医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘアーサロンでシラミ退治/世界中でシラミの流行?

<<   作成日時 : 2008/01/12 15:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヘアーサロンでシラミ退治
スミスリン耐性シラミも出現しているらしい。
 シカゴのリンカーン・パーク付近で開業する高級ヘアーサロンは頭シラミの治療の客が引きも切らない。
 ひとつには、家庭用の治療薬に抵抗性がでてきたことによる。シラミは順応性が高く、薬剤はまた人にも有毒である。
 目で見て、特別なクシとリンス液を使ってシラミと卵を取り除き、有機で無害のハーブシャンプーをつける。その間、多くは子どもなので、テレビゲームや大画面薄型テレビやDVDプレイヤーが置いてあり楽しむことができる。
 主要都市での料金は1時間95ドル、15分追加毎に23.75ドルで、多くは複数回の処置が必要であり、またシラミ対策用のグッズも販売している。ヘアスタイリストと美容師と違い、ライセンスが必要なく政府の規制もない。
--------------------------------------
ただいまシラミ大流行!子供中心に年50万人感染
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080112i5w5.htm
 頭がかゆいと思ったら、ご用心。シラミの仕業かも。
 被害は幼児や低学年児童に偏り、この1年の間、国内で50万人が感染したと言われる。国の研究所は最近、突然変異の「新型」も発見した。これには薬が効かないというから、恐ろしい。(槙野健)
 「きゃーっ」。東京都大田区の主婦(45)は、二男(8)の髪の毛の中をのぞいて卒倒しそうになった。体長3ミリほどの茶色っぽい虫がうごめいている。
 駆除専用のシャンプーを買いに走り、クシで髪をとくと、でるわでるわ。洗面器に十数匹がこぼれ落ち、細長い卵がべっとりとクシにまとわりついた。「今の時代にシラミなんて」。主婦の目には、ぞわぞわとはい回る虫の姿が焼きついて離れない。
 「清潔にしていたのに、どうして?」。感染経路は分からない。以来、主婦は玄関で息子を見送るたび、またもらってこないかと不安でしようがない。子供より、親のショックの方が大きい。
 走る、よじ上る、ばたつく。アタマジラミの運動量は豊富だ。6本の足を別々に動かし、縦横無尽に駆け回る。生き血を好み、ポンプ式のストローで吸い上げる。一度住みついたら、ヒトのことなどお構いなし。繁殖力も強く、冬も夏も卵を産み、その数、月に約200個に上るという。
 都によると、都内の保健所などに寄せられた相談の数は、2005年度720件、06年度1125件。07年度は11月末に早くも1400件を超えた。一方、特効薬スミスリンを国内で唯一、製造販売する大日本除虫菊(大阪市)によると、出荷量は05年から増え始め、06年は前年比40%増、07年も同20%増という売れ行き。専門家の話では、この1年で全国50万人が感染したと推計される。
 戦後、米軍が持ち込んだ殺虫剤DDTでほぼ根絶したかに思われたシラミは、日本人が海外旅行を始めた1970年代に一度、流行の兆しを見せたが、今回はそれをしのぐ大波だ。
 子供に感染が偏るのは、砂遊びなどで頭を寄せ合って遊ぶ機会が多いため。プールのロッカーでうつることもあるらしい。今回の流行は、「海外から持ち帰るばかりでなく、シラミを知らない世代が増え、対処が遅れるために感染が広がっている」(保健所職員)とみられている。
 豊島区は05年、区民へのシラミ専用クシの貸与を始めた。小学校や保育所に向けてはマニュアルも作り、対処法を周知している。その中で最も気をつかったのが、差別やいじめ。池袋保健所の矢口昇さんは「不衛生だから寄生するわけではない。犯人探しは行わないで」と呼びかけている。
 「手ごわいやつ」も出てきた。国立感染症研究所(新宿区)の今年度のサンプル調査では、20都道府県202人のうち東京、茨城など11人から、薬の効かないタイプが見つかった。「スミスリンが効かないんですよ。遺伝子の突然変異で抵抗性がついたようです」。冨田隆史室長はみけんにしわを寄せる。ウイルスと同じで、進化は時に人類の敵になるようだ。
 このシラミは90年代から、欧米を中心に席巻。もし感染したら、虫や卵が見えなくなるまで、クシで地道にかき出すしかない。サンプル調査では割合は少なかったものの、「新型」はすでに何万匹も国内にいると考えられている。それが月に200個の卵を産むとなると……。
 うっ、これは大変だぞ。
(2008年1月12日14時31分 読売新聞)
-----------------------------------------
Salons Make Business of Head Lice Removal
Nitpicking Has Become a Lucrative -- and Unregulated -- Trade
By ERIC HORNG
Jan. 11, 2008
http://abcnews.go.com/Health/Story?id=4120482&page=1

画像In Chicago's tony Lincoln Park neighborhood, a new upscale salon has set up shop alongside the rows of uber-chic restaurants, cafes and boutiques. But at Hair Fairies, they don't cut hair. Instead of removing split ends and flyaways, they remove something much more unsightly.

Head lice.

"Business has been stupendous. It's been nonstop," said Damaris Rodriguez, manager of Hair Fairies' Chicago salon, which opened last month and has served more than 300 clients.

Sara Salzman recently brought her two daughters, ages 7 and 11, to Hair Fairies after six frustrating weeks of failed treatments. Salzman used everything from over-the-counter medications to homespun remedies such as vinegar, olive oil and mayonnaise. Nothing worked, until she brought her daughters to Hair Fairies.

"It was a huge relief, and they were a really big help," said Salzman. "They give you a sense of calm and really set your fears at ease."

Though head lice have been around seemingly forever and pose no serious medical threat, the number of delousing salons and in-home services has multiplied in recent years. Many have colorful names such as the Texas Lice Squad and LouseCalls.

"We're growing steadily," said M. Evan Parker, director of communications for Lousey Nitpickers, a California-based in-home service. "A lot of it is word-of-mouth."

Business is booming partly because the pesky parasite has grown increasingly resistant to at-home chemical treatments that used to allow folks to handle the problem on their own.

"Lice have really remarkable adaptive abilities," said Russell Robertson, director of family medicine at Northwestern University's Feinberg School of Medicine. "And some of the chemical treatments themselves have the potential to be not only toxic to the lice but toxic to the individual."

At Hair Fairies, they nitpick. Literally. After a visual inspection, technicians use special combs and rinses to manually remove lice and louse eggs from hair. They then apply an herbal shampoo, which is billed as an organic, nontoxic treatment that inhibits lice breeding. To make the experience more pleasant, there are video games, large flat-screen TVs and portable DVD players to help distract the clients, many of whom are kids.

"One of our main goals is to put the clients at ease because they're dealing with a pretty stressful situation. They feel invaded," said Rodriguez.

Hair Fairies ― which also has locations in New York, Los Angeles and San Francisco ― charges $95 for the first hour and $23.75 for each additional 15 minutes. Many clients require multiple visits. The salon also sells a variety of anti-lice hair and laundry products.

But some question whether it's money well-spent. Unlike hairstylists and cosmetologists, delousing businesses are not required to be licensed or certified, and the anti-lice products they sell are subject to little or no government regulation.

"There should be some expectation that [delousing salons] know what they're doing and the products they're using are known to be effective," said Richard Pollack, a public health entomologist at Harvard University. "But how is a consumer going to know what's real and what's not?"

Salzman estimates she spent about $500 for her daughters' multiple treatments at Hair Fairies, but at least part of that expense will be covered by insurance.

"It is an expensive commitment to make," said Salzman. "But if this happens again, I will go there right at the get-go."

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘアーサロンでシラミ退治/世界中でシラミの流行? 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる