性が1/3低下するという。8,000人以上の母子の健康と食生活の調査から判明した。 ----------------------------------------------------- 24 Decembe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼寝が子どもの記憶や学習に重要

昼寝が子どもの学習に重要  就学前の3~5歳の幼児は昼食後に仮眠をとることで記憶や学習に役立つという。仮眠をさせない場合と比較して、午後と翌日の視覚空間課題の結果が有意に良かったという。覚醒後に10%以上記憶が良かった。  昼寝をすると、学習や新たな記憶統合に関連した脳部位の活性が上昇していた。 ---------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急成長の代理出産ビジネスの規制を検討/インド医療事情

急成長の代理出産ビジネスの規制を検討/インド  2007年に開業したムンバイのクリニックでは295人の代理出産をし、90%は海外の顧客で40%は同性愛カップルだという。  内務省の新たな規制では、同性愛カップルや1人親の場合は禁止とする予定で、海外からの顧客には大きな影響となる。  インドは2002年に商業的な代理出産を認可し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHD治療薬の使用 6年間で50%増加/英国医療事情

ADHD治療薬の使用 6年間で50%増加 イングランドではここ6年間でADHD注意欠陥多動性障害の治療薬の使用が50%増加した。リタリンなどメチルフェニデートのNHSにおける処方が2007年の42万から昨年は65万7000まで増加した。2011年から2012年の間では11%増加した。 国のガイドラインをまとめた精神科教授ティム・ケン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テキサス州で百日咳が50年ぶりの大流行/米国医療事情

テキサス州で百日咳が50年ぶりの大流行  今年約2000例が報告され、幼児2人が死亡している。このまま行くと2009年の記録3,358例を上回るだろうという。 ----------------------- 百日咳の流行はここ半世紀で最悪/米国医療事情 http://kurie.at.webry.info/201207/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵子凍結保存、健康な独身女性にも 生殖医学会が指針案

卵子凍結保存、健康な独身女性にも 生殖医学会が指針案 2013年8月23日 http://apital.asahi.com/article/news/2013082300008.html  将来の体外受精に備え、未受精の卵子を凍結保存する生殖医療の技術について、日本生殖医学会は23日、健康な独身女性にも認める、とする指針案をまとめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がん悪性、悪性疑い43人~福島県民健康管理調査

甲状腺がん悪性、悪性疑い43人~福島県民健康管理調査 08/20/2013 - 13:29 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1630  東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」検討委員会が20日、福島市で開かれ、甲状腺検査の結果、悪性または悪性疑いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳製品の細菌汚染/ニュージーランド フォンテラ社

 世界最大の乳製品輸出企業であるニュージーランドのフォンテラの製品にボツリヌス中毒を起こす可能性のある細菌に汚染されていた問題で、製品のリコールが拡大している。  フォンテラ社は中国の乳児用粉ミルクの主要な供給元である。 ------------------------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC

HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC  子宮頚癌などを予防する13歳から17歳の女子に対するHPVワクチンの少なくとも1回の接種率は50%をわずかに上回った程度で、目標の80%にはほど遠い。  米国では毎年HPVにより26,000人の癌が発生し、毎年新たに1400万人が感染していると推計されている。  疾病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国での髄膜炎Bワクチン不採用/英国医療事情 NHS

英国での髄膜炎Bワクチン不採用  致死性の髄膜炎を防護するための唯一のワクチンは英国では導入すべきでないとされた。英国では年間1,870人が罹患し、10%が死亡している。予防接種委員会によれば、ワクチンBexseroは費用対効果がなく、NHSはまだ採用すべきでないとしている。  5歳未満の子どもが髄膜炎Bにより脳や脊髄の感染の危険が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠初期の抗うつ剤SSRI服用で胎児の心疾患リスクが2倍に

妊娠初期の抗うつ剤SSRI服用で胎児の心疾患リスクが2倍に  こうした薬剤は妊娠可能年齢の女性の最大で6人に1人近くが服用している。  現在の治療ガイドラインでは、妊娠初期のパロキセチンのみに警告が出されている。抗うつ薬SSRIは全体として心臓異常に関連しているとして書き換えが必要となるだろう。  重度のうつ病以外は不必要なリスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮頸がんワクチン積極勧奨せず 厚労省

子宮頸がんワクチン積極勧奨せず 厚労省、呼び掛け中止へ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013061401002431.html 2013年6月14日 21時26分  子宮頸がんワクチン接種の積極的勧奨を一時的に控えるべきだとの意見をまとめ、記者会見する厚労省専門部会の桃井真里子座長=14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中の片頭痛治療薬の使用にFDAが警告/米国医療事情

妊娠中の片頭痛治療薬の使用にFDAが警告/米国医療事情  米国食品医薬品局(FDA)は、子どもの低いIQスコアにつながる可能性として、妊婦に対する片頭痛薬のバルプロ酸ナトリウムの使用に警告を発した。 ----------------------- 妊娠中のバルプロ酸服用による自閉症のリスク http://kurie.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中のバルプロ酸服用による自閉症のリスク

妊娠中のバルプロ酸服用による自閉症のリスク  デンマークでの70万人の子どもの研究により、妊娠中の抗てんかん薬バルプロ酸服用により、自閉症スペクトラム障害ASDの発症リスクは3倍以上となる可能性があるという。  これまでの研究で、先天性障害や知能障害の発症がぞうかすることはわかっていたが、新たに自閉症との関連についてこれまでで最強の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児死亡率の低下/米国医療事情

乳児死亡率の低下/米国医療事情  米国の乳児死亡率が2005年から2011年で12%減少した。CDCによれば2000-2005年は横ばいだった。1歳未満の死亡率が1000人あたり2000年の6.87から2011年には6.05に低下した。特に黒人の母親の子どもが16%低下と最も減少した。もともと白人女性に比べて2倍であった。  長い間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーのヘディングについての新たな悩み

サッカーのヘディングについての新たな悩み  2011年の脳スキャンによる研究で成人のサッカー選手の特定の部位で微妙な構造的な変化がみられた。  iPadを用いた高校女子サッカー選手の認知機能の測定研究によれば、応答時間が遅く、わずかではあるが有意な認知機能障害が示されたという。 ----------------------- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHD注意欠陥・多動性障害の急増/米国医療事情 CDC

 CDCの最新データによれば、米国の男子高校生の5人に1人、就学児の11%がADHDの診断を受けているという。ここ10年で急増している。4才から17才の640万人が診断され、2007年から16%増加し、10年で53%増加した。その約2/3が中枢神経刺激薬の処方を受けている。学会は診断基準をかえて更に多くの診断と治療がされる予定になってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢の父親ほど孫が自閉症になるリスクが増大する

 国際的な研究により、高齢の父親ほど孫が自閉症になるリスクが増大するという。  これまでの研究により、高齢の父親は自閉症児を持つリスクが高いとされている。 "サイレント変異"と呼ばれ、他の遺伝子や環境要因が相互に働いて、子どもには影響しないが孫の世代に影響を及ぼす。  50才以上の時に生まれた娘が20~24才で子どもを産んだ場合、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生レバー規制効果でO157感染患者4分の1に激減

生レバー規制効果、患者激減 O157感染、4分の1に 朝日新聞デジタル 3月21日(木)16時39分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000030-asahi-soci  【阿部彰芳】牛の生肉や生レバーを原因とする腸管出血性大腸菌O(オー)157について、厚生労働省が生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オメガ3脂肪酸 DHA服用で早産が減少/米国医療事情

妊娠8~20週の女性350人を募集し、出産までの間、その半数にDHA1回200mgカプセルを1日3回服用、他の半数には対照群としてプラセボを投与した。 対照群では34週未満の出生が5%(米国の平均と同様)であったが、ω-3群では1%未満だった。 しかし、早産は減少したが、リスクの最も高い早産は減少しなかったという。 -----…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳幼児突然死症候群と母親の飲酒が関連

乳幼児突然死症候群と母親の飲酒が関連  乳幼児突然死の約1/6が、妊娠中や出産直後の母親の大量アルコール飲酒と関連しているとのオーストラリアからの報告。  米国疾病管理予防センター(CDC)は、1歳未満の原因不明の突然死を乳幼児突然死症候群(SIDS)と定義している。米国では毎年約4,500人がこのために死亡している。両親の喫煙との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どものてんかんが急減/英国医療事情

てんかんの子どもが急減/英国医療事情  英国でてんかんと診断される子どもが過去10年間で激減している。  欧州諸国や米国でも同様の減少が報告されているという。  英国では1994年~2008年の間に発症率が年間4~9%低下している。1994-1996年と比較して2003-2005年に生まれた子どものてんかんの数は33%少なかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの片頭痛にはプラセーボは薬剤と同等の効果

子どもの片頭痛にはプラセーボは薬剤と同等の効果  子どもや10代の若者に対しては薬物の入っていない偽薬がほとんどの頭痛薬と同じような効果を示す。  片頭痛の大人に使用する薬剤で子どもに対してプラセーボより良い効果をもたらすのはわずか2つのみであったがその場合でも効果は小さいものだった。  クリーブランドクリニックのデータでは、年少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母牛より子牛のセシウムが高濃度/福島原発事故

セシウム、母牛より子牛が高濃度 東北大、セシウム調査 2013年1月24日 08時33分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013012401000706.html  放れ牛を囲い込む福島県の職員ら=2011年9月、福島県川内村(福本学東北大教授提供)  東京電力福島第1原発事故で、原発か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫煙禁止後 小児喘息の入院が減少/英国医療事情

喫煙禁止後 小児喘息の入院が減少  英国で禁煙法が導入され、重度の喘息で入院する小児の数が急減した。屋内公共空間での喫煙を停止する法律が発効した後の研究では、初年度に12%減少した。  2007年7月の導入前は年間2%の増加であったが、導入後1年で12%減少し、その後の2年間は毎年3%減少した。入院数にして、3年間で約6,800人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25人に1人の米国の若者が自殺を試みている

25人に1人の米国の若者が自殺を試みている  新たな全国調査によれば、米国の10代の若者の25人に1人が自殺を試み、8人に1人は考えているという。  CDC米国疾病管理予防センターによると、年間約4,600人の若者が自殺し、10~24歳の死因の第3位である。男子の自殺による死亡率が高く、女子は自殺を試みる可能性が高い。 ---…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同学年でも若い生徒ほどADHD治療薬の処方割合が高い

 同じ学年でも、生まれが遅いものほど標準化テストで成績が悪く、ADHD治療薬を処方されている割合が高い。5才の子どもにとっては1年間は年齢の20%を占めることであり、学業や行動上の問題を有するとされたものは生まれた月の違いが単なる遅れの可能性がある。  低学年ほど格差があり、4年生では、生まれた月が遅い方の1/3は標準化テストで80-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大気汚染が自閉症に関連

 南カリフォルニア大の研究者によれば、自閉症と大気汚染に関連があるという。汚染が高度の地域の子どもは3倍のリスクがあるという。妊娠中と生後1年の間の幹線道路近くに居住して大気汚染の暴露を受けた場合と、汚染が軽い地域の子どもを比較研究した結果である。  しかし他の研究では交通量と関連性は低いという意見もある。 ----------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more