医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原発の爆発により放射能汚染/英国発 BBC

<<   作成日時 : 2011/03/15 20:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 地震に見まわれた福島第一原子力発電所からの放射線が有害レベルのに達したと日本政府が発表した。
 原子炉圧力容器の損傷か? 重大な放射能漏れの恐れがあり、政府により30km以内の住民にたいして屋内退避が勧告された。
 北東日本が先週金曜日にマグニチュード9.0の地震と津波に襲われ、火曜日の朝に福島第一原発の第2号機が3回目の爆発を起こした。第4号機で火災が発生して放射能漏れを起こしたと思われる。
 250km離れた日本の首都での放射能レベルは上昇したが健康には危険がないと言う。
 発電所から20-30kmの住民は屋内に留まるべきだという。20km以内の住民には避難勧告が出た。
 東京電力は周囲の1時間放射能レベルが法定年間被爆レベルの8倍に上昇したと発表した。国際原子力機関は、火曜日の爆発後に1時間あたり最高400ミリシーベルトまでの線量が現地で記録されたという。年間100ミリシーベルト以上の被爆はガンを発症するレベルである。
 すべての爆発は冷却システムの障害から起きている。原子炉を海水であふれさせることによって溶融を防止しようとしている。
 最新の死亡者数は約2,400人と公表されたが、少なくとも1万人が死亡したと推計されている。数千人がまだ不明のままである。50万人以上が家を失った。政府は10万人の軍を派遣した。
 英国外務省は、東京や北東日本への不要不急の旅行を止めるように警告した。

-----------------------------------------------------
15 March 2011 Last updated at 05:15 GMT
Radiation fears after Japan blast
http://www.bbc.co.uk/news/world-12740843

画像

Explosions at a Japanese quake-stricken nuclear plant have led to radiation levels that can affect human health, a senior Japanese official has said.
Prime Minister Naoto Kan has urged those living within 30km (18 miles) of the plant to stay indoors.
Earlier, reactor 2 at the Fukushima Daiichi plant was hit by a blast - the third reactor to explode in four days - leading to fears of a meltdown.
The crisis was sparked by a 9.0-magnitude quake and tsunami on Friday.
Thousands of people are believed to have died.
Exclusion zone
A fresh explosion rocked reactor 2 at the Fukushima Daiichi plant - 250km (155 miles) north-east of Tokyo - in the early hours of Tuesday.
"Now we are talking about levels that can impact human health," said Chief Cabinet Secretary Yukio Edano.
He stressed that such levels were recorded at the plant and that the "further away you get from the power plant or reactor, the value should go down".
In his televised address, Prime Minister Kan said: "There is still a very high risk of more radiation coming out."
He added that the last remaining people within a 20km (12 mile) exclusion zone around the plant had to leave, and that those living between 20km and 30km from the site should remain indoors.
Radiation levels around Fukushima for one hour's exposure rose to eight times the legal limit for exposure in one year, said the plant's operator, the Tokyo Electric Power Co (Tepco).
The radiation reading at 0831 local time (2331 GMT) climbed to 8,217 microsieverts an hour from 1,941 about 40 minutes earlier, Tepco said. The annual legal limit is 1,000 microsieverts.
Japan's PM says there is a 'very high' risk of further radiation leaks
A fire which briefly broke out at the plant's reactor 4 on Tuesday is also believed to have led to radioactive leaks.
Higher radiation levels were recorded on Tuesday south of Fukushima, Kyodo news agency reported.
Levels in Tokyo were higher than normal, but officials said there were no health dangers.
Shares on the Tokyo stock exchange plummeted 13%, before recovering slightly. The leading Nikkei index had already fallen by 7% on Monday.
On Monday, a hydrogen blast at the Fukushima plant's reactor 3 was felt 40km (25 miles) away. It followed a blast at reactor 1 on Saturday.
All explosions have been preceded by cooling system breakdowns. Engineers are trying to prevent meltdowns by flooding the chambers of the nuclear reactors with sea water.
Japan's nuclear safety agency said it suspects Tuesday's blast may have damaged the vessel that holds reactor 2.
The BBC's Chris Hogg in Tokyo says that would make it a more serious incident than the previous explosions, which were thought just to have damaged the buildings that housed the reactors.
Complete devastation
Meanwhile, five days after the tsunami triggered by the earthquake, the relief operation is continuing.
The latest official death toll stands at about 2,400 - but some estimates suggest 10,000 may have been killed.
One of the worst-hit towns, Minamisanriku, is now just a scene of complete devastation, says the BBC's Rachel Harvey.
Everything was flattened by the force of the tsunami, with only the town's hospital and a government building remaining, our correspondent says.
Thousands are still unaccounted for - including hundreds of tourists - while many remote towns and villages have not been reached.
More than 500,000 people have been made homeless.
The government has deployed 100,000 troops to lead the aid effort.
The UK Foreign Office has updated its travel advice to warn against all non-essential travel to Tokyo and north-eastern Japan. British nationals and friends and relatives of those in Japan can contact the Foreign Office on +44(0) 20 7008 0000.

------------------------------------------------------------
福島第一原発4号機、超高濃度放射能が拡散
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00160.htm
特集 福島原発
地震発生直後の福島第一原発(11日、福島県大熊町で、読売ヘリから)=菅野靖撮影
 東京電力は15日、東日本巨大地震で被災した福島第一原子力発電所4号機(福島県)の原子炉建屋内にある使用済み核燃料を一時貯蔵するプール付近で、同日午前9時38分頃に火災が発生、同日午前10時22分には毎時400ミリ・シーベルト(40万マイクロ・シーベルト)の放射線量を観測したと発表した。
 同日午前11時過ぎに記者会見した枝野官房長官は「身体に影響を及ぼす可能性があることは間違いない」と述べた。2号機では同日午前6時14分に大きな爆発があり、原子炉格納容器の下部にある圧力抑制室の圧力が低下した。原子炉付近の相次ぐ破損で核燃料が損傷し、大量の放射性物質が漏れだした可能性がある。茨城、栃木両県や都内などで、ごく微量の放射性物質が検出されている。政府と東電は15日、事故対策統合本部を設置。菅首相は同日午前11時に記者会見し、同原発周辺の半径20〜30キロ・メートル圏内の住民約13万6000人に対し、屋内退避を求めた。
 東電などによると、原発周辺で同日午前10時22分に、高い放射線を観測した。2号機と3号機の間で、毎時30ミリ・シーベルト(3万マイクロ・シーベルト)、3号機付近で同400ミリ・シーベルト(40万マイクロ・シーベルト)、4号機付近で、同100ミリ・シーベルト(10万マイクロ・シーベルト)で、枝野長官は「従来発表してきた『マイクロシーベルト』とは単位が違う。身体に影響を及ぼす可能性のある数値」と話した。
 400ミリ・シーベルトは、がんになる確率が高まる100ミリ・シーベルトの4倍で、一般人が1年間に浴びていい放射線量(日常生活と医療目的を除く)の400倍にあたる。
 4号機の火災で、東電は福島県と国に通報するとともに、自衛隊と米軍に消火活動への協力を要請したが、同日午前11時ごろ自然に鎮火したのが確認された。
 東電によると、地震発生時に、4号機は定期検査で運転を停止していたが、使用済み核燃料一時貯蔵プールの冷却水を、循環させる電源を失っていた。燃料棒の余熱で、通常40度程度の水温が85度にまで上昇し、水位が低下していた。専門家は、「プールの水位低下でむき出しになった燃料の被覆管と蒸気が反応し、水素が発生して、爆発火災に至った」(京都大原子炉実験所の今中哲二助教)と分析する。
 プールの中には、使用済み燃料棒783体が保管されていた。4号〜6号機は定期検査中だったが、4号機の冷却機能が失われていた。使用済み核燃料は1〜3号機にも約300〜500体保管されている。
 同原発の南約100キロ・メートルにある茨城県東海村の東京大学の研究施設敷地内では午前7時45分頃、原子力災害対策特別措置法の基準値に定められた毎時5マイクロ・シーベルトを超える放射線量を観測した。
 東電によると、2号機で破損した圧力抑制室は、格納容器内の蒸気圧が高まった場合に、圧力を逃がして下げる機能を持つ。爆発によって、3気圧から1気圧に低下した。
 2号機の原子炉内は14日に著しい水位変動を繰り返して、燃料棒が2度にわたって完全に露出しており、一時的に空だき状態になっていたとみられる。
 原子炉の水位は改善傾向にあるが、燃料棒は午前6時30分現在、2・7メートル露出した状態になっている。格納容器本体の圧力は7・3気圧で変化していない。
 圧力抑制室は放射性物質の混じった蒸気と水が入っており、原子炉建屋上部に生じたすき間から、放射能を帯びた蒸気が流れ出た懸念がある。
 爆発直後には、同原発の敷地周辺の放射線量が毎時969・5マイクロ・シーベルトを記録したため、原子炉への注水作業に関係のない作業員らを退避させた。
 同原発の正門前では同日午前10時15分、一般人が1年間に浴びてもいい放射線量の8倍を超える毎時8837マイクロ・シーベルトを観測した。
 計6基の原子炉がある同原発は地震後、運転中の3基が自動停止し、1号機と3号機は水素爆発を起こして原子炉建屋が破損。1〜3号機では原子炉内の核燃料棒が露出した。
(2011年3月15日13時50分 読売新聞)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島原発の爆発により放射能汚染/英国発 BBC 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる