テーマ:ワクチン

BCGワクチンが多発性硬化症を予防する可能性

BCGワクチンは多発性硬化症を予防する可能性  イタリアの研究者らは、MSの初期徴候を持つ人33人にBCGワクチンを接種し、40人にプラセーボを投与したところ、5年後に、MSにならなかった人の割合が、ワクチン群で58%だったがプラセーボ群では30%だった。   -----------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テキサス州で百日咳が50年ぶりの大流行/米国医療事情

テキサス州で百日咳が50年ぶりの大流行  今年約2000例が報告され、幼児2人が死亡している。このまま行くと2009年の記録3,358例を上回るだろうという。 ----------------------- 百日咳の流行はここ半世紀で最悪/米国医療事情 http://kurie.at.webry.info/201207/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVウイルスが咽頭癌の3分の1に関連

HPVウイルスが咽頭癌の3分の1に関連  HPVには100以上の種類があるが、16と18の2つが癌を引きおこす可能性が高い。HPV-16は子宮頚癌の薬60%、肛門の癌の80%、口腔癌の60%の原因であるとされる。  英国では毎年約1,500人が咽頭癌と診断され、470人近くが死亡している。 ------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC

HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC  子宮頚癌などを予防する13歳から17歳の女子に対するHPVワクチンの少なくとも1回の接種率は50%をわずかに上回った程度で、目標の80%にはほど遠い。  米国では毎年HPVにより26,000人の癌が発生し、毎年新たに1400万人が感染していると推計されている。  疾病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国での髄膜炎Bワクチン不採用/英国医療事情 NHS

英国での髄膜炎Bワクチン不採用  致死性の髄膜炎を防護するための唯一のワクチンは英国では導入すべきでないとされた。英国では年間1,870人が罹患し、10%が死亡している。予防接種委員会によれば、ワクチンBexseroは費用対効果がなく、NHSはまだ採用すべきでないとしている。  5歳未満の子どもが髄膜炎Bにより脳や脊髄の感染の危険が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチンに咽頭癌予防効果

HPVワクチンに咽頭癌予防効果  咽頭癌は過去30年間で急増している。1980年代に性感染症ウイルスによるものは16%だったが、現在は咽頭癌の70%を占める。  子宮頚癌を予防するHPVウイルスのワクチンは、咽頭癌の予防に役立ち、男性にも有効の可能性がある。  コスタリカの18~25才の女性5840人についての研究で、ワクチン接種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチン導入で十代の感染率が低下/米国医療事情

HPVワクチン導入で10代の感染率が低下  2006年のワクチン導入により、子宮頚癌の主要な原因であり性感染症であるヒトパピローマウイルスの危険なタイプの十代の女子の有病率が約半分まで低下している。  感染率の急激な低下の一方で、使用制限への危惧が出現している。いくつかの徴候がみられ、その一つはワクチンが性感染症を防ぐことから、子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮頸がんワクチン積極勧奨せず 厚労省

子宮頸がんワクチン積極勧奨せず 厚労省、呼び掛け中止へ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013061401002431.html 2013年6月14日 21時26分  子宮頸がんワクチン接種の積極的勧奨を一時的に控えるべきだとの意見をまとめ、記者会見する厚労省専門部会の桃井真里子座長=14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPV ワクチン、「医学的視点から安全」/ 日本産婦人科医会

HPV ワクチン、「医学的視点から安全」- 日本産婦人科医会が声明 www.cabrain.net/news/article/newsId/39653.html 2013年04月17日 14:07  日本産婦人科医会は、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)に関する声明を改めて発表した。同ワクチンの副作用に焦点を当てた報道が相次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザワクチンの効果が高齢者では乏しい/米国医療事情

インフルエンザワクチンの効果が高齢者では乏しい/米国医療事情  米国政府による今シーズンのインフルエンザワクチンの分析によれば、ワクチン接種者の56%に効果があったに過ぎず、高齢者の予防には失敗したという。  インフルエンザB型に対しては67%だが、Aに対しては47%の保護だった。インフルエンザA(H3N2)に対して、6ヶ月~64才…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国でインフルエンザ大流行 ワクチン・小児用タミフル不足/米国医療事情

 米国では先週インフルエンザによる死亡が7.3%となり正式に大流行に達したとCDCが発表した。前年に比べて今シーズンは早く流行がはじまり、ERなどが混雑している。例年の1月下旬から2月上旬のレベルにまで増加している。南西部やカリフォルニアのみが例年の流行に近い。  ボストンでは昨年の10倍の発生で、市長が公衆衛生上の緊急事態を宣言した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべての子どもに無料で季節性インフルエンザワクチン接種/英国医療事情

英国は世界で初めてすべての子どもに無料で季節性インフルエンザワクチン接種をすると、保健省が公表した。  注射ではなくアストラゼネカ社の鼻スプレーワクチンを接種し、900万人の子どもに対し年間1億ポンド(1億5500万ドル)の費用がかかる。いくつかの臨床試験で従来の注射ワクチンに比べて子どもに対してより効果的とされた。 -----…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮頸がんワクチン接種後に「失神」

子宮頸がんワクチン接種後に「失神」 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5066227.html  子宮頸がんの予防ワクチンを接種した後に、意識を失う「失神」の症例が500件を超えて起きていることが分かりました。  厚生労働省によりますと、「サーバリックス」と「ガーダシル」という2つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3ワクチン定期予防接種に

ようやく先進国並み…3ワクチン定期予防接種に http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120516-OYT1T00985.htm  若い女性で増えている子宮頸がんや乳幼児の死亡につながりかねない細菌性髄膜炎などを予防する三つのワクチンについて、厚生労働省は2013年度にも定期予防接種の対象と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン公費助成後にヒブ感染症が半減

ワクチン公費助成後にヒブ感染症が半減- 肺炎球菌は3割減、研究班調査 http://www.cabrain.net/news/article/newsId/37191.html  インフルエンザ菌b型(Hib=ヒブ)ワクチンの公費助成が本格化した2011年に、ヒブ感染症の罹患率が半減したとの調査結果を、国立病院機構三重病院の庵原俊昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男子も子宮頸がん予防ワクチンを勧告/米国 CDC

男子も子宮頸がん予防ワクチンを 米で勧告 http://www.asahi.com/health/news/TKY201110260200.html 2011年10月26日14時0分  ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンについて、米疾病対策センター(CDC)の予防接種に関する諮問委員会は25日、11~12歳の男子に対して定期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県 ポリオ不活化ワクチン接種へ

不活化ワクチンで国と神奈川県が対立 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4854645.html  ポリオ=小児まひのワクチン接種をめぐり、国と神奈川県が対立しています。ウイルスの病原性をなくした「不活化ワクチン」の導入を決めた黒岩・神奈川県知事に小宮山厚生労働大臣が「望ましいことではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブタインフルエンザワクチンによりナルコレプシーのリスクが増加

 新型ブタインフルエンザワクチンが稀な睡眠障害の発症と関連しており、若年者は注意が必要だとEU当局は発表した。  European Medicines Agency (EMA)によれば、Pandemrixは他のワクチンが手に入らない場合に H1N1 のリスクが高い子どもやティーンエイジャーに投与されるべきだという。  英国では600…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン同時接種後に乳児死亡 ヒブ・肺炎球菌ワクチン再開後初/熊本

ワクチン同時接種で男児死亡、全国で8例目 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110614-OYT1T00328.htm  熊本市は13日、細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンを3日に同時接種した同市の2か月の男児が、接種の翌日に死亡したと発表した。  両ワク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンにより今後10年で1000万人を救う

 ビル・ゲイツは火曜日に伝染病に対して2015年までの400万人の命、「ワクチンの10年」2020年までに1000万人の命を救うために、強化された予防接種計画を唱えた。  5~6の新しいワクチンが今後10年で利用可能となるだろうとし、製薬会社にたいして貧困国向けの安価なワクチン製造を迫った。  193カ国の保健大臣が出席したジュネー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン 4月から接種再開/厚労省検討会

ヒブなど2ワクチン再開、同時接種に不安も http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33438.html  インフルエンザ菌b型(ヒブ=Hib)ワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの接種が4月1日、約1か月ぶりに再開された。しかし、両ワクチンなどの同時接種後に乳幼児が死亡したとの報告が相次ぎ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮頸がんワクチン 不足で新規接種を当分見合わせ

子宮頸がんワクチン、新規接種を当分見合わせ http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110307-OYT1T00899.htm  全額公費で接種を受けられる子宮頸(けい)がんワクチンが全国的に品薄になっている問題で、小宮山洋子・厚生労働副大臣は7日、▽当分の間、新規の接種を見合わせ、既に接種を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン同時接種 乳児が死亡6人目 /熊本

ヒブ・3種ワクチン接種後に乳児死亡 熊本市で 2011年03月10日 http://kumanichi.com/news/local/main/20110310003.shtml  ヒブ・3種ワクチン接種後に乳児死亡 熊本市での写真、図解 熊本市の男児がワクチン接種後に死亡した事例について発表する田上健二衛生部長(左から2人目)ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンの同時接種見合わせ

ヒブワクチンとBCG、同時接種の男児死亡 http://www.yomiuri.co.jp/komachi/childcare/cnews/20110308-OYT8T00174.htm  厚生労働省は7日、インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチン「アクトヒブ」と結核のワクチンBCGを同時接種した宮崎県都城市の0歳男児が死亡していたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン同時接種で4人死亡

【兵庫】 2歳男児、ヒブワクチン接種翌日に死亡 因果関係は不明 http://www.asahi.com/health/news/TKY201103030433.html 2011年3月3日  兵庫県宝塚市は2日、乳幼児の細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンを接種した同市の2歳の男児が死亡したと発表した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連邦法は製造物責任訴訟からワクチン製造会社を保護する/米国 ワクチン訴訟

 最高裁は、ワクチン副作用の損害賠償を求めている裁判について、連邦法が製造物責任訴訟からワクチン製造会社を保護すると判決した。  1992年のDPTワクチン後の痙攣発作による障害を両親がWyeth(現在はPfizerが所有)に対して訴えていた。  1986年の連邦小児ワクチン障害法はほとんどの訴訟から会社を保護することによって安定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

複数ワクチン「同時接種」を推奨/日本小児科学会

小児ワクチン「同時接種を」 学会「1回1種類」改める http://www.asahi.com/national/update/0120/TKY201101190536.html 2011年1月20日7時46分  日本小児科学会は19日、一人の子に複数の種類のワクチンを同じ機会に接種する「同時接種」を推奨する見解を発表した。国内で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザによる死亡者数が112人となり、1週間で62人増加/英国医療事情

 英国では10月以来でインフルエンザによる死亡者数が112人となり、過去1週間で62人増加した。HPA当局によれば増加は多くはクリスマス前に死亡し報告が遅れたことによる可能性があるという。ほとんどは新型ブタインフルエンザだった。多くは15~64才だったが、14才未満の子どもが9人亡くなった。  データ入手可能な81人のうち、63人がイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンと自閉症の関連 研究はデータ偽造による/BMJ

 ワクチンと自閉症が関連しているという研究発表をして資格を剥奪された英国医師アンドリュー・ウェークフィールド博士はデータを偽造していたとBMJに公表された。  ミスを犯した可能性もなくはないが、データを偽造した可能性が高いと雑誌編集長は言う。カルテやインタビューを元に、偽造と判断したという。例えば、彼のレポートではわずか12人の子ども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォルグリーンズでの無料インフルエンザワクチン接種プロジェクト/米国医療事情

 サービスが行き届かない15地域で保健福祉省とウォルグリーンズが協力して約35万本の無料インフルエンザワクチンの接種を行う。  ウォルグリーンズによる1000万ドルの寄付をもとに8つの地域でプロジェクトが来週から始まる。その後さらに7地域拡大する。プロジェクトは特に糖尿病と心疾患の罹患率が高くインフルエンザ合併症で危険な状態になりやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more