テーマ:食品

南相馬の柿から規制値超セシウム

柿から規制値超セシウム=福島県 http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011110800870  福島県は8日、同県南相馬市で採取した柿から、食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える670ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。県内で干し柿以外の柿から規制値を超えるセシウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校給食プログラムをめぐる攻防/米国

 連邦政府が資金補助している学校給食プログラムについてより栄養改善する検討をしている。ピザにつけるトマトペーストはもはや野菜とみなさず、ジャガイモを減らし、より多くの新鮮な桃、りんご、ほうれん草やブロッコリーを加え、塩分を抑える。  農務省は今後15年で110億ドルの学校給食プログラムで農務省は子どもの肥満を減らすための提案をしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食品安全近代化法のゆくえ/米国 FDA 財政

 メロン汚染による死亡により食品安全への改善策がなされようとしているが、予算がどうなるのだろうか  ピーナッツ、ほうれん草、牛挽肉のような食物に関連した致死性感染流行が続き、1930年以来の食品安全法の改正が、10年以上の努力の末に一歩前に進んだ。  しかし、1月にオバマ大統領が署名した食品安全近代化法(FSMA)はまだ欠点があり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週に2-3度ダークチョコレートを食べる中高年の女性は心不全になりにくい

 1週間に2-3度ダーク・チョコレートを食べる中高年の女性は心不全を起こすリスクが1/3小さいという。しかし、毎日食べるとリスクは軽減されなかった。  48-83才の約32,000人のスウェーデン女性を調査した研究で、1週間にダーク・チョコレートを1-2回分相当、19-30gを食べると心不全リスクが32%減少し、1ヶ月に1-3回相当で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルモネラ汚染で3億8000万個の卵のリコール発表/米国

 国内で数百人がサルモネラ感染症を発症したためアイオワの会社が3億8000万個の卵のリコール発表へと拡大した。5月に始まり数年来で最大の卵による感染発生となったと連邦当局が発表した。  Wright County Eggというアイオワの会社は、劣悪で危険な作業条件や環境違反、従業員への嫌がらせ、不法移民の雇用などをおこなっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆腐製造会社 細菌汚染で生産中止に/米国 カリフォルニア

 カリフォルニアで最大級の豆腐製造会社の工場と製品からリステリア菌が検出されたため、先月生産を中止した。創立100年の会社でのリステリア菌発見は今回が初めてではない。かつて1970年代にアジア系米国人市場を超えて豆腐の大衆化に役割を果たした。  7月にQuong Hop社はhummus, wraps, sandwiches and s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊婦に1日1杯のコーヒーは問題なし/米国

1日1杯のコーヒーなら妊婦にも安全  米国産婦人科学会の新たなガイドラインでは、1日1杯のコーヒーのカフェイン量では流産や早期産との関連はないという。  文献レビューによれば、カフェイン量として1日200mg未満なら、流産や早期産との関連は全く見られなかった。妊娠中のカフェイン摂取が胎児の成長に影響を与えるかどうかははっきりしたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男の健康によい6つの食物/米国

 男の健康によい6つの食物  気分、記憶、筋肉などを改善したいならば、高価で潜在的に危険なサプリは忘れ、近くのスーパーマーケットに行くべきだ。加齢に伴う病気を予防するには、こうした食物を摂るのがよい。 ・心臓によいイワシ  心臓の健康に良いオメガ3脂肪酸を多く含み、水銀やPCBなどの汚染が極めて低い。環境に優しく、タンパク質が多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物への抗生物質使用を制限/FDA

 FDAは、薬剤耐性菌を減らすために、牛・鶏・豚への水や飼料にペニシリンやテトラサイクリンなどを使用することを禁止する方向で動き始めたという。しかし、30年以上にわたりこうした用途の禁止を目指してきたが、議会は農業利益保護のために介入してFDAの行動を抑止してきた。  FDAは、抗生物質は動物の健康を確保することに制限されるべきであり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機内食で食中毒の危険/米国 FDA

 主要な航空会社で乗客にだされた多くの機内食は不衛生で危険な条件で準備されたものであり病気になる可能性があると、FDAの文書はいう。  情報自由法Freedom of Information Actにより公表されたFDA検査報告によれば、機内食を準備するケータリング仕出しの施設と厨房検査で健康衛生違反が見つかった。  検査を受けた3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコレートの科学

 カカオの成分が健康に良いという研究があるが、証明は不十分であり、研究の多くはチョコレート製造業者のひもつきである。  血圧やコレステロール低下、心疾患リスクの低下、精神的にも効果があるという。チョコレート、特にカカオが健康によいということは、10年前に、パナマ沖のサンブラス島の原住民の研究から始まった。  1990年代にKuna族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワインの成分で勃起障害を改善? ラットで確認/レスベラトロール

ワインの成分で勃起障害を改善? ラットで確認 http://www.asahi.com/health/news/TKY201006010269.html 2010年6月1日13時57分  赤ワインに含まれるポリフェノールの一種の「レスベラトロール」に、男性器の勃起(ぼっ・き)障害(ED)を改善する効果があることを、大阪大の研究チー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病原性大腸菌による食品安全への脅威/米国

 約20年にわたり、食品産業と当局にとって人々の脅威となる最大のものは、数百人が死亡し数千人が発病、数百万ポンドのハンバーガーやほうれん草のリコールを引き起こした病原性大腸菌であった。病原性大腸菌O157:H7に人々の注意が集まったが、6つの稀なタイプの大腸菌はほとんど無視された。これらのタイプの菌は食品安全への重大な脅威である。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロッコリが心臓を守る

 ブロッコリ、キャベツ、カリフラワーなどの野菜が心臓に良い理由が新たに発見された。こうした野菜から見つかった化学物質が、病気から動脈を保護するために自然な防御機構を増強する可能性がある。  多くの心臓病はアテローム性動脈硬化症と呼ばれ、動脈壁に脂肪塊プラークが形成されることで起こる。しかし均一な方法で血管が詰まるわけではなく、血流が乱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more