医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型インフルエンザで 3人が相次ぎ死亡/子どもの死亡急増

<<   作成日時 : 2009/10/15 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新型インフルエンザ 子どもの死亡が急増/米国 H1N1ブタインフルエンザ CDC
http://kurie.at.webry.info/200910/article_12.html
--------------------------------------------------------
持病ない子どもの死亡相次ぐ
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013140661000.html
10月15日 19時8分
 新型インフルエンザに感染して死亡した10歳以下の子どもは、今月に入って4人になりました。この4人はいずれも持病がなかったということで、厚生労働省は「健康な子どもでも感染すると重症化するおそれがある」として、十分に注意するよう呼びかけています。
 厚生労働省によりますと、これまで新型インフルエンザに感染して死亡したのは、感染の疑いのある人を含めて27人に上っています。このうち、今月に入ってからは、6日に東京都内に住む5歳の男の子、13日には都内の4歳の男の子、14日には兵庫県西宮市の8歳の女の子、そして、15日は横浜市の5歳の男の子と、10歳以下の子ども4人が相次いで死亡しました。この4人にはいずれも、感染すると重症化しやすいとされるぜんそくなどの持病はなかったということです。厚生労働省の感染症情報管理室の中嶋建介室長は「現時点では、入院患者も5歳から9歳の子どもに集中している。小さな子どもがいる家庭では、どの医療機関なら治療などの対応ができるのか、事前に調べておくとともに、子どもが息苦しそうにするなど重症化の兆候がみられた場合には、すぐに医療機関を受診してほしい」と呼びかけています。
--------------------------------------------------------
新型インフル感染 5歳児死亡
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013137541000.html
10月15日 19時8分
画像 新型インフルエンザに感染した横浜市内の5歳の男の子が、肺炎などのため、15日、入院先の病院で死亡しました。
 横浜市によりますと、死亡したのは横浜市都筑区に住む5歳の男の子です。男の子は3日前に発熱を訴え、翌日の13日、近くの医療機関でインフルエンザ治療薬のタミフルの投与を受けましたが、その夜に呼吸が苦しくなる症状が出たため、市内の別の病院で再びタミフルの投与を受けました。呼吸障害の症状が続いたため、さらに別の病院に移されて、集中治療室で人工呼吸器をつけて、引き続きタミフルの投与などの治療を受けていました。しかし、男の子は14日の朝、熱が38度6分まで上がるなど症状が急に悪化し、遺伝子検査の結果、新型インフルエンザに感染していることが確認され、15日午前3時前に、重い肺炎と、心臓の筋肉がウイルスで炎症を起こす急性「心筋炎」のため死亡しました。横浜市によりますと、男の子に基礎疾患はなかったということです。新型インフルエンザに感染して死亡した人は、疑い例を含めて27人になりました。
-------------------------
新型インフルで5歳男児死亡=タミフル4回処方、27人目−横浜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091015-00000088-jij-pol
10月15日16時1分配信 時事通信
 横浜市は15日、新型インフルエンザに感染し、重症肺炎や急性心筋炎を発症した同市都筑区在住の5歳男児が同日死亡したと発表した。国内の新型インフルエンザ患者の死亡例は、疑い例も含め27例目。基礎疾患はなかった。男児は4回タミフルを処方されていたが、リレンザは処方されていなかった。
 横浜市では先月17日にも気管支ぜんそくの基礎疾患があった12歳の男児が死亡している。
---------------------------------------------------
新型インフル 西宮の小2女児が死亡
http://www.asahi.com/national/update/1014/OSK200910140134.html
2009年10月14日23時49分
 兵庫県西宮市は14日、新型インフルエンザに感染した同市立小学2年の女児(8)が多臓器不全で亡くなったと発表した。基礎疾患はなかったという。厚生労働省によると、新型インフルに感染したり感染が疑われたりした患者の死亡例は全国で26人目。
 西宮市によると、女児は12日朝、38.8度の高熱が出た。この日の夕方には意識障害も出たため西宮市内の病院を受診。簡易検査でA型インフルエンザと確認された。さらに血圧の低下などが見られたため神戸市内の病院に入院。CT検査でインフルエンザ脳症と診断され、胃腸など消化管からの出血も併発していた。その後も容体の悪化が続き、14日午後3時ごろ亡くなった。
 西宮市教委によると、市内では小中学校の学級閉鎖が相次いでいるが、女児が通う小学校でこれまでに新型インフルエンザが重症化した児童はいないという。
--------------------------------------------------
新型インフル:東京、兵庫、愛知で死者 死亡者は26人に
http://mainichi.jp/select/today/news/20091015k0000m040104000c.html
2009年10月14日 21時27分 更新:10月14日 22時6分
 東京都は14日、都内在住で幼稚園に通う男児(4)が新型インフルエンザに感染し、急性脳炎を発症して13日に死亡したと発表した。新型インフルエンザによる死亡者で最年少。愛知県清須市の男子高校生(16)と兵庫県西宮市の小学2年の女児(8)も死亡し、死亡者は26人となった。
 都によると、男児は4日夜に39.9度の発熱があり、5日に近くの診療所で受診しA型インフルエンザ陽性と判明したため、タミフルを服用。しかし帰宅途中にけいれんが起き、そのまま都内の医療機関に入院した。6日に意識を失い、一時心肺停止になった。新型インフルエンザによる急性脳炎と診断され、その後容体が改善しなかった。基礎疾患はなかったという。
 一方、名古屋市によると、清須市の男子高校生は11日に発熱。12日夜、意識障害などがみられたため救急搬送され、インフルエンザ脳症と診断された。生徒は13日未明に呼吸が停止し、14日朝、死亡した。その後の検査で新型インフルエンザ感染が確認された。生徒には気管支ぜんそくの基礎疾患があった。
 また西宮市の女児は11日に発熱し、14日昼、新型インフルエンザを原因とする多臓器不全で死亡した。基礎疾患はなかった。【江畑佳明、月足寛樹、津久井達】
---------------------------------------------------
新型インフル 3人相次ぎ死亡
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013116921000.html
10月14日 21時52分
画像 新型インフルエンザに感染した16歳の高校生や8歳の小学生の女の子など、3人が相次いでインフルエンザ脳症などを発症し、死亡しました。死亡したのは、東京都内の4歳の男の子と愛知県清須市の高校2年生の16歳の男子生徒、それに兵庫県西宮市の8歳の小学2年生の女の子の3人です。
 3人は、いずれも今月に入って38度から40度近い高熱を出し、医療機関で受診しました。しかし、けいれんや意識障害が出るなど症状が悪化し、集中治療室で治療を受けていましたが、13日から14日にかけて相次いで死亡しました。これで、国内の死亡者は、疑い例も含め26人になりました。新型インフルエンザに詳しい東北大学の押谷仁教授は「感染が拡大するのはこれからで、重症化する子どもも増えてくる。症状が急速に悪化するケースが目立っており、医療現場では重症患者を迅速に治療できる態勢作りを急ぐ必要がある」と話しています。
---------------------------------------------------
新型インフルエンザ 子どもの死亡が急増/米国 H1N1ブタインフルエンザ CDC
http://kurie.at.webry.info/200910/article_12.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新型インフルエンザで 3人が相次ぎ死亡/子どもの死亡急増 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる