テーマ:ワクチン

新型ポリオワクチンは効果的/インド

 ポリオに対する新型ワクチンは90%以上発病数を減らせるという。すでにアフガニスタン、インド、ナイジェリアで使われている。  ワクチン集団接種キャンペーンにより、ポリオの流行国は1988年の125ヶ国から2005年には4ヶ国まで減少した。発症者数が35万人から2009年には1,606人まで減少した。  3つのタイプ1,2,3 により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16才への髄膜炎菌性髄膜炎ワクチンの追加接種を推奨/米国医療事情

 連邦政府CDCワクチン委員会Advisory Committee for Immunization Practices (ACIP)は水曜日、16才への髄膜炎菌性髄膜炎ワクチンの追加接種と、11-64才への百日咳・ジフテリア・破傷風ワクチンの追加接種を推奨を表明した。  2つの髄膜炎菌性髄膜炎ワクチンが期待ほど十分ではなく、効果が1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性の口腔がん増加はオーラルセックスが関連/HPV ワクチン

 ここ数年医師は、子宮頸がんを起こすといわれるヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の予防接種を若い女性に勧めてきた。しかし今や、欧州や米国で男性の頭頚部がんの増加により、多くの医師は全ての少年にも予防接種を受けるよう勧めている。  性行動の変化、特にオーラルセックスが口咽頭扁平上皮がんの新たな増加をもたらしているという。より若年者の発症が増加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊婦全員にインフルエンザワクチン接種 乳児にも効果/英国医療事情

 母親が妊娠中にワクチン接種を受けると、乳児はインフルエンザにかかりにくくなるという。米軍健康監視センターによるアメリカインディアン1,169人の女性の研究から、生後6ヶ月間の感染が41%減少したことがわかった。  今冬、英国ではすべての妊婦にインフルエンザワクチンが提供されることになった。  インフルエンザは特に妊婦にとって危険で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母親の百日咳から新生児が感染して死亡/米国

 百日咳の危険/母親から感染して新生児が死亡  カリフォルニアでは今年すでに4人の乳児が3ヶ月未満で死亡しており、昨年1年の死亡数3人を超えている。  Bianchiの場合、妊娠後期に咳が出て医療機関を受診していたが診断されず、2番目の子どもに感染し、生後17日で死亡した。剖検で百日咳と確定した。  多くの医師は、成人は百日咳にか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早期休校が新型インフルエンザ流行を抑制

初期の休校が流行抑えた―新型インフルでWHO担当者 http://www.cabrain.net/news/article/newsId/27847.html  WHO(世界保健機関)メディカルオフィサーの進藤奈邦子氏は5月28日、厚生労働省の「新型インフルエンザ対策総括会議」でプレゼンテーションし、英国などでは昨年春に流行の第一波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンと自閉症に関連があるとした医師を資格停止に/英国医療事情

英国医学協議会は、ワクチンと自閉症の関連があるとした医師を資格停止とした。  医師審議会により英国での医療行為の禁止が決定された。  ウェークフィールド博士の研究費の一部が、障害についてワクチン製造会社に損害賠償訴訟を起こそうとする親の弁護士によって支払われたことも問題となった。また、息子の誕生会で研究のために子供たちから血液を採取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮頸がん ワクチン集団接種を開始/栃木 大田原市

子宮頸がんで小6の集団接種開始 大田原市で、全額助成 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010051301000697.html 2010年5月13日 17時57分  栃木県大田原市で13日、小学6年の女児を対象に子宮頸がん予防ワクチンの集団接種が始まった。費用は市の全額助成で、日本産科婦人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どものワクチン 公費検討

子どものワクチン 公費検討 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100421/k10013992671000.html 4月21日 18時29分  幼い子どもの脳などに細菌が感染し死亡することもある病気や、「子宮けいがん」などを予防するワクチンは、基本的には自己負担で接種しなければなりませんが、厚生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの肺炎の原因RSウイルス ワクチン開発を

 肺炎を起こすRSウイルスにより全世界で毎年20万人近くの子どもが死亡している。感染した子どもが約340万人入院しており、子どもの肺感染症の最も多い原因となっている。RSウイルス感染は2歳以下の子どもで普通は軽い風邪として発症する。未熟児や先天性心疾患を持つ子どもでは重症化する。  5歳前の子どものRSウイルスによる死亡数の推計は初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百日咳 1913

百日咳 1913  whooping cough百日咳は数百年前からよく知られた病気で、18世紀から“pertussis”と呼ばれてきた。激しい咳の発作で喘ぎ声をあげ、顔は赤や紫となり、しばしば嘔吐する。しかし次の咳発作まで落ち着いている。20世紀初頭まではその原因は不明だった。  19世紀、The New-York Daily T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムンプス精巣炎の増加/MMRワクチン 不妊症

 新たな研究によれば、睾丸が腫脹して不妊症の原因となるムンプス精巣炎と呼ばれるおたふくかぜに関連した睾丸疾患にかかる若年男性がかなり増加しているという。  15-24才の未接種の男性すべてにMMRワクチンを接種すべきであり、ムンプス精巣炎について教育がされるべきであるという。  MMRワクチンが1968年に導入された後、ムンプス精巣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮けいがんワクチン 小学校で集団接種へ

子宮けいがんワクチン 小学校で集団接種へ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100406/k10013668561000.html 4月6日 17時22分  小学校6年生の女子児童を対象に子宮けいがんのワクチンを学校で集団接種する取り組みが全国で初めて栃木県大田原市で来月から始まることになりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来期は新型含むインフルエンザワクチン製造

新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針 http://www.cabrain.net/news/article/newsId/26784.html  厚生労働省は3月15日、来シーズンの流行に向けて製造するインフルエンザワクチンを、新型と季節性を混合した3価ワクチンとするよう各ワクチンメーカーに伝える方針を固めた。同日の「厚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型の肺炎球菌ワクチン FDAが認可/米国

 FDAは水曜日、髄膜炎や肺炎などの細菌感染を予防する新たなワクチン Prevnar 13 を認可した。  発展途上国では肺炎球菌で年間100万人の子どもが死亡している。米国では年に数十人が死亡し、100万人が耳の感染症を起こすという。  ファイザーが発売するPrevnar 13は、肺炎球菌疾患の80%をカバーする従来のPrevna…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自閉症とMMRワクチンの関連論文 ランセットが撤回

 自閉症とMMRワクチンが関連しているとした研究を発表し信用に傷がついた医学雑誌がその論文を完全に撤回した。The Lancetランセットは研究者による主張が間違いであると認めた。Dr Andrew Wakefieldは先週、医師審議会GMCの研究規則違反で先週制裁措置を受けたことで決定された。論文出版によりワクチン接種率が低下し、麻疹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲイツ夫妻 途上国の子ども用ワクチンに100億ドル寄付

 ゲイツ夫妻 ワクチンに100億ドル投入  マイクロソフト創立者ビル・ゲイツと妻メリンダは、新しいワクチンを開発し、提供するために今後10年間に100億ドル(£62億ポンド)を寄贈するという。スイスのダボスの世界経済フォーラムで発展途上国の子どもの90%にワクチン接種を進めるためであると言った。  過去10年で夫妻の慈善活動によりワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロタウイルス予防接種により百万人の子どもを救う/ワクチン

 2つの新たな研究により、乳幼児へのロタウイルス予防接種により発展途上国で数百万人の子どもを救うことができるだろうという。  マラウイと南アフリカで行われた研究によれば、予防接種により61%以上も重症ロタウイルス感染を減らせた。メキシコでの研究結果では、2003-2006年に比べて2009年の11ヶ月以下の子どもの下痢による死亡が66…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ

日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省 http://www.cabrain.net/news/article/newsId/25943.html  厚生労働省は1月15日、「厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会日本脳炎に関する小委員会」(委員長=加藤達夫・国立成育医療センター総長)の初会合を開いた。初会合では、日本脳炎ワクチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏政府 大量の余った新型インフルエンザワクチン転売/H1N1インフルエンザ

 フランス政府は数百万本の余ったブタインフルエンザワクチンを他国に売り払う予定だという。ドイツとオランダも昨年末に同様の発表をした。北米と欧州ではピークを越えたが他の地域はまだ流行が続いている。  フランス政府は9400万本を購入し、10月から接種開始したが、1回接種で十分と判明したこともあり、転売を決めた。フランスでは約500万人し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮頸がんワクチン 発売

国内初の子宮頸がんワクチン、22日発売 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091209-OYT1T01209.htm  製薬企業のグラクソ・スミスクラインは9日、国内初の子宮頸(けい)がんワクチンを今月22日から発売すると発表した。  子宮頸がんを引き起こすウイルスの感染を防ぎ、発症を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児用H1N1インフルエンザワクチン約80万本のリコール/米国

 低力価を理由にSanofi Pasteur小児用H1N1インフルエンザワクチン約80万本のリコールがCDCにより発表された。抗原量が指定値よりわずかに低かったということで、再接種の必要はないとしている。  10%力価が低下しているとすると、15μgではなく13.5μgの接種を受けたことになる。15と7.5μgでの免疫反応の大きな相違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国での新型インフルエンザ死者は約1万人に/米国 CDC

米国の死者1万人に 新型インフル、感染は6人に1人 http://www.asahi.com/international/update/1211/TKY200912110173.html 2009年12月11日11時0分  【ワシントン=勝田敏彦】米疾病対策センター(CDC)のフリーデン所長は10日の記者会見で、米国での新型の豚イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチンは6年以上にわたり感染予防効果/Cervarix

 HPVワクチンCervarixは6年以上にわたり感染予防効果ありと判明した。  子宮頚癌に関連したHPV-16 と HPV-18 の2種類のウイルスの予防効果のあるワクチンである。15-25才の約800人を、Cervarixワクチン接種393人とプラセーボ383人のにたいし、6ヶ月ごとに6.4年にわたりHPV DNAの検査を施行した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン接種後に新型インフルエンザ脳症で看護師死亡/鹿児島

ワクチン接種後に新型インフルで死亡…国内初 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091125-OYT1T01157.htm  鹿児島県は25日、新型インフルエンザワクチンの接種を受けた30歳代の看護師の女性が、同日未明、新型インフルエンザで死亡したと発表した。  ワクチンの効果は接種後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不足するワクチン/米国 新型H1N1インフルエンザ

 水曜日の議会で、2つの州と市の保健当局者が、12月ことによると1月まで優先度の高い人たちへの十分なワクチンが提供できないと述べた。ワクチンが豊富に出回る頃には流行が終わっているかもしれない。  州の保健担当者は、アラバマのワクチンの62%が12月1日過ぎても入手できないだろうと述べた。12月末か1月までに可能となるかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中高生への無料ブタインフルエンザワクチン接種 土曜日開始/ニューヨーク 新型インフルエンザ

 中高生への無料ブタインフルエンザワクチン接種が土曜日からニューヨーク市内の週末クリニックで始まる。今後5回の週末に、市は29の週末のみのクリニックを開き、中高生がワクチン接種できるようにする。今週末は7つのみである。クイーンズとブルックリンで2つずつ、他は1つ。それぞれのクリニックで、1時間あたりで500人に接種できるという。  市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊婦へのワクチン接種は乳児にも効果をもたらす/インフルエンザワクチン

 3つの研究によると、インフルエンザ予防接種は、インフルエンザにかかりにくいより大きな乳児を妊婦に与えるという。  米国感染症学会年次総会で発表されたが、ワクチン接種を渋っている妊婦を説得する手助けとなるだろうし、産科医への注意喚起にもなる。妊婦のワクチン接種率は1/4以下であり、重大である。  一つ目の研究によると、インフルエンザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブタインフルエンザ感染死者数は1週間で700人以上と急増

 WHOの最新情報によれば、世界のブタインフルエンザ感染死者数は1週間で700人以上と急増した。前週は約5,000人であった死者数は10/25までに5,700人となった。最も増加したのはアメリカ大陸で、4,175人が報告され、1週間で636人増加した。ウクライナは最初の死者が出て3週間は全ての学校を閉鎖し公開の会合を禁止した。緊急でない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more