医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 「塀の中」も医師不足/医療崩壊

<<   作成日時 : 2009/11/09 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「塀の中」も医師不足、1割で欠員 非常勤でしのぐ
http://www.asahi.com/national/update/1106/TKY200911060234.html
2009年11月7日1時0分
画像写真:刑務所職員らは名刺の裏に「医師募集」のシールを張り、必死のアピール刑務所職員らは名刺の裏に「医師募集」のシールを張り、必死のアピール

 慢性的な医師不足が「塀の中」にも影を落としている。全国の刑務所で常勤医が不足し、定員の1割以上が欠員状態だ。医師がいないと、受刑者を外の病院に連れて行かなければならず、付き添う職員の負担は大きい。何とか所内で診察できるよう、各施設は非常勤や派遣の医師を活用してしのいでいる。
 法務省によると、刑務所や拘置所など全国188の刑事施設(支所を含む)で常勤医がいるのは90施設。定員は226人だ。05年4月に16人だった欠員は徐々に増え、今年4月では30人に。
 法務省は今年度初めて、350万円の予算を付けてインターネットで医師募集の求人広告を出した。これまでに4人を採用できたが、退職者も出たため、9月1日現在でまだ29人の欠員だ。
 医師不足は、04年度に研修制度が変わり、若手が地方に派遣されなくなったことが要因とされる。常勤医は取り合い状態になり、その影響をもろに受けた形だ。 東北地方の刑務所で勤務した経験がある矯正局幹部は、地元の医師会に紹介を頼むと、こう言われたという。
 「その報酬じゃ、塀の外の半分にも満たないですよ」
 幹部は「それ以上の話をさせてもらえなかった」と悔しがる。
 刑事施設ならではの不利な要素もある。患者となる受刑者らは高血圧や糖尿病など生活習慣病が多く、最新の医療設備もないため、医師の技量向上にはつながりにくい。受刑者とのトラブルが心配という本音もあるようだ。
 刑務所はまず非常勤医師を集めてしのぐが、報酬の安さから週1、2回が限度。確保できなければ、所外の病院に連れて行くしかない。受刑者1人に職員2、3人は必要で、ただでさえ人手不足の刑務所には頭が痛い問題だ。
 医師不足を何とか解消しようと、各地で模索が続く。月形刑務所(北海道)では、医務室を「民間病院」扱いにして外部の病院に入ってもらった。患者は受刑者のみだが、病院にとっては安定した利用者数が見込め、診療費をとりはぐれない利点がある。
 喜連川社会復帰促進センター(栃木県)は、労働者派遣法に基づき外部から医師の派遣を受ける。美祢(山口県)と島根あさひ(島根県)の社会復帰促進センターも、周辺の公立病院などに医務室を運営してもらっている。(延与光貞)
--------------------------------
「塀の中」の医師不足/医療崩壊
http://kurie.at.webry.info/200907/article_17.html
カレーはスプーンで 刑務所「改善」結果公表 法務省/医師不足
http://kurie.at.webry.info/200709/article_39.html
刑務所・拘置所の医師不足深刻
http://kurie.at.webry.info/200708/article_4.html
奈良少年刑務所、診察せず処方箋発行
http://kurie.at.webry.info/200709/article_20.html
劣悪な刑務所医療システム/米国刑務所医療事情
http://kurie.at.webry.info/200708/article_47.html
川越少年刑務所の拘置支所で服役中の71歳男性、熱中症死
http://kurie.at.webry.info/200708/article_44.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「塀の中」も医師不足/医療崩壊 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる