テーマ:医療

米国退役軍人の自殺率が上昇し、65分ごとに1人死亡

米国退役軍人の自殺率が上昇し、65分ごとに1人死亡。  米国政府によるこれまでで最も大規模な研究によれば、以前考えられていたよりも多くの退役軍人が1日22人の割合で自殺している。以前の研究では1日18人とされていた。1999年~2010年の調査結果が金曜日に発表され、69%が50才以上であった。 ----------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療費が退職後の希望を打ち砕く/米国医療事情

医療費が退職後の希望を打ち砕く  退職後1年、コンセプシオン氏の腹痛で発症した腹部の腫瘍は悪性ではなかったが、膵・胆・腸・胃を部分切除し消化器系の大幅な再構築を余儀なくされた。医師の請求書は7日間の入院費用を含まないで25万ドルを超えていた。入院費用の70%は割引されることになったが、医師と手術費用がカバーされるかはわからない。妻は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不眠症治療薬マイスリーへの警告/米国医療事情 FDA

不眠症治療薬マイスリーへの警告 FDA  よく使用されている不眠症治療薬マイスリーを服用すると翌朝の運転や覚醒度の支障となる可能性があるので就寝時の服用量を減らすようにとの勧告をFDAが出した。女性で影響が出やすい。  FDAによれば、不眠症のすべての薬剤がそうした副作用の可能性があるという。 ----------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公立病院ERでの鎮痛薬処方を制限/米国医療事情・ニューヨーク

 ニューヨーク市の11の公立病院ERで、よく使用される処方鎮痛薬のいくつかが使用制限となると、ブルームバーグ市長が発表した。  バイコディンやパーコセットのような麻薬性鎮痛剤を3日以上の処方が受けられなくなる。オキシコンチンやフェンタニルパッチ、メタドンなどはすべて処方されなくなる。  市当局によれば、薬物乱用の増加を抑制し、路上売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代ローマの難破船から発見された錠剤の成分が判明

2000年前の地中海難破船から発見された錠剤の成分が判明  イタリア沖で古代ローマの難破船から発見された6個の錠剤が、動物および植物性脂肪、松脂と亜鉛化合物を含んでいることがわかり、眼の感染症に使用されていた可能性があるという。ピサ大学の化学のMaria Perla Colombini教授のチームによれば、他種類の成分を含み、オリーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人医師の研修を厳格化/英国医療事情

外国人医師の研修を厳格化  外国人医師の懲戒処分が多いことで評価を厳格化するという。新たな評価プログラムが2013年から始まる。英国での医師登録の前に臨床的な技術と能力を実証しなければならない。  さらに今月から、再認証という評価の新システムも始まった。英国内のすべての医師は、患者、医師、看護師、他の同僚からの年次評価とフィードバッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノロウイルス感染症が83%増加/英国医療事情

ノロウイルス感染症が83%増加/英国医療事情  イングランドとウェールズでは夏以降88万人に発症し昨年に比べ83%の増加である。健康保護局によれば報告例は氷山の一角に過ぎないだろうとしている。伝染性が強く、病院・学校・介護施設などの閉鎖環境で急速に広がっている。ノロウイルスによる病床の閉鎖が2%だった。  最新のスコットランドの報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高地での睡眠時無呼吸症候群の症状軽減にアセタゾラミドが有効

高地での睡眠時無呼吸症候群の症状軽減にアセタゾラミドが有効  高山病の治療に使用されているアセタゾラミドを(Diamox)が、8000フィート(2500m)以上で睡眠障害を持つCPAP使用患者の夜間酸素レベルを向上させた。  夜間の酸素飽和度はコントロール群の89%に対して91%と良好で、無呼吸回数も減少した。 -------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療従事者による予算削減・民営化に反対のデモ/スペイン医療事情 マドリッド

医療従事者による予算削減・民営化に反対のデモ/スペイン医療事情 マドリッド  スペインの首都マドリッドで、公立病院・医療センターの民営化と、予算削減に抗議して先月よりストライキに突入中の医療従事者数千人が日曜日にデモ行進をした。  地方政府が10月に出した6つの病院と数十の医療施設を民営化する計画をすすめることに反対する3回目のデモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同学年でも若い生徒ほどADHD治療薬の処方割合が高い

 同じ学年でも、生まれが遅いものほど標準化テストで成績が悪く、ADHD治療薬を処方されている割合が高い。5才の子どもにとっては1年間は年齢の20%を占めることであり、学業や行動上の問題を有するとされたものは生まれた月の違いが単なる遅れの可能性がある。  低学年ほど格差があり、4年生では、生まれた月が遅い方の1/3は標準化テストで80-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脂肪酸でてんかんを治療

脂肪酸薬でてんかんを治療  脂肪を体内で利用するときにできる物質が新たなてんかん治療薬となるかどうかを研究中である。ケトン食療法は難治性てんかんにしばしば有効であるが、副作用が問題となる。ケトン食療法で有効な脂肪酸を特定することで有効な薬剤を開発できる可能性がある。脂肪酸の一部はバルプロ酸をしのぐ効果を示すばかりか副作用も少なかったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児科と産婦人科 18年連続で減少

小児、産婦人科18年連続減=医師数トップは高知-厚労省調査 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012112000694  病院の小児科と産婦人科(産科)が18年連続で減っていることが20日、厚生労働省の2011年の全国調査で分かった。同省は「医師不足や少子化の影響とみられ、産婦人科は訴訟リスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師不足による医療崩壊/米国医療事情

 米国では高齢者の増加により、2025年までに52,000人の家庭医が必要となる。医療改革法案 Affordable Care Act により3800万人に医療保険が拡大されることも影響している。  2011年に17,364人の医師が医学校を卒業したが、プライマリ・ケアを担おうとする医師は極めて少ない。家庭医になる選択をした医師は20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クローン病の寄生虫療法

 2500個の寄生虫卵(ブタ鞭虫)を2週間に1回、3ヶ月間服用する。効果は劇的という。  クローン病は消化管に対する自己免疫疾患で、下痢や腹痛、出血、感染を起こす。  寄生虫が宿主の免疫機能を阻害すると考えられている。  欧米で衛生状態の改善に伴いクローン病が増加してきた。寄生虫や有益な細菌を排除したことが免疫疾患を増加させたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラセーボ効果は遺伝子の違いによる

 米国で過敏性腸症候群(IBS)の患者104人に対して、いわゆる"プラシーボ効果"を調べたところ、COMT遺伝子の特定の変異を持つ人は、プラセボ鍼治療後に症状の改善を見た。もし本当なら、臨床実践に重要な影響を与える可能性がある。  トリノ大学医学部の神経生理学教授ファブリツィオ・ベネデッティは、ドーパミンはプラシーボ効果に関与する唯一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの咽頭感染症による入院治療が増加/英国医療事情

子どもの咽頭感染症による入院治療が増加  1999~2010年のインペリアル・カレッジ・ロンドンでの研究によれば、咽頭感染で入院した子どもは最近10年間で76%増加した。ただ、ほとんどの子どもは短期間で退院しているので、重症感染が増加したわけではない。医師と最大待機時間へのプレッシャーが入院理由の背後にある。扁桃腺摘除術はその間減少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHDと妊婦の水銀暴露が関連

ADHDと妊婦の水銀暴露が関連  1993~1998年に妊婦400人の出産後10日の頭髪水銀を測定し、子どもが8才になった時点でのADHD症状、認知能力テストを施行したブリガム・アンド・ウィメンズ病院の研究から判明した。どのくらい魚を食べられるかということよりも、水銀の少ない魚を食べるようにすることが重要である。 -------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他の薬剤も汚染し真菌性髄膜炎発症か/米国医療事情 FDA

他の薬剤も汚染/真菌性髄膜炎 FDA  15人が死亡した原因となったステロイドとは異なる製品から髄膜炎発症。  マサチューセッツ州のNew England Compounding Center (NECC)製の心臓病薬の投与を受けたのちに髄膜炎に感染したとFDAが発表した。  メチルプレドニゾロンと関連してさらに9人が真菌性髄膜炎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の腹痛に対しての救急CT検査が急増/米国医療事情

小児の腹痛に対しての救急CT検査が急増/米国医療事情  小児の救急受診の6.0%が腹痛であるが、CTスキャン検査が1998年に0.9%であったのが2008年には15.4%に増加した。超音波や単純Xpは変わりない。年齢が高い男子の割合が高く、白人に比べ黒人は半分の検査率である。2006年~2008年は変化していない。 ----…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FDAは人気のジェネリック抗うつ薬の自主回収を求める/米国医療事情

FDAは人気のジェネリック抗うつ薬の自主回収を求める  FDAは人気の抗うつ薬Wellbutrin XL 300のジェネリック薬品Budeprion XL 300の承認を取り消し、自主回収を求めた。  2007年からジェネリックに切り替えた患者からの苦情が出ていた。テバ製薬が販売している。  有効成分は同一だが、溶出速度が異なり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステロイド注射に関連した致死性の真菌性髄膜炎が急増/米国医療事情

ステロイド注射に関連した致死性の真菌性髄膜炎が急増/米国医療事情  CDCによれば9州で91人が発症し7人が死亡したという。ミシガンで20例、バージニアで18例となった。マサチューセッツのNew England Compounding Center社が、7~9月にかけて23州の76施設にメチルプレドニゾロン酢酸17676バイアルを出荷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自閉症の定義変更による影響はそれほど大きくない/米国医療事情 DSM5

DSM5 による自閉症の定義変更による影響はそれほど大きくない  先行研究によれば、現在、 "自閉症スペクトラム"の子どもたちの45%以上が新しい定義では含まれないであろうと推定していたが、新たな研究によれば、除外の割合は10%に近いという。  提案された基準が狭くなっていると自閉症の診断は少なくなる可能性が高いと思われるが、新たな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児期の抗生物質暴露が炎症性腸疾患(IBD)と関連

小児期の抗生物質暴露が炎症性腸疾患(IBD)と関連  Antianaerobic抗生物質は、ペニシリン、アモキシシリン、アンピシリン、ペニシリン/β-ラクタマーゼ阻害剤の組み合わせ、テトラサイクリン、クリンダマイシン、メトロニダゾール、セフォキシチン、カルバペネム、経口バンコマイシンと定義した。  Antianaerobic抗生物質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイルスでニキビを退治する

ウイルスでニキビを退治する  皮膚に住むファージと呼ばれるウイルスが、プロピオニアクネスというニキビの原因菌を殺す治療薬として使用できる可能性があるという。  毛包が皮脂で閉塞し、皮膚に住む普段は無害な細菌プロピオニアクネスが感染してニキビが引きおこされる。  ファージがエンドリシンと呼ばれるタンパク質を作る遺伝子を持ち細胞壁を破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院は崩壊の危機/英国医療事情 NHS

病院は崩壊の危機  イングランドの病院では需要の増加と病態の複雑化により崩壊の危機に瀕していると医師たちは警告している。  The Royal College of Physicians王立内科医協会のレポートによれば、病床数は過去25年間で1/3に削減された。  一方で救急入院が増加し、様々な症状の高齢者が入院している。  ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多発性硬化症の経口治療薬Aubagio FDAが認可

多発性硬化症の経口治療薬Aubagio FDAが認可  サノフィのMS経口治療薬が水曜日、FDAにより認可された。  臨床試験では再発率が約30%低下した。メルクの注射薬Rebifより優れているわけでなかったが、副作用は少なかった。  副作用を心配して治療を受けていない35-40%の人に受け入れられることが期待されている。  M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性の半数に睡眠時無呼吸/スウェーデン医療事情

女性の半数に睡眠時無呼吸  新たなスウェーデンの研究で、20-70才の400人の女性に対する終夜睡眠テストの結果、半数が軽度から重度の睡眠時無呼吸があると判明した。10秒以上の無呼吸が1時間に5回以上みられた女性が半数あった。睡眠時無呼吸症候群の2つの危険因子である高血圧や肥満のある女性では80-84%にみられた。年齢別にみると、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚の寄生虫で自己免疫疾患を治療

豚の寄生虫で自己免疫疾患を治療  関節リウマチやクローン病などの慢性疾患に対して、豚の寄生虫の卵を飲むと効果があるとしたら?  マサチューセッツ州のコロナド・バイオサイエンス社は、新たな自己免疫疾患の治療を開発中である。豚の糞から集めた寄生虫の卵数千個である。豚では成熟した寄生虫まで成長する。人に投与した場合ではかろうじて2週間生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性用ピルの開発

男性用ピルの開発が近づく  女性用の経口避妊薬は何十年も前から使用されているが、男性用はまだである。  マウスでの最新の米国の研究では性欲を妨げずに一時的に不妊になることが示された。精子の生成に重要なタンパク質を標的とした薬剤はJQ1と呼ばれる。研究開発の課題の一つは血液から精巣への運搬にあった。  従来の開発アプローチは男性ホル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more