医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 早期の学校閉鎖が有効/新型インフルエンザ・パンデミック WHO

<<   作成日時 : 2009/09/13 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像学校での対策
H1N1パンデミック2009 要約10 2009/09/11
 WHOは、H1N1インフルエンザ・パンデミックの影響を減らすために学校でできる手段についてアドバイスを公表した。
 これまでの経験から、学校がパンデミックウイルスを学校内や地域社会に伝染拡大する役割を果たしていることが示される。学校での感染が重要な役割をしているが、単一の手段では感染防御や制限はできない。
 体調が悪い人は家に留まるべきである。学校で体調が悪くなった人を隔離する場所を確保する必要がある。
 地域の感染の広がる速度を遅くし、感染のピークをならすことが、率先的な学校閉鎖の結果としての主な利点が得られる。医療の供給能力が飽和した状態ではこの利点が特に重要となる。伝播速度を遅らせることで、ワクチンや抗ウイルス薬などの資源を供給しやすくする。
 学校閉鎖のタイミングは非常に重要である。人口の1%が感染する前に学校閉鎖を行うことで最も効果があるという研究がある。理想的な条件のもとで、学校閉鎖により、パンデミックのピークで約30〜50%医療への需要は減少できる。学校閉鎖時には学生同士の接触も制限しないと効果がない。
 学校閉鎖時の経済社会的なコストも考慮しなければならない。子どもの世話のために家にいる必要がある働く親や保護者が欠勤することで経済的な問題が出る。学校閉鎖により労働力が16%不足すると概算されている。医療需要のピークを減らせるが医師や看護士に子どもがいる場合は医療供給を阻害することになる。社会福祉的問題も考慮する必要がある。学校ベースで食事供給など有益なプログラムがおこなわれている場合では家で幼い子どもが取り残されると問題が生じる。
---------------------------------------------------
Measures in school settings
Pandemic (H1N1) 2009 briefing note 10
http://www.who.int/csr/disease/swineflu/notes/h1n1_school_measures_20090911/en/index.html

11 SEPTEMBER 2009 | GENEVA -- WHO is today issuing advice on measures that can be undertaken in schools to reduce the impact of the H1N1 influenza pandemic. Recommendations draw on recent experiences in several countries as well as studies of the health, economic, and social consequences of school closures. These studies were undertaken by members of a WHO informal network for mathematical modelling of the pandemic.

Experience to date has demonstrated the role of schools in amplifying transmission of the pandemic virus, both within schools and into the wider community. While outbreaks in schools are clearly an important dimension of the current pandemic, no single measure can stop or limit transmission in schools, which provide multiple opportunities for spread of the virus.

WHO recommends the use of a range of measures that can be adapted to the local epidemiological situation, available resources, and the social role played by many schools. National and local authorities are in the best position to make decisions about these measures and how they should be adapted and implemented.

WHO continues to recommend that students, teachers, and other staff who feel unwell should stay home. Plans should be in place, and space made available, to isolate students and staff who become ill while at school.

Schools should promote hand hygiene and respiratory etiquette and be stocked with appropriate supplies. Proper cleaning and ventilation and measures to reduce crowding are also advised.
School closures and class suspensions

Decisions about if and when schools should be closed during the pandemic are complex and highly context-specific. WHO cannot provide specific recommendations for or against school closure that are applicable to all settings. However, some general guidance comes from recent experience in several countries in both the northern and southern hemispheres, mathematical modelling, and experience during seasonal epidemics of influenza.

School closure can operate as a proactive measure, aimed at reducing transmission in the school and spread into the wider community. School closure can also be a reactive measure, when schools close or classes are suspended because high levels of absenteeism among students and staff make it impractical to continue classes.

The main health benefit of proactive school closure comes from slowing down the spread of an outbreak within a given area and thus flattening the peak of infections. This benefit becomes especially important when the number of people requiring medical care at the peak of the pandemic threatens to saturate or overwhelm health care capacity. By slowing the speed of spread, school closure can also buy some time as countries intensify preparedness measures or build up supplies of vaccines, antiviral drugs, and other interventions.

The timing of school closure is critically important. Modelling studies suggest that school closure has its greatest benefits when schools are closed very early in an outbreak, ideally before 1% of the population falls ill. Under ideal conditions, school closure can reduce the demand for health care by an estimated 30--50% at the peak of the pandemic. However, if schools close too late in the course of a community-wide outbreak, the resulting reduction in transmission is likely to be very limited.

Policies for school closure need to include measures that limit contact among students when not in school. If students congregate in a setting other than a school, they will continue to spread the virus, and the benefits of school closure will be greatly reduced, if not negated.
Economic and social costs

When making decisions, health officials and school authorities need to be aware of economic and social costs that can be disproportionately high when viewed against these potential benefits.

The main economic cost arises from absenteeism of working parents or guardians who have to stay home to take care of their children. Studies estimate that school closures can lead to the absence of 16% of the workforce, in addition to normal levels of absenteeism and absenteeism due to illness. Such estimates will, however, vary considerably across countries depending on several factors, including the structure of the workforce.

Paradoxically, while school closure can reduce the peak demand on health care systems, it can also disrupt the provision of essential health care, as many doctors and nurses are parents of school-age children.

Decisions also need to consider social welfare issues. Children’s health and well-being can be compromised if highly beneficial school-based social programmes, such as the provision of meals, are interrupted or if young children are left at home without supervision.
--------------------------------------------------
新型インフル死者3千人超す WHO、学校閉鎖に効果も
2009年9月12日 09:25
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/121434
 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は11日、新型インフルエンザによる死亡が確認された人の数が世界で3千人を突破し、少なくとも3205人になったと発表した。6日現在の集計値で、前回集計の8月30日時点から1週間で368人の増加となった。
 このうち233人は米州地域の増加で、同地域の合計死者数は2467人に達した。次いで日本を含む西太平洋地域が27人増の306人、東南アジアが33人増の221人、欧州が21人増の125人などとなった。確認感染者の総数は27万7607人と約2万3千人増えた。
 一方、WHOは11日、北半球の夏休み明け時期に合わせ、学校閉鎖による感染予防の効果に関する見解を公表。判断は国や自治体が下すべきだとの立場を示した上で、発症者が人口の1%に満たない感染の初期段階での学校閉鎖は感染拡大を遅らせる効果があり、ピーク時の医療機関の負担を最大5割減らす効果があり得るとの推計を示した。
---------------------------------------------------
WHO 早期の休校措置が重要
http://www.nhk.or.jp/news/k10015458131000.html
 新型インフルエンザをめぐってWHO=世界保健機関は、大流行の最初の段階で学校の休校措置などを適切にとれば、地域全体での感染拡大のペースを遅らせることができるなどとする見解をまとめました。
WHOは11日、新型インフルエンザの感染拡大の対策として、学校の休校や学級閉鎖などの措置に関する初めての見解をまとめました。
 この中で、WHOはまず「これまでの感染の状況を検証すると、学校が地域社会にウイルスを広める場となっている」としたうえで、「学校をいつ休校にするか、そのタイミングの判断がきわめて重要だ」と指摘しました。
そのうえで、各国で休校などの措置を大流行の最初の段階で適切にとれば、地域全体で感染が拡大するペースを遅らせることができるとしています。
 それによって、各国はタミフルなどの治療薬やワクチンを準備するまでの時間を確保できるうえ、患者を治療する医療現場の負担を大幅に軽減する効果があるとしています。
その一方で、休校や学級閉鎖の措置をとるのが遅れれば、感染の拡大を抑える効果はきわめて限定的となると警告しています。
 WHOが11日に発表した最新の集計によりますと、世界全体で新型インフルエンザの感染による死者は3200人を超え、世界規模で拡大を続けています。
(9月12日 8時15分更新)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
早期の学校閉鎖が有効/新型インフルエンザ・パンデミック WHO 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる