テーマ:オバマ政権

地域保健センターに7億2700万ドルを配布/米国医療事情 オバマ政権

 10月8日(金)オバマ政権は、米国医療改革法で約束された地域保健センターのための110億ドルの第1弾として、7億2700万ドルを配布すると発表した。全米の143の地域保健センターにおけるサービスに使われる。5年間に110億ドルを使い、無保険者の約40%、約1900万人に医療提供がされる。センターを拡張し、約2倍の患者を治療する。「支払…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高騰するニューヨークの医療保険料/米国医療事情 医療制度改革

 景気後退とプレミア上昇のため、ニューヨーク市の勤務する小さな人材派遣会社が昨年健康保険を止めたが、April Welles の場合は自分の保険を購入することができて、ガンと多発性硬化症をカバーできている。既往症を問わず総合的な保証をすべての人に提供することを保険会社に要求する最初の州の一つであるニューヨークに住んでいるのが幸いだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米連邦議会 医療制度改革法案を最終承認/米国医療事情 オバマ政権

 米連邦議会は日曜日、オバマ大統領の提案に沿って数千万人の無保険者への保険補償を提供する医療制度改革法案を最終承認した。  下院法案は219対212票で可決され、オバマ大統領に送られた。修正案パッケージを成立させ上院に送付した。上院多数派リーダーのHarry Reid は、上院で修正法案を取り上げ成立させるための票を確保したことを下院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディケイド予算削減で、医師も患者も治療から撤退/米国医療事情

メディケイド予算削減で、患者も医師も治療から撤退  2年前に化学療法と放射線治療を開始して以来、Mrs. Vliet はプライマリケア医のDr. Saed J. Sahouriに毎月診察してもらうことで安心を得ていたが、メディケイドの診療を止めると数ヶ月前に知らされたことで打ちのめされた。Dr. Sahouri はメディケイドからの返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領 議会に対し医療制度改革への最後通告

 オバマ大統領は水曜日、数週以内という野心的ではあるが非現実的な日程の呈示をして、医療制度改革のための最終的な督促を議会にした。共和党の言うような最初からのやり直しは意味がないとし、ためらう民主党員に対しては協力を求めた。1週間弱前にテレビ放送された医療フォーラムの開催されたが、この演説が最後のキャンペーンになるだろうという。  保健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党医療制度改革モデルのマサチューセッツで共和党が上院補選勝利

 ブラウン氏にも支持されたマサチューセッツの医療制度改革はワシントンの民主党のモデルであった。  マサチューセッツ共和党のスコット・ブラウンは上院議員に選出されて勝利宣言をした。無党派有権者による勝利と言えるため、医療制度改革での党派対立の波にどう乗りきるのかが問題となる。勝利宣言では群衆は「41!」を唱和したが、41人目の上院共和党…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

医療制度改革法案が上院通過/米国医療事情

 8710億ドルの上院医療制度改革法案が通過し、今後10年の医療への影響はどうなるか?  お金に困っている数千万人の米国人に良質で入手可能な医療保険と医療が受けられるようになる重要な一歩であると製薬業界Pharmaceutical Research and Manufacturers of Americaは言う。  歴史上初めて、連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

製薬業界 医療制度改革の負担増に抵抗/米国医療事情

 議会での医療制度改革論議の最終段階に入り、製薬業界は10年で800億ドル以上のコスト負担への準備を進めている。追加コストとして200億ドル以上かかる可能性を言うロビイストもいる。  上院法案承認後、米国医師会長Cecil B. Wilsonは医師を守るためにいくつかの最終的な変更を獲得して信頼を得た。55才以上をメディケアに加入させ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革法案 上院で審議開始/米国医療事情 オバマ政権

 オバマ大統領の国内最優先課題である医療制度改革法案が、民主党優勢の上院で審議開始が決まった。60対39の投票結果で12月いっぱいが法案審議となり、10年間で8480億ドルをかけて無保険の約3100万人に拡張しようという。今月初めに下院で220対215で法案が承認された。土曜日に反対していた民主党の最後の2人を説得して合意にこぎつけた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革法案が下院を通過/米国医療事情 オバマ政権

 土曜日夜、民主党の言う社会政策達成に役立つものとして医療制度改革法案が下院をかろうじて通過し、オバマ大統領へ厳しい戦いの勝利を手渡した。数十年にわたり民主党が目指してきたもので、10年間で1兆1000億ドルかかる計画を、220対215で可決した。カリフォルニア民主党のジョージ・ミラーは、「この国の医療に革命をもたらす」と言う。民主党は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン不足がオバマ政権への信頼を徐々に蝕む/米国 新型インフルエンザ 緊急事態宣言

 何ヶ月もかけて計画と準備をしてきたが、ワクチン不足がオバマ政権への信頼を徐々に蝕む可能性がある。  早くからオバマ大統領は補佐官に対し、「過去の失敗から学ぶ」よう指示してきた。2004年のブッシュ政権時にはワクチン不足が政治的問題となったし、1976年のフォード大統領当時は集団予防接種キャンペーンが失敗に終わり厳しい批判を浴びた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライマリー・ケア医師の枯渇/米国医療事情 医療制度改革

 多くの貧困地域と同様、北部ミルウォーキーでは最近20年間で徐々にプライマリー・ケア医師が枯渇してきている。1人また1人と、引退したり、資金的に行き詰まったりしており、代わりの医師が来てくれることはめったにない。  残っているわずかな診療所では予約待ち時間が長くほとんど目的に適わず役に立たない。マーサ・ブラウンの3歳の娘の場合、鼻水が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医学界は偉大な支持者を失った/米国医療事情 ケネディ上院議員死去

医学界は偉大な支持者を失った  ジョージ・デーリー博士は、後に彼の仕事の最も忠実な政府の支持者の1人となる政界実力者に1998年に会ったときは、自ら認めるように医学の最先端分野で働いている「あまり知られていない科学者」であった。新たな分野とは胚性幹細胞の研究でり、政治家は上院議員テッド・ケネディであった。史上初の人由来胚性幹細胞ライン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

管理者なきメディケアが混乱を増幅/米国医療事情 医療制度改革

管理者なきメディケアが混乱を増幅  メディケア・メディケイド・サービスセンターは米国で最大の医療購買者である。医療制度改革の核心をなすものである。その管理者がいれば、議会で立法のために働くだろうし、拡大する役割を準備するだろう。  医療モデルとしてしばしばホワイトハウスによって引用されたメイヨ・クリニックのデニスA.コルテーゼ会長は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無料医療に長蛇の列/米国医療事情 医療制度改革

 多くは新しい歯を求めて来たが、血圧チェック、マンモグラフ、予防注射、痛みの鍼治療に来た者もいる。南ロサンゼルス近郊は医療が不充分な地域であり、近くでできると知らせが来れば直ちに広まる。  地域に移動医療を提供するNGOが企画し、2日目の水曜日は夜中過ぎから数千人が並び、無料の歯科、内科、眼科の治療が行われた。  巨大なMASHユニ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

英国医療に対する海外駐在員の意見/医療制度改革 オバマ政権

英国医療に対する海外駐在員の意見  距離をおいて客観的に見ると、米国の政治的な討論が騒々しい誤った情報をもった論客によりなされているように見えるときがある。有名な物理学者スティーブン・ホーキングがオバマ大統領と議会による医療制度改革提案についての討論に巻き込まれた例がその一つである。  67才のホーキング氏はルー・ゲーリック病であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国での英国医療制度批判/米国医療事情 オバマ政権 医療制度改革

 米国の医療改革議論が議会の夏休みにヒートアップし、反改革派は大西洋の向こう側の英国医療制度に批判の矛先を向けている。  米国がそうしたモデルを採用すれば起こる警告としてNHS(英国国民健康保険)への攻撃をInvestors Business Daily (IBD)が始めた。「英国は治療制限により医療費を抑制しておりその結果は伝説とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国ではケネディ上院議員の脳腫瘍治療はできない?/米国医療事情 医療制度改革

 英国ではケネディ上院議員が脳腫瘍治療は受けられないと聞いたと共和党グラスリー議員が言及したことで、英国の医療制度を違う戦いの渦中に入れてしまった。  国際的な視点は強硬な方針を巧妙に立てる時に不可欠であるが、現在の医療制度議論においては池の向こう側を見ることは両国の医療政策をより悪化させることになる。  英国人は米国の医療制度につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革への増大する批判/米国医療事情 オバマ政権

 民主党が推進する医療制度改革への増大する批判に対して、オバマ大統領は勢いを取り戻そうと努力している。しかし、膨大な連邦の赤字を前に難局を迎えている。7月だけでも1800億ドル増加して1兆2700億ドルとなり、赤字は年度末に向かい2兆ドルに近づいている。  初期費用だけでも1兆ドル以上かかり、誰がそれを払うのか、子や孫が払うことになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革の追加負担を恐れる州知事たち/米国医療事情 オバマ政権

 メディケイドの制度破綻は多くの指標に現れているが、その一つがストッキングである。  州予算の削減により、血流を維持し足の潰瘍の悪化を予防するストッキングの代金は支払えないと州メディケイドからの連絡が77才の退職した栄養士Ms. Baugh にあった。1組あたり239ドルのストッキングは、彼女が暮らす毎月の社会保障費の3分の1以上にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革法案が下院委員会を通過/米国医療事情

 約1兆ドルの医療制度改革問題を残したまま、下院メンバーは金曜日に帰郷した。しかし、もっと多くのアメリカ人に医療保険を提供しようとする合意形成の始まりに至りつつある。  下院のエネルギーと商業に関する委員会で、アメリカ人の約95%に健康保険を付与する医療制度改革法案が通過した。金曜日の午後、民主党の5人と共和党23人全員が反対にまわり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試されるオバマ大統領の政治力/米国医療事情 医療制度改革

試されるオバマ大統領の政治力/米国医療事情 医療制度改革  米国での生放送の記者会見で医療制度改革についての計画への支持を訴えた。  アメリカ人は議会のリーダーシップを期待していると述べた。数十年もの間、ワシントンが解決することに失敗した問題の重荷を背負わされているのは普通のアメリカ人である。コストを下げ、全てのアメリカ人が期待でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党議員の不安/米国医療事情 医療制度改革

 オバマ大統領の提案に沿って、医療制度改革のための立法に取り組んでいる5つの議会委員会のうちの3つは今週法案を通した。こうした成功を祝福するというより、多くの民主党員は不安で神経質で防御的となっているには、3つの理由がある。  (1)議会予算局が、医療費の増大を止められないだろうと警告している。(2)重要問題が超党派の方法を模索できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療制度改革法案 上院保健委員会で可決/米国医療事情

 米国オバマ大統領は医療制度改革法案を承認するために上院保健委員会での採決結果を説明した。8月始めまでに議会での可決を求めている。委員会法案では約6,000億ドルの費用でアメリカ人の97%までカバーする予定である。水曜日の採決で法案を可決した最初の議会委員会となった。4つの他の委員会でも法案審議中である。3つの下院委員会は火曜日に共同提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下院民主党案 富裕層への課税で医療制度改革/米国医療事情

 下院民主党リーダーらは火曜日に、医療制度改革法案の詳細を公表した。メディケア医療費高騰を抑制し、高所得者の増税をし、被雇用者に保険提供しない雇用者に罰金を科して、ほとんどのアメリカ人に保険提供する。  オバマ大統領が国内問題の最優先事項として民主党リーダーに要請し、今週3つの議会委員会は投票計画を発表した。  2011年以降、年収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主役となれない議会内の医師たち/米国医療事情 医療制度改革

主役となれない議会内の医師たち  医療制度改革の努力が続けられる中で、上下院に16人いる医師たちは、リングサイドの席に座ったまま試合終了時間になってしまいそうである。  医師としてはそれぞれ違った経験を持ち、法案がどうあるべきかについての合意を得ることができない。「医師は非常に個人主義である」とテキサス共和党で産科医のMichael…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今秋のブタインフルエンザ逆襲に警告/新型インフルエンザ オバマ政権

 オバマ政府はこの秋にブタインフルエンザの猛烈な逆襲に対して準備するようにと木曜日にアメリカ人に対して警告を発し、10月からワクチン接種を開始し、州や病院に対して資金援助を行うと発表した。  8月に試験が始まる予定のワクチンの安全性と効果が証明されれば10月から接種開始となる。しかしその時点では1,000万人分にすぎず、誰から優先して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富裕層への増税で医療改革 下院民主党案/米国医療事情 オバマ政権

 歳入委員会委員長は、下院民主党は富裕層への5500億ドルの所得税増税により医療制度改革の資金とする予定だと金曜日に述べた。総所得が個人で28万ドル、家族で35万ドル以上について付加税を要求し、医療改革立法の資金の約半分、10年間で約5500億ドルを生み出そうという。残りの資金はメディケア医療費の削減などによりカバーしようとしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康保険があっても破産する恐怖の医療制度/米国医療事情 医療制度改革

 健康保険は医療と家計を守ってくれるものと思われているが、病気やけがによる医療費で破産をした人の約3/4は保険を持っていたという。  無保険のアメリカ人数千万人をカバーしようとワシントンで努力が続けられているが、医療政策専門家は単に保険証を配るだけではシステムの不具合を修正したことにならないと言う。  あまりに多くの人がわずかな保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆保険に近づけながら10年で1兆ドルまで削減したバウカス案/医療制度改革 オバマ政権

 上院民主党はほとんど全てのアメリカ人を保険カバーしながら、医療費の1/3以上を削減し10年間で1兆ドルとする方法が見つかったと木曜日に述べた。オバマ政権での一番の権威であるモンタナ民主党で上院財務委員長のマックス・バウカスは、新たな方針オプションが立法実現可能なルートを提供すると言った。しかし独立記念の1週間不在となるようである。民主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more