テーマ:グルメ

アイスティーで腎結石の危険

アイスレモンティーならどうだろうか? ----------------------------------------------  40才以上の人で腎結石のリスクを下げたいと思えば、アイスティーを避けてレモネードを飲むと良い。腎結石は米国人の10%に起こり男性が女性の4倍大きいリスクを持ち、40才以上で急激に増加する。腎結石の構成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母乳の味と香りが子どもの食生活に影響

母乳の味と香りが子どもの食生活に影響  母親が食べるものは母乳の味に影響するだろうか?  デンマークで風味カプセルを飲んだ18人の母乳中の成分を検査した。カンゾウやキャラウェイは2時間後にピークとなったが、ミントは母乳濃度が低くピークは6時間後だった。バナナ味は母乳で検出されなかった。  母乳と子供の未来の食事習慣の間の関係につい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハラペーニョからサルモネラ菌検出/米国

 メキシコで栽培され、テキサスで処理されたハラペーニョ(青唐辛子)から、ここ数ヶ月にわたり1,200人以上の感染者を出したサルモネラ菌が陽性に出たと、FDAから発表された。  生のハラペーニョとセラーノコショウは食べないようにと要請している。  陽性と判明したハラペーニョはテキサス州マッカレンにある Agricola Zaragos…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニアでトランス脂肪酸使用禁止へ

 議会を通過したため、シュワルツェネッガー知事がゴーサインを出せば、カリフォルニア州がトランス脂肪酸禁止の初めての州となる。  かつてはバターより健康的だと言われたが、過去10年の研究で健康に有害で、LDLコレステロールを上昇、HDLコレステロールを低下させ、冠状動脈性心臓病のリスクを増大させると医学的に証明されている。 -----…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

体重とコレステロールには低炭水化物ダイエットが最も有効

 Atkins diet の証明。低炭水化物ダイエットと地中海ダイエットは、減量テクニックを比較するための最も長期で大規模な研究の1つにおいて、伝統的な低脂肪食よりむしろ体重を減らすのを手助けするとわかり、コレステロールの改善も良かった。  低炭水化物ダイエット、低脂肪食、地中海ダイエットはいずれも減量を達成し、コレステロールを改善…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FDA トマトに対する警告を解除/米国

FDA トマトに対する警告を解除。  しかしまだこれから、米国での過去10年で最大の食物由来の感染流行の原因をピンポイントで探す必要がある。  高齢者や乳幼児、免疫力の弱い人は、ハラペーニョとセラーノコショウを食べないようにとしている。 ------------------- サルモネラ 1000人以上、最大規模の食物由来流行感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルモネラ 1000人以上、最大規模の食物由来流行感染に/米国

 4月に始まって以来、41州、1,017人がサルモネラ菌感染症を発症し、米国で最大規模の食物由来の流行感染となった。CDCによれば6月1日以降に300人が発症した。  80代のテキサス人が1人死亡し、さらにガンで亡くなった60代のテキサス人がサルモネラ菌感染をおこしていた。  ニューメキシコとテキサスでの流行の初期の調査では汚染のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EU 学校で無料の果物・野菜を提供へ

 欧州委員会は子供の肥満を減らすために、EU全体で学校で無料の果物と野菜を提供する計画を立ち上げた。  年間9000万ユーロ(7100万ポンド;1億4100万$)を使う計画である。EUの約2200万人の子どもが体重増加、500万人が肥満であり、毎年40万人増加している。WHOは一日一人400gの果実と野菜を摂取するよう推奨しているが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマトからハラペーニョ(青唐辛子)の疑惑へ /米国 サルモネラ

 サルモネラ菌調査はトマトからハラペーニョ(青唐辛子)に。メキシコからの輸入品を調査中。  メキシコ国境の輸入ハラペーニョの積み荷をテストしている。  FDA、CDCは、サルサの成分として、トマト、コリアンダー、セラーノコショウが候補に挙がっている。  感染者数は900人を越え、40州に広がった。  人々はFDAのお粗末な対応に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーが多発性硬化症を予防する可能性

 マウスの実験で1日6-8杯のコーヒー相当のカフェインにより多発性硬化症の発症が抑えられるという。カフェインが神経系の障害を防止するようだと報告された。  一方で、コーヒーは多量では糖尿病を悪化させるとして、1日5杯までと推奨されている。  多発性硬化症MSに似た実験的自己免疫性脳脊髄炎EAEと呼ばれた病気マウスを使って行われた。カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマト農家の落胆 業界は議会に調査を要求/米国 サルモネラ

 この夏、トマト農家は収穫したものを包装工場で腐らせるしかなかった。サプライチェーンは1億ドルもの損失を出し、未だに原因を突き止められない政府の対応の調査を議会に要求している。マクドナルド、ウェンディーズ、Yum Brands は最近数週でメニューのいくつかでトマトを復活した。現在、最も大きなバーベキュー週末にもかかわらず、今年の夏のシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイカにバイアグラ類似効果あり

 スイカの肉と皮の中に含まれるとわかり、シトルリンは大量に消費される時に酵素と反応し、アルギニン(心臓と循環の、そして免疫系に役立っているアミノ酸)に変わる。アルギニンは一酸化窒素を増加させ、血管をリラックスさせる(バイアグラと同じ基本的な効果)。副作用なしで血管をリラックスさせる大きな方法である。一酸化窒素は狭心症、高血圧、および他の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染トマトによる感染者は552人に/米国 サルモネラ

 6/20 汚染トマトはフロリダとメキシコの農場から来たと発表されたときに、感染者が552人に増加していた。CDC(米国疾病管理・予防センター)の最新データでは、4/10 以来、テキサスで265人が発症した。少なくとも53人が入院した。FDA(米国食品医薬品局)は週末に検査チームをフロリダとメキシコの農場に送った。  サルモネラ菌の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマトに関連したサルモネラ感染報告の増加/米国

 増加するトマトに関連した特異なサルモネラ菌感染症。  30州とコロンビア特別区、4月以来で383例の報告となった。2日前には28州、277例であったが増加し続けている。多くは新たな感染というわけではなく、監視や検査法の改善による。しかし、流行が終息したとは思われていない。トマトがメキシコまたはフロリダから来た「高い可能性」があるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーが寿命を延ばす?

 ハーバード大とマドリードの研究者による新たな研究で、20年以上1日6杯以上コーヒーを飲み続けても、体に悪いどころかむしろ寿命を延ばすという。  米国は2006年末の3ヶ月だけでも約600万袋のコーヒーを輸入した。従って、赤ワインやダークチョコレート同様に良い研究対象となっている。研究によっては異なる結果が出ているのも事実である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FDA「食の安全」計画の失敗/米国

 FDA「食の安全」計画の失敗  FDA食品医薬品局は国家の食品供給を保護するという自らの計画の多くを実行することに失敗したと、議会調査官の報告が木曜日に発表された。  11月にFDAが出した「食物保護計画」のほとんどを実行に移さなかった。2008年4月に出すとした中間報告も未だ公にされていない。食物会社数が増加したのに検査数が減少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマトの汚染源不明のまま、被害は23州に拡大/米国 サルモネラ

 汚染トマトの原因は不明のまま、被害は23州に拡大  フロリダ中央部とメキシコ州にまで焦点を絞っているがどの農場由来かは未だ特定できていない。サルモネラ菌の稀なタイプによる汚染は23州228人へとさらに拡大した。  複数の農場や供給業者から大量に集められるため、調査が迅速にできていない。FDAが食品加工工場の検査を増やし、FDAに広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オメガ3脂肪酸が加齢黄斑変性症のリスクを減らす

 加齢黄斑変性症(AMD :Age-related Macular Degeneration )  魚の油に多いオメガ3脂肪酸が、加齢黄斑変性症のリスクを1/3減らすとのメルボルン大からの報告。英国では50万人の患者がいると推計されている。網膜中心の黄斑部が薄くなり出血する進行性の病気で、多くは60才を過ぎると視力を失う。  オメガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクドナルドなど 全米でトマト使用一時中止/米国 サルモネラ

 いくつかの食料品店とファーストフードレストランで、16州にまで広がったサルモネラ菌感染をうけて、スライス・トマトを店頭から引き上げ始めた。  FDAより米国内で145例のサルモネラ感染症の発症があり、23人が入院となったと発表があり、マグドナルド、サブウェイ、バーガーキング、チポトレは、それレストランからトマトを引き上げる計画を発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母親の食事が生まれる子供の性別に影響

 妊娠前の母親の食事が子供の性別に影響するという英国の研究。食欲旺盛でバナナのようなカリウムが豊富な食物を食べ、朝食を抜かないことで、男の子を産む確率が高くなる。試験管内妊娠で、男の胎児は栄養豊富な状態で最も長生きすると不妊治療の専門家は言う。  毎朝食にシリアル1杯を食べると、週1杯の女性より87%多く男の子が生まれる。英国では典型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低炭素ダイエットで減量を

 低炭素ダイエットで減量を  米国カリフォルニア州、レッドランズ大学のカフェテリアには、食事メニューに低炭素オプションがある。「電球を交換したら、さあ、昼食を変更しよう」というポスターがあり、温室効果ガスの問題に対処するようにと呼びかけている。  世界全体でみると、家畜は18%の温室効果ガスを排出していて、交通運輸部門の排出より多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セレブにA型肝炎ワクチン接種を

 バーテンダーがA型肝炎発症したため、ニューヨーク保健当局は、デミ・ムーアやマドンナなどのセレブも含めバーを訪れた数百人に対してワクチン接種を勧めた。2月7-8日、11日にマンハッタンのウェストヴィレッジ Socialista を訪れた人はワクチンを受けるようにと声明があった。2月7日にデミ・ムーアの15才年下の夫カッチャーの30才の誕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒コショウが白斑に有効

 黒コショウの成分のピペリンが皮膚の色素増加を刺激することがわかり、皮膚が色素を失って白くなる病気である白斑の新たな治療となる可能性がある。  尋常性白斑Vitiligo は100人につき約1人発症する病気で、副腎皮質ステロイドを皮膚にぬり、紫外線による光線療法を行うが、ステロイドに反応するのは1/4以下であり、紫外線治療では色素化が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染されたペットフードで犬猫数千匹が死亡で起訴/米国

 米国の食品輸入会社とそのオーナーおよび2つの中国企業が、汚染されたペット用の食品成分を輸入、製造販売し数千匹の犬猫を殺した罪でカンザスの連邦大陪審に起訴された。  FDA食品医薬品局は、約1,950匹の猫と2,200匹の犬が殺されたと概算している。数百万人のペット・オーナーが昨年のペットフード・リコールとなったときの心配を思い出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FDA検査官を海外派遣/輸入食品・医薬品 日本では/中国製ギョーザ

 米国FDAは、ますます増加する輸入食品や薬品を調査するために、生産している発展途上国に検査官を送ると発表した。中国・インド・中南部アフリカ・中東などにも送るという。製薬工、場や臨床試験サイトを検査するために、既に毎年数十カ国に派遣している。保証が与えられるような検査態勢を整えたいという。  現在、輸入品の1%未満が検査されているにす…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

肉の燃費 カムリからプリウスへ

 店にいつもあり米国人が誰でも安く豊富に日常楽しんでいるものが資源消費の元である。それは油ではなく肉である。  肉に対する需要はますます増加し家畜生産工場で生産が加速されている。肉の生産は莫大な量のエネルギーを消費し、水を汚染し温室効果ガスを発生させ、トウモロコシ・大豆・穀物の需要を増加させ、熱帯雨林を破壊している。  ブラジル大統…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水銀による健康障害

 最近数年、水銀濃度の上昇が神経疾患だけでなく成人の心血管系疾患に関連する可能性があるとの研究結果がでてきた。2002年、心臓発作をおこした人の水銀濃度はそうでない人より15%高いとNEJMに報告された。魚の摂取でDHAによる心臓への良い効果が水銀により打ち消されてしまうという結果であった。  低濃度の水銀でも、機敏さや集中力に影響し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグロ寿司に高濃度の水銀/ニューヨーク

 20のニューヨークの店とレストランでの調査で、週に6個のマグロのすしを食べるだけでも、環境保護局EPAの許容値を超えてしまうほどの濃度の水銀を含んでいるとわかった。  20にうち5ヶ所の寿司からは非常に高濃度の水銀が検出されたため、食品医薬品局FDAは市場から排除するための法的手段をとることができた。3週間に1回以上は摂取すべきでな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランス脂肪酸 依然として大量使用/米NY

 ニューヨークの一部のチェーン店では依然としてトランス脂肪酸が多量に使用されているという。Wendy やKing Burger といったファーストフード店でのフライドポテトに使用されている(それぞれ 3.7g, 3.3g)。一方、McDonald は少量0.2g だった。 トランス脂肪酸については、このブログで以前紹介した。 ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more