医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 7歳男児が新型インフルエンザで死亡/滋賀 インフルエンザ脳症

<<   作成日時 : 2009/09/22 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12才男児が新型インフルエンザで死亡/横浜
http://kurie.at.webry.info/200909/article_23.html
小児の新型インフルエンザ重症例
http://kurie.at.webry.info/200908/article_26.html
ブタインフルエンザによる小児の脳炎・脳症/新型インフルエンザ 急性脳症
http://kurie.at.webry.info/200907/article_34.html
---------------------------------------------------
新型インフル 小1男児が死亡
http://www.nhk.or.jp/news/k10015637891000.html
9月22日 7時22分
画像 新型インフルエンザに感染した滋賀県守山市の小学校1年生の男の子がインフルエンザ脳症のため21日夜、入院先の大津市の病院で死亡しました。新型インフルエンザに感染して小学生が死亡したのは国内で2人目です。
 滋賀県によりますと、死亡したのは守山市に住む小学校1年生の7歳の男の子です。男の子は今月19日に発熱などの症状を訴え滋賀県内の医療機関を受診しましたが、20日から40度6分の熱を出して意識不明の状態になり、タミフルの投与を受けるとともに大津市にある滋賀医科大学附属病院で人工呼吸器を付けて治療が続けられていました。しかし、21日になって体温が34度台まで下がるなど容態が悪化し、21日午後9時半ごろ、インフルエンザ脳症のため死亡しました。男の子は遺伝子検査で21日に新型インフルエンザの感染が確認され、男の子が通う小学校では今月、新型インフルエンザによる学級閉鎖があったということです。新型インフルエンザに感染して小学生が死亡したのは、今月、横浜市で死亡した小学校6年生の男の子に次いで国内で2人目です。インフルエンザ脳症は、インフルエンザにかかった患者が突然、高い熱やけいれん、意識障害を起こす病気で、症状が出て1日から2日という短期間に症状が悪化するのが特徴です。強い解熱剤が症状を悪化させることがわかっており、日本小児科学会では、解熱剤の使用の際には、かかりつけの医師に相談すること、また▽「呼びかけに答えない」など意識レベルの低下が見られる、▽けいれんが続いている、▽意味不明の言動が見られるなどの場合には、すぐに医療機関を受診するよう呼びかけています。
----------------------------------------------------
新型インフル感染の小1男児が死亡
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4240407.html
 新型インフルエンザに感染した滋賀県の7歳の男の子が、インフルエンザ脳症を発症し、21日、死亡しました。国内で新型に感染して小学生が亡くなったのは2人目で、この男の子が最年少です。
 厚生労働省などによりますと、死亡したのは滋賀県守山市の小学1年生の男の子(7)です。
 男の子は今月19日に発熱などの症状を訴え、医療機関で解熱剤を処方されましたが、20日に40度を超える高熱となり入院しました。タミフルの投与など治療が行われましたが、21日夜、インフルエンザ脳症により死亡しました。
 国内で新型に感染して小学生が亡くなったのは2人目で、10歳未満の患者が亡くなるのは初めてです。
 インフルエンザ脳症は、インフルエンザによる発熱後、けいれんや意識障害などを起こすもので、急速に悪化し、重い後遺症が残ったり、最悪の場合、死亡することもあります。
 厚労省では、呼びかけに応えない、けいれんが続くなどの場合、すぐに小児科を受診することや、強い解熱剤は脳症を悪化させるため、子どもには使用しないよう呼びかけています。(22日10:32)
----------------------------------------------------
新型インフルエンザ感染で滋賀の7歳男児が死亡
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/index.html?now=20090922124837
 滋賀県で、新型インフルエンザに感染した小学1年の男の子が死亡しました。感染が疑われる患者の死亡は全国で18人目で、最年少ということです。
 滋賀県によると、亡くなったのは守山市に住む小学1年の7歳の男の子で、19日から咳や発熱などの症状を訴え、21日に新型インフルエンザの感染が確認されました。入院先の病院でタミフルの投与を受けるなどしましたが、けいれんやおう吐などの症状が出て集中治療室に入り、午後9時25分にインフルエンザ脳症で死亡しました。男の子にはもともと、原因不明の発熱を繰り返す周期性発熱症候群の疑いがありましたが、インフルエンザ脳症との因果関係は分からないということです。国内ではこれまで、17日に死亡した横浜市の12歳の男の子が最年少でした。
----------------------------------------------------
新型インフルエンザで小1男児死亡 滋賀
http://www.asahi.com/health/news/OSK200909220003.html
2009年9月22日5時39分
 滋賀県は22日、新型インフルエンザに感染した同県守山市の小学1年の男児(7)がインフルエンザ脳症を発症し、死亡したと発表した。感染が疑われる患者の死亡は全国18人目。未成年者で亡くなったのは2人目という。
 県健康推進課によると、男児は19日からせきや発熱などの症状を訴え、21日に新型インフルの感染が確認された。入院先の病院でタミフルの投与を受けるなどしたが体温や血圧が低下し、21日午後9時25分に死亡した。男児は数カ月おきに定期的に発熱する周期性発熱症候群の疑いがあったという。
-----------------------------------------------------
新型インフル 脳症で死亡、全国初 滋賀の小1男児 
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200909230007.html
2009年9月23日
 滋賀県は22日、新型インフルエンザに感染した同県守山市の小学1年の男児(7)が、インフルエンザ脳症で死亡したと発表した。厚生労働省によると、新型の感染が確認か、または疑われた患者の死亡は全国18人目で、今回の男児は最年少。インフルエンザ脳症になったことが確認された新型インフル患者は、この男児を含めて全国で24人いるが死者は初めて。
 滋賀県健康推進課によると、男児は19日朝からせきや熱などの症状を訴え、病院で子どもにも使える解熱剤などの処方を受けた。20日も40度以上の熱が続いたため診療所で診察を受けた。けいれんなどの症状があり、簡易検査でA型インフルエンザと診断された。
 同日に別の病院に入院しタミフルの投与などを受けたが意識不明となったためインフルエンザ脳症を疑い、滋賀医科大医学部付属病院(大津市)に転院。遺伝子検査で新型インフルと確認された。21日に体温が34.6度まで下がり、血圧も低下するなど容体が悪化。同日午後9時25分にインフルエンザ脳症で死亡した。男児には、数カ月に1度程度、熱を出す周期性発熱症候群の疑いがあった。
 男児の通っていた小学校によると、男児は18日まで元気に登校していた。この小学校ではインフルエンザ感染で19日から3年生1クラスが学級閉鎖となり、同日予定していた運動会を中止した。
-----------------------------------------------------
“抗ウイルス薬 早期投与を”
http://www.nhk.or.jp/news/k10015639501000.html
9月22日 11時41分
 新型インフルエンザに感染した場合、健康な人でも、重症になるおそれがゼロではないとして日本感染症学会は、持病がない人でもなるべく早く抗ウイルス薬の投与を受けることが望ましいとする治療のガイドラインをまとめました。
 新型インフルエンザでは、ぜんそくや糖尿病など持病のある人が重症になりやすいとされていますが、ニューヨークでは入院患者のうち20パーセント余りが比較的健康な人だったとする報告があるほか、メキシコでも健康な人が治療の開始の遅れから死亡するケースが報告されています。このため日本感染症学会では、新たな治療のガイドラインをまとめ、健康な人でも重症になる危険性がゼロではなく、感染が疑われる場合には抗ウイルス薬の「タミフル」や「リレンザ」をなるべく早くから投与すべきだとしました。この点についてWHO=世界保健機関では、先月定めた指針で、5歳以上65歳以下の軽症の人への抗ウイルス薬の投与は「必ずしも必要ではない」としていますが、学会では「WHOの指針は治療薬の備蓄が少ない国に配慮したもので、備蓄が十分ある日本では薬の投与で重症化を防ぐべきだ」としています。日本感染症学会の新型インフルエンザ対策委員でけいゆう病院小児科の菅谷憲夫部長は「軽症の人が一部の病院に殺到して混乱しないよう医療機関の役割分担など、態勢を整える必要はあるが、健康な人でも重症化のおそれがあることを認識してもらい、早めの投与で重症の人を少しでも減らしていくべきだ」と話しています。
----------------------------------------------------
新型インフルエンザ拡大続く 10代が感染の中心
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/index2.html?now=20090922125854
 7月半ばから新型インフルエンザの感染拡大が続くなか、文化祭や体育祭など秋の学校行事のシーズンを迎え、集団感染への警戒が必要となっています。
 国立感染症研究所の調べによると、全国1医療機関あたりのインフルエンザ患者数は、13日までの1週間で3.21人となり、10週連続で拡大しています。その1週間での新たな感染者数は18万人に上るとされます。都道府県別では、沖縄は3週連続で減少してピークを過ぎたとみられますが、東京、大阪、福岡など主に大都市圏で拡大が続いています。特に10代が感染の中心となっていて、厚生労働省は、2学期が始まって学校での感染が広がったとみています。厚生労働省では、簡易検査の結果が出ていない場合でも、「必要な場合は早期にタミフル等の投与をしてほしい」と改めて呼びかけています。
-----------------------------------------------------
インフルエンザ/医師の一分
http://kurie.at.webry.info/theme/b0edbea92d.html
迅速検査陰性でも治療薬投与を/新型インフルエンザ検査
http://kurie.at.webry.info/200909/article_29.html
新型インフルエンザはウイルス検出期間が予想より長い
http://kurie.at.webry.info/200909/article_27.html
早期の学校閉鎖が有効/新型インフルエンザ・パンデミック WHO
http://kurie.at.webry.info/200909/article_17.html
ブタインフルエンザによる子どもの死亡は神経疾患を持つ年長児に多い/CDC 新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200909/article_4.html
ブタインフルエンザ重症型への警告/新型インフルエンザH1N1 WHO
http://kurie.at.webry.info/200908/article_44.html
ブタインフルエンザウイルスは持続的に呼吸器を攻撃/新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200908/article_25.html
小児の新型インフルエンザ重症例
http://kurie.at.webry.info/200908/article_26.html
ブタインフルエンザによる小児の脳炎・脳症/新型インフルエンザ 急性脳症
http://kurie.at.webry.info/200907/article_34.html
ブタインフルエンザによる妊婦のリスク/新型インフルエンザ CDC
http://kurie.at.webry.info/200907/article_40.html
肥満が新型インフルエンザの重症化に関係/米国医療事情 豚インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200905/article_39.html
厚生労働省による新型インフルエンザの流行予測/2009パンデミック日本版
http://kurie.at.webry.info/200908/article_43.html
米国人の40%がブタインフルエンザに感染し数十万人が死亡と予測/CDC 新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200907/article_37.html
今秋のブタインフルエンザ逆襲に警告/新型インフルエンザ オバマ政権
http://kurie.at.webry.info/200907/article_18.html
ブタインフルエンザのより正確な感染流行データが必要/英国 新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200907/article_22.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7歳男児が新型インフルエンザで死亡/滋賀 インフルエンザ脳症 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる