テーマ:栄養

コーヒーが口腔がん死亡リスク低下に関連

コーヒーが口腔がん死亡リスク低下に関連  全く飲まない人に比べて1日4~6杯のコーヒーを飲む人は、口腔咽頭がんの死亡リスクが50%も低かった。  リスク低下とカフェイン抜きのコーヒーとはかろうじて関連あったが、紅茶との関連はなかった。  機序は不明だがコーヒーは抗がん作用を有する化合物を含んでいる可能性がある。 ------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラボノイドを多く摂取する女性は胃がんのリスクが低い

 欧州の研究によると、食品からフラボノイドを多く摂取する女性は胃がんのリスクが低かったが、男性ではその傾向はなかったという。  フラボノイドが多い食品としては、果物、野菜、全粒穀物、ナッツ類、豆類やそこから作られる紅茶、チョコレート、ワインなどの製品がある。赤色加工肉を減らした食事を併用することは、胃がんの発症を減らす良い方法であると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚油は加齢現象を遅らせる

魚油は加齢現象を遅らせる  適度な運動と魚油により高齢者の活動性を維持できるということが、アバディーンの英国科学フェスティバルで公表された。  健康を維持しても筋肉量は年間0.5~2%減少する。このプロセスはサルコペニアと呼ばれ、高齢者が弱って動けなくなることにつながっている。  英国でのサルコペニアの有病率はわからないが、米国で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満対策で炭酸飲料の大きさ制限へ/ニューヨーク

 木曜日、ニューヨーク市の健康委員会は、レストラン、街路カートや映画館で16オンス(473ml)以上の炭酸飲料や他の甘い飲み物の販売の禁止を、承認した。米国内では、加糖飲料のその種の最初の制限となる。 ------------------ ソフトドリンクに課税/サンフランシスコ http://kurie.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有機食品はビタミンや栄養素に関して優れているわけではない

有機食品はビタミンや栄養素に関して優れているわけではない  果物、野菜、穀物、肉、家禽、卵と牛乳についての200の研究をレビューした結果である。  米国の農業基準によると、有機農場は、合成農薬や化学肥料、ホルモンや抗生物質の使用を避けなければならないう。  残留農薬は従来の農産物では1/3以上検出されるが、有機農産物では7%だ。有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜市で販売の牛肉から規制値超える放射性セシウム

牛肉から規制値の3倍近いセシウム 岐阜で販売 http://www.asahi.com/national/update/1020/NGY201110200008.html 2011年10月20日17時24分  岐阜市は20日、市内の業者が販売した宮城県産の牛肉に暫定規制値の3倍近いセシウムが含まれていたと発表した。9月2日までに消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンマークで「脂肪税」導入

デンマークで“脂肪税”導入 10月3日 12時9分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111003/t10015997241000.html  北欧のデンマークで、国民の健康を改善するためとして、飽和脂肪酸を一定の割合以上含むバターやチーズなどの食品に対して、「脂肪税」として課税する制度が今月か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニア産レタスをリステリア菌汚染疑いでリコール/米国 FDA

 カリフォルニアの農場がカットのロメイン・レタスの90カートンをリステリア菌汚染の可能性があるとしてリコールした。  リステリア菌は米国での食物リコールの頻繁な原因であるが、FDAはコロラドのカンタロープ・メロンとの関連はないとしている。  9月12日から13日にオレゴン州の配送会社によりワシントンとアイダホに出荷されたロメインレタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収穫前のコメ、規制値上限のセシウム検出/福島 二本松

二本松産米:「何かの間違いでは」農家に動揺 規制値検出 http://mainichi.jp/life/food/news/20110924k0000m040089000c.html  「何かの間違いではないか」。新米の予備検査で国の暫定規制値と同じ1キロ当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出された福島県二本松市で、稲作農家の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い果肉の果物や野菜が脳卒中の予防に役立つ

 白い果肉の果物や野菜が脳卒中の予防に役立つ可能性があるという。  りんご、洋ナシ、バナナ、カリフラワーをたくさん食べる人が脳卒中リスクを52%減少させるが、機序はまだわかっていないとオランダの研究者は言う。  2万人以上の成人を10年間追跡した研究で、果実と野菜の色と脳卒中リスクとの関連を調べたものである。  その結果、白い果物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツとフランスの大腸菌感染流行はエジプトからの種が原因

 欧州疾病予防制御センターECDC はドイツとフランスの大腸菌感染流行はエジプトからの種が原因の可能性があると発表した。「多くの不確実性」があるが、2009年と2010年のコロハの種の輸入が「両方の流行に関連していた」という。  ドイツでの流行では4,000人以上が発症し、48人が死亡した。南ザクセンのBienenbuettelの豆も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国の農場が販売した種がフランスでの大腸菌感染流行に関連

 英国の農場が販売した種がフランスでの大腸菌感染流行に関連している可能性があり当局が調査中である。ボルドーで10人が感染したとAFPが報じた。  トンプソン&モーガンによって売られた種から栽培したロケットとマスタードの野菜芽を食べたとされている。会社は関連を否定し、食品安全管理局(FSA)は英国では報告がないとしている。しかし、アルフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

給食食材の放射線測定実施へ/横浜市

横浜市、給食食材の放射性物質測定 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4752356.html  横浜市は、市内の小学校の給食に使われる野菜などの食材について、16日から放射性物質の測定を始めました。  放射性物質の測定の対象となるのは、横浜市にあるおよそ350校の小学校の給食で使用さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの新型大腸菌感染 モヤシが原因

O104感染源「新芽野菜の可能性高い」 ドイツ当局 http://www.asahi.com/international/update/0610/TKY201106100548.html 2011年6月10日21時16分  ドイツ北部を中心に感染が広がった腸管出血性大腸菌O(オー)104について、ドイツの連邦保健省など衛生当局は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツでの大腸菌感染流行で新たな展開

 ドイツでの死者は増加し世界で最も重大な大腸菌感染症流行となったが、流行は治まっているのかどうかや原因が何であるかといった点で新たな矛盾が浮上している。  5月1日に発生して以来当初ドイツ当局は発生の原因はスペインからのキュウリ、トマト、レタスのせいにした。その後、先週末には北ドイツのもやしの可能性に注目していると切り替えた。  し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸菌汚染キュウリによる感染症で14人が死亡/ドイツ

大腸菌汚染キュウリによる感染症が増加  キュウリに関連した致死性大腸菌感染はさらに増加するだろうという。  ドイツで14人が死亡し、数百人が発症している。スペインからのキュウリが原因と考えられているが、スペイン当局はいつどこで野菜が汚染したかが不明瞭だとしている。  ドイツの国立研究所ロベルト・コッホ研究所(RKI)によれば、32…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コーヒーが前立腺ガンのリスクを減らす

 約5万人の米国男性の研究によれば、コーヒーは前立腺ガンによる死亡リスクを減少させるという。6杯以上飲む人は発症率が20%低いとわかった。さらに、転移する侵襲性の高いタイプの発症リスクは60%減少する。  しかしながらまだ不明瞭な問題もあり、前立腺ガンを防止するためにコーヒーを飲むことは勧められないという。  米国の約48,000人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出荷停止ホウレンソウを70人に販売 パルシステム生協

ホウレンソウ農家証言、出荷停止知らず http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4706187.html  国により出荷停止とされた千葉県・多古町のホウレンソウが流通していた問題です。出荷した農家がJNNの取材に応じ、「出荷停止がかかっていることは全く知らなかった」と話しました。  この問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工着色料が子どもの多動を悪化させるか? 警告表示再検討を表明/FDA

 Jell-O, Lucky Charms cereal and Minute Maid Lemonadeといった人工着色料が子どもの多動といった行動上の問題を悪化させるという警告を出すべきかどうかについて連邦政府は初めて再評価することを公表した。  FDAは以前に着色料と行動や健康上の関連はないと断定しており、すぐにその考えを否定す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農産品から暫定基準値を超える放射能

農産物の規制値超す放射性物質検出、5県に拡大 2011年3月21日0時48分 http://www.asahi.com/national/update/0321/TKY201103200340.html  栃木、群馬両県は20日、それぞれの県内産ホウレンソウなどの野菜から、食品衛生法の暫定規制値を超える放射性ヨウ素やセシウムが検出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亜鉛が風邪に効果あり

 亜鉛が風邪の罹病期間と重傷度を軽減する可能性があり、予防効果もあるらしい。しかし、コクラン・レビューのレポートによれば、こうした報告の質に問題があるという。  理論上は、亜鉛は風邪のウイルスが鼻咽頭の細胞に付着することを防止し、感染細胞内で増殖するのを妨害するが、その証明が困難だった。  亜鉛の効果は軽度である。風邪の罹病期間を平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オメガ3脂肪酸が糖尿病性網膜症の予防効果

 魚油のオメガ3脂肪酸が糖尿病性網膜症の予防効果があるという。  ボストン小児病院でのマウスを使った以前の研究でオメガ3脂肪酸が異常血管の増生や炎症を抑制することがわかっていたが、新たな研究では、健全な血管成長を促進し、異常な成長を抑制することが示された。さらに、アスピリンなど非ステロイド性鎮痛抗炎症薬に含まれるCOX酵素はこの作用を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウコンで脳卒中後の障害を修復

 カレーの香辛料ウコン由来の薬物が、脳卒中直後の障害をいくらか修復する可能性がある。ウサギの研究結果から人体への応用を準備しているという。  薬物が脳内に達して、運動障害を軽減したという。  ウコンはインド伝統のアーユルベーダ医学の一部として数世紀にわたって使われていて、多くの研究は、その成分の1つクルクミンが様々な有益な特性を持つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生後4ヶ月未満での固形食導入は肥満と関連

 乳児の固形食導入時期と3歳の肥満の関係を847人の子どもの研究でみた。固形食solid foods 開始時期を、4ヶ月未満、4~5ヶ月、6ヶ月以上に分けて比べると、母乳栄養では開始時期と肥満の関連はなかったが、人工乳で育った子どもは4ヶ月未満で固形食を開始した場合は3歳時の肥満が6倍に増加していた。 --------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽光の危険を気にしすぎてクル病増加の危険/英国医療事情

 子どもにたいする太陽光の危険を気にしすぎているのではないか。ビタミンDがじゅうぶん作られずにその結果クル病発症のリスクを増加させてしまっている。ディケンズのクリスマス・キャロルにあるような過去の産物ではなく、陽に当たらないことの危険性にもっと注意をするべきである。  ビタミンDは幼児期の骨成長に必須の脂溶性化合物で、中波長紫外線光へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国で最も人気のあるサプリは総合ビタミン剤ではなく魚油

 最新の調査によると、米国で最も人気のあるサプリは総合ビタミン剤ではなく魚油になったという。サプリを飲んでいる6,000人の米国人の調査で、魚油が最も人気があり、次いで総合ビタミン剤、ビタミンD、カルシウム、CoQ10の順であった。  総合ビタミン剤使用が2008年以来着実に減っているのに対して、ビタミンDの使用はこの2年で52%急増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗生物質に汚染される牛乳/米国 多剤耐性菌

 毎年、高齢となり屠殺される数百もの牛から違法なレベルの抗生物質が検出されている。こうした抗生物質が米国人が飲む牛乳を汚染しているのではないかとFDA食品医薬品庁は疑い、残留薬物汚染の雌牛を売った農場の牛乳を今月から検査開始する予定であった。  しかし検査に対して酪農団体から、検査結果を待つ間に牛乳価格暴落を引き起こすと猛烈な抗議にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓疾患の医療費は2030年には現在の3倍、8,000億ドルに/米国医療事情

 米国の心臓疾患の医療費は2030年には現在の3倍、8,000億ドルになるだろうとの報告がなされた。高血圧治療が最も多く2030年には3,890億ドルに増加する。  先週、共和党優勢の下院ではバラク・オバマ大統領の画期的な医療改革法を廃止するための法律を通過させたが、上院では否決されるだろう。  この報告では、3200万人の米国人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵・鶏肉・豚肉のダイオキシン汚染問題でベルリンで数千人の抗議デモ

 土曜日、発ガン性のダイオキシンが卵・鶏肉・豚肉から見つかった件で、飼育方法の改善を要求して数千人のドイツ人がベルリンで抗議デモを行った。  政府は工業用と農業用の油脂生産を分離するため新たな免許制度を採用する予定である。  中国、韓国、ハンガリーは、すでに、ドイツからの肉の輸入制限を発表した。  原因調査しているドイツ当局は、ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more