テーマ:医療制度改革

オバマ政権の医療制度改革法に対する共和党による廃止法案が上院で否決/米国医療事情

 オバマ政権の医療制度改革法案に対する共和党による廃止法案が水曜日、上院で51-47で否決された。共和党優勢の下院では先月廃止案を可決しており、連邦地裁での違憲判決が出て2日後に上院の採決となった。新法の運命は最高裁が握ることになった。  民主党は最終的には最高裁が新法に賛成するだろうと信じている。1964年の公民権法や1935年の社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革法が憲法違反と連邦地裁判決/米国医療事情 フロリダ

 医療制度改革法が憲法違反と連邦地裁判決  米国人に私的保険取得を義務づけるのは憲法違反であるとの判決をフロリダ連邦地裁が月曜日に下した。  12月のバージニアの判決と違い、フロリダの連邦地裁の判決は解決不可能な状態で保険必須条件が改革法に付いており法律全体の無効化を必要とするとしている。再設計、再建が必要であるという。  201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHSの終焉/英国医療事情

「NHSの終焉」というランセットの論説が公表された。  英国のNHS国民保健サービス制度が危機にある、先週発表された法律によれば、NHSは劇的な変化をもたらし、英国の公衆衛生や社会保障に影響を与える。  その変更のみで莫大な衝撃であるが、NHS委任委員会やコンソーシアムの形成法からはイングランドの医療制度から“national”の文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革法案のゆくえ/米国医療事情

 医療制度改革法案により医療費は節約できるのだろうか。雇用を創出できるのだろうか。患者にとって医療が改善されるのだろうか。  9300億ドルをかけて3200万人に健康保険を拡張する法案を廃止すれば、10年以上にわたり2300億ドルの政府予算が必要となると議会予算局がどうして言えるのか?  金曜日に下院は法案の廃止へ向けて一歩進んだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革への新たな戦い/米国医療事情

 共和党が今すぐ新たな医療制度改革法を廃止するという選挙公約を果たすことはできないが、新税や皆保険制を含む不人気な法律を徹底的に再調査するよう議会を動かすことはできるようになった。  中間選挙での共和党の勝利で、連邦議会や州のレベルで医療制度改革法に関して今後長い戦いが続く。この問題での党派分裂が、2012年の大統領選挙への準備段階で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師不足には看護士の活用を/米国医療事情

 米国医学研究所は火曜日、医療改革による医師不足にたいして看護士を活用してより多くの医療行為を行う教育と権限の両方を持たせるべきであるとの報告を公表した。高価な米国の医療制度を改革するための鍵になると言う。  しかし、約12万人の医師を代表する米国医師会は直ちにこの報告を批判した。看護士は医療に不可欠であり、看護士と医師の両方が不足す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不況によりメディケイド加入者が増加/米国医療事情 医療制度改革

 失業と健康保険の喪失により、昨年1年で370万人がメディケイドに加入し、始まって以来の最大の増加となった。無保険の低所得者に総合的な保障を提供するこのプログラムへの登録が、2008年12月から2009年12月までに8.2%増加し、最近10年で最も大きな増加率だった。2009年終わりに、4,850万万人、米国人6人に1人がはいいっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高騰するニューヨークの医療保険料/米国医療事情 医療制度改革

 景気後退とプレミア上昇のため、ニューヨーク市の勤務する小さな人材派遣会社が昨年健康保険を止めたが、April Welles の場合は自分の保険を購入することができて、ガンと多発性硬化症をカバーできている。既往症を問わず総合的な保証をすべての人に提供することを保険会社に要求する最初の州の一つであるニューヨークに住んでいるのが幸いだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米連邦議会 医療制度改革法案を最終承認/米国医療事情 オバマ政権

 米連邦議会は日曜日、オバマ大統領の提案に沿って数千万人の無保険者への保険補償を提供する医療制度改革法案を最終承認した。  下院法案は219対212票で可決され、オバマ大統領に送られた。修正案パッケージを成立させ上院に送付した。上院多数派リーダーのHarry Reid は、上院で修正法案を取り上げ成立させるための票を確保したことを下院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディケイド予算削減で、医師も患者も治療から撤退/米国医療事情

メディケイド予算削減で、患者も医師も治療から撤退  2年前に化学療法と放射線治療を開始して以来、Mrs. Vliet はプライマリケア医のDr. Saed J. Sahouriに毎月診察してもらうことで安心を得ていたが、メディケイドの診療を止めると数ヶ月前に知らされたことで打ちのめされた。Dr. Sahouri はメディケイドからの返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領 議会に対し医療制度改革への最後通告

 オバマ大統領は水曜日、数週以内という野心的ではあるが非現実的な日程の呈示をして、医療制度改革のための最終的な督促を議会にした。共和党の言うような最初からのやり直しは意味がないとし、ためらう民主党員に対しては協力を求めた。1週間弱前にテレビ放送された医療フォーラムの開催されたが、この演説が最後のキャンペーンになるだろうという。  保健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュージャージーで医療保険事務作業効率化の試行/米国 医療制度改革

 昨年来の医療制度改革議論の一部として保険会社は医療費支払い請求事務の改善に取り組むと約束した。  議会での混乱が続く中、保険業者は約束を果たす計画であるという。木曜日に2大企業がニュージャージーでの実験計画を発表する予定である。州の5大保険業者は1つのWebポータルで医師や病院に患者の保険状態のチェックができるシステムを提供する計画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党医療制度改革モデルのマサチューセッツで共和党が上院補選勝利

 ブラウン氏にも支持されたマサチューセッツの医療制度改革はワシントンの民主党のモデルであった。  マサチューセッツ共和党のスコット・ブラウンは上院議員に選出されて勝利宣言をした。無党派有権者による勝利と言えるため、医療制度改革での党派対立の波にどう乗りきるのかが問題となる。勝利宣言では群衆は「41!」を唱和したが、41人目の上院共和党…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

医療制度改革法案が上院通過/米国医療事情

 8710億ドルの上院医療制度改革法案が通過し、今後10年の医療への影響はどうなるか?  お金に困っている数千万人の米国人に良質で入手可能な医療保険と医療が受けられるようになる重要な一歩であると製薬業界Pharmaceutical Research and Manufacturers of Americaは言う。  歴史上初めて、連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

製薬業界 医療制度改革の負担増に抵抗/米国医療事情

 議会での医療制度改革論議の最終段階に入り、製薬業界は10年で800億ドル以上のコスト負担への準備を進めている。追加コストとして200億ドル以上かかる可能性を言うロビイストもいる。  上院法案承認後、米国医師会長Cecil B. Wilsonは医師を守るためにいくつかの最終的な変更を獲得して信頼を得た。55才以上をメディケアに加入させ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革法案 上院で審議開始/米国医療事情 オバマ政権

 オバマ大統領の国内最優先課題である医療制度改革法案が、民主党優勢の上院で審議開始が決まった。60対39の投票結果で12月いっぱいが法案審議となり、10年間で8480億ドルをかけて無保険の約3100万人に拡張しようという。今月初めに下院で220対215で法案が承認された。土曜日に反対していた民主党の最後の2人を説得して合意にこぎつけた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革法案が下院を通過/米国医療事情 オバマ政権

 土曜日夜、民主党の言う社会政策達成に役立つものとして医療制度改革法案が下院をかろうじて通過し、オバマ大統領へ厳しい戦いの勝利を手渡した。数十年にわたり民主党が目指してきたもので、10年間で1兆1000億ドルかかる計画を、220対215で可決した。カリフォルニア民主党のジョージ・ミラーは、「この国の医療に革命をもたらす」と言う。民主党は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中医協、日医執行部外して新メンバーで審議開始

中医協、新メンバーで審議始める http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4271010.html  医療行為や薬の価格などの「診療報酬」を決める中医協=中央社会保険医療協議会が、新政権発足後、日本医師会推薦の委員を除いた新しいメンバーで審議を開始しました。  「(委員の選任は)都市や地方、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上院財務委員会で医療制度改革法案が可決/米国医療事情 オバマ政権

 上院財務委員会で数百万人に対して補助金により保険購入する医療制度改革法案が、メーン州共和党のOlympia J.Snowe上院議員の支持と民主党13人全員により可決された。他の共和党議員は反対したため、14:9の票結果だった。  スノウ議員は、自らの理想には遠い法案であると認めたが、行動に移さないでいるより自らの時代の喫緊の課題への…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「障害者自立支援法」「後期高齢者制度」廃止を明言/長妻厚労相

障害者自立支援法「廃止する」 長妻厚労相が明言 http://www.asahi.com/politics/update/0919/TKY200909190234.html 2009年9月19日20時1分  長妻昭厚生労働相は19日、障害者が福祉サービスを利用する際に原則1割の自己負担を課す障害者自立支援法について「廃止をしていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療保険制度改革反対 ワシントンで10万人大集会/米国医療事情 オバマ政権

 オバマ大統領の医療改革に対する抗議でワシントンでホワイトハウスから連邦議会へと数万人のデモ行進が行われた。  オバマ大統領はミネアポリスで計画への支持を訴えていた。15,000人の群衆を前に国内最優先の課題を変革なしで済ますことは受け入れがたいと述べた。現状維持のために古い戦術を使うことは許されない。現状は受け入れがたいと、民主党支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メイヨー・クリニックの医療/米国医療事情 医療制度改革

 メイヨー・クリニックの医療  ミネソタ州のロチェスターに本拠地をおく非営利のメディカルセンターは3つの州に病院を持ち、3,300人以上の医師・研究者・科学者をかかえ、年に50万人以上の患者の治療を行っているという。そのアプローチ法は、世界で最もよい治療を提供すると言ったオバマ大統領を含めて、突出した賛美を受けている。メイヨクリニック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1億人の米国人が歯科医療保険に加入せず/米国歯科医療事情

 いかにして歯科治療費を安くするか?  1億人の米国人が歯科医療保険に加入していない。  多くの雇用者後援の健康保険では歯科医療をカバーせず、カバーしたとしても限定的である。私的保険は高価すぎて現実的でない。メディケイドやメディケアは限定的なセーフティネットである。冠またはインプラントのような高価な治療は数千ドルの自己負担である。ル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライマリー・ケア医師の枯渇/米国医療事情 医療制度改革

 多くの貧困地域と同様、北部ミルウォーキーでは最近20年間で徐々にプライマリー・ケア医師が枯渇してきている。1人また1人と、引退したり、資金的に行き詰まったりしており、代わりの医師が来てくれることはめったにない。  残っているわずかな診療所では予約待ち時間が長くほとんど目的に適わず役に立たない。マーサ・ブラウンの3歳の娘の場合、鼻水が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダの医療制度の歴史/カナダ医療事情

 約50年前までは、カナダと米国の医療システムは似ていた。しかしカナダでは、サスカチュワン州の社会主義者の首相トミー・ダグラスにより変化が起こされた。1940年代末に、カナダ版メディケアを立ち上げるキャンペーンを始め、産業界や医師会からの強い反対に直面し、州医師会は1962年に23日間のストに突入した。しかし、10年以内にサスカチュワン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケネディのガン戦争 希望と現実/米国医療事情 医療制度改革 エドワード・ケネディ

 他の誰と比べてもエドワード・ケネディ上院議員ほど国家の40年にわたるガンとの戦争の挫折を具現化した人はいない。  ケネディはニクソン大統領が1971年にガンとの戦いを表明する数ヶ月前にさらに多額の予算を投入してガン戦争を遂行計画を支持した。昨年脳腫瘍になったのを知った時に運命はガン戦争によっても変更されるわけでなかったと判明した数百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医学界は偉大な支持者を失った/米国医療事情 ケネディ上院議員死去

医学界は偉大な支持者を失った  ジョージ・デーリー博士は、後に彼の仕事の最も忠実な政府の支持者の1人となる政界実力者に1998年に会ったときは、自ら認めるように医学の最先端分野で働いている「あまり知られていない科学者」であった。新たな分野とは胚性幹細胞の研究でり、政治家は上院議員テッド・ケネディであった。史上初の人由来胚性幹細胞ライン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拡大する医療に必要な人材の需要/米国医療事情

 医療費増加が経済の重荷となっているが、雇用の大きな受け皿である。  何年にもわたり中年の労働者などが医療へ仕事場を移してきていたが、景気後退となりその魅力は一層強くなった。数百万人の米国人が解雇される中で、病院は400万人以上を雇用しており、昨年は135,000人増加し、今年上半期は19,400人以上増加した。医療における有能な指導…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国人はNHSを他国人に非難されたくない/英国医療事情 NHS

 英国人のNHS批判は他国人がするまでの話  税金で運営されて無料で医療が受けられるNHS国民健康保険を英国人は際限なく批判する。待機リスト、治療の地域差、感染がはびこる病院、頭でっかちな官僚制というシステムを嘆いている。しかし、部外者から批評されると敏感となる。  オバマ大統領の改革案に反対する米国人により、社会化された医療の失敗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国医療に対する海外駐在員の意見/医療制度改革 オバマ政権

英国医療に対する海外駐在員の意見  距離をおいて客観的に見ると、米国の政治的な討論が騒々しい誤った情報をもった論客によりなされているように見えるときがある。有名な物理学者スティーブン・ホーキングがオバマ大統領と議会による医療制度改革提案についての討論に巻き込まれた例がその一つである。  67才のホーキング氏はルー・ゲーリック病であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more