医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島県飯舘村でIAEAの避難基準値超える放射性物質

<<   作成日時 : 2011/03/31 20:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

飯舘の放射性物質、平均値で避難基準下回る IAEA
http://www.asahi.com/international/update/0402/TKY201104020146.html
2011年4月2日10時19分
 福島第一原発から約40キロ離れた福島県飯舘村の土壌から国際原子力機関(IAEA)の避難基準を超える放射性ヨウ素131が検出された問題で、IAEAは1日、村内の複数地点で採取したヨウ素131の追加データを再計算した結果、平均値で避難基準を下回ったと明らかにした。
 IAEAによると、日本政府側が3月19〜29日に飯舘村の複数地点の土壌から採取した15サンプルの数値を元に、IAEAの換算式で計算。その結果、平均値は1平方メートルあたり約7メガベクレルで、IAEAの避難基準10メガベクレルを超えなかったという。
 IAEA当局者は、ウィーンでの記者会見で「人間は同じ場所にとどまらず移動するため、(異なる地点のデータの)平均値がより重要になる」と指摘。その上で、飯舘村のヨウ素131について「平均値では減少しつつある」と述べた。
 ただ、サンプルの中には依然として基準を超える高い数値もあるため、「日本側が引き続き注意深く調査を続けている」とした。
 IAEAは3月30日、飯舘村の1地点で同月下旬に検出されたヨウ素131の数値が約20メガベクレルだったと発表。「1カ所のみで計測された暫定的な評価」とした上で、日本側に追加調査を促していた。
 また、IAEAは1日、日本政府の要請を受け、原子炉の専門家2人を日本へ派遣すると発表した。4日以降、福島第一原発の現状や対応策について、原子力安全・保安院や東京電力などと協議するという。(ウィーン=玉川透)

--------------------------------------------------------
IAEAと安全委、土壌めぐる見解相違で混乱
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110401-OYT1T00786.htm
 福島県飯舘村で検出された高濃度の放射性物質を含む土壌を巡って、国際原子力機関(IAEA)と内閣府・原子力安全委員会の見解が分かれ、混乱が広がっている。
 IAEAは独自の土壌調査を行い、日本政府に避難勧告を検討するよう促したが、安全委は「判断基準の物差しが違う。日本の方が総合的に判断しており問題ない」と反論している。
 飯舘村は福島第一原発の北西約40キロに位置し、屋内退避を勧告された20〜30キロ圏内の外側にあたる。IAEAは同村で、土壌の表面に付着している放射性ヨウ素131とセシウム137ほか、空気中の放射線量の割合を調査。放射性ヨウ素131が、土壌表面の1平方メートル当たり2000万ベクレルで、IAEAの避難基準の約2倍に相当するとしている。
 これに対し、日本は土壌を深さ約5センチまで掘り、採取した土壌1キロ・グラム当たりの放射性物質濃度を調べている。このほか、空気中の放射線量の割合、空気中のほこりや飲食物に含まれる放射性物質濃度なども測定し、人への影響を考慮している。
(2011年4月1日20時13分 読売新聞)

-------------------------------------------------------
飯舘村の高放射線、爆発の放出物質が風雨で降下
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110401-OYT1T00751.htm
 福島第一原子力発電所の事故で、原発の30キロ・メートル圏外にある福島市や福島県飯舘村の観測地点で、大気中から高い放射線量が観測された原因について、福島大の渡辺明副学長(気象学)は、15日朝に2号機で起きた爆発で放出された放射性物質が北西への風に流され、雨とともに降り注いだとする分析結果をまとめた。
 渡辺副学長が、米海洋大気局による気象データと各地で観測された放射線量から分析した。
 渡辺副学長によると、原発の正門付近では15日午前9時、1万1930マイクロ・シーベルトの高濃度の放射線量を観測。同日午後7時、原発の北20〜30キロ・メートル圏にある同県南相馬市の観測地点は3・05マイクロ・シーベルトだったのに対し、30キロ・メートル圏外の福島市、飯舘村の観測地点では、同時刻に23・88、39・50マイクロ・シーベルトと高濃度を記録した。
 原発の敷地内では15日夜と16日午後にも高濃度の放射線量が観測されたが、風が太平洋方向に吹いていたため、福島市と飯舘村の放射線量は減少し、現在はピーク時の1〜2割に低下した。
 渡辺副学長は「今後も爆発がなければ、放射線量は沈静化していく」と話している。
(2011年4月1日19時46分 読売新聞)

--------------------------------------------------------
飯舘村「直ちに避難指示ではない」官房長官
< 2011年3月31日 12:57 >
http://www.news24.jp/articles/2011/03/31/04179818.html
 福島第一原子力発電所の事故を受け、IAEA(=国際原子力機関)が、現在は避難指示が出ていない福島・飯舘村の住民に「避難指示」を出す検討をするよう日本政府に勧告したことについて、枝野官房長官は31日午前の会見で、直ちに避難指示を出す性質のものではないとの認識を示した。
 IAEAは30日の会見で、飯舘村の地域内で福島第一原発から約40キロ離れた地点で採取した土壌から、「IAEAが住民を避難させる基準値」の2倍の放射性物質が検出されたと発表。日本政府に対し、住民への避難指示を検討するよう求めた。飯舘村では現在、一部地域に「屋内退避」指示が出ている。
 これについて、枝野官房長官は「今の時点で、健康被害の可能性というよりも、こうした状況が継続する、長期にわたるという場合の可能性について、しっかりと把握して対処していかなければならない。そういう性質のものだと認識している」と述べた。
 その上で、今後、飯舘村の住民に対して避難指示を出す可能性について、「人体に影響を及ぼす可能性のある長期間になれば、検討しなければならない。必要が生じた時には、タイミングが遅れることのないように万全を期したい」と述べ、放射線量のモニタリングを強化する方針を示した。

-----------------------------------------------------
福島・飯舘村、IAEAが注視促す
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4688276.html
 IAEA=国際原子力機関は30日、避難指示の出ていない福島県飯舘村から「独自に定める避難基準を超える放射性物質を土壌から観測した」として、日本政府に状況を注視するよう促したと明らかにしました。
 「初期の調査でIAEAの避難基準値の1つを超える値が飯舘村で検出された」(IAEA国際原子力機関 フローリー事務次長)
 IAEAは18日から26日まで、各地で土壌に含まれる放射性物質の調査を行いました。
 その結果、福島第一原発の北西およそ40キロにある飯舘村で、「IAEAが独自に定める避難基準の2倍にあたる放射性物質を観測した」として、日本政府に状況を注視するよう促したということです。
 AP通信によりますと、IAEAの高官は飯舘村での測定値が「1平方メートルあたり2メガベクレル」で、「IAEAの基準のおよそ2倍にあたる」と話しているということです。
 飯舘村は一部が屋内待避の対象となっていますが、避難指示は出されていません。(31日11:25)

-----------------------------------------------------
IAEA 飯舘村の住民避難の検討を勧告
< 2011年3月31日 8:30 >
http://news24.jp/articles/2011/03/31/10179804.html
画像 IAEA(=国際原子力機関)は30日、福島・飯舘村から住民を避難させる検討をするよう、日本政府に勧告したことを明らかにした。
 IAEAは会見で、飯舘村の土壌サンプルから「IAEAが住民を避難させる基準値」の2倍にあたる高い放射性物質が検出されたと発表。経産省の原子力安全・保安院に対し、30日、住民への避難指示を検討するよう求めたことを明らかにした。飯舘村は福島第一原子力発電所から約40キロに位置し、ごく一部が「屋内退避」指示の半径30キロ圏内だが、村の大半には何の指示も出ていない。
 原子力安全・保安院はIAEAに対し、「見直し作業は常に行っている」と回答しているということで、日本政府の今後の対応が注目される。

----------------------------------------------------
飯舘村でIAEAの避難基準超す放射性物質
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110331-OYT1T00401.htm
 【ウィーン=末続哲也】国際原子力機関(IAEA)のデニ・フロリ事務次長は30日の記者会見で、福島第一原発から北西約40キロにある福島県飯舘村で、IAEAの避難基準を超す高いレベルの放射性物質が検出されたとして、日本側に状況を注視するよう促したことを明らかにした。
 IAEAは今月18〜26日、同原発周辺の各地で土壌の放射性物質(ヨウ素131とセシウム137)の量を調べ、飯舘村で1平方メートル当たり2メガ・ベクレルを検出した。これは、IAEAが避難勧告を必要とみなす基準の約2倍に当たるという。
 一方、IAEAは福島第一原発の事故に関し、日本の専門家らによる加盟国向け報告会を4月4日にもウィーンで開く計画を公表した。事故を受けてウィーンで開く原子力安全に関する閣僚級会議の日程は6月20〜24日に決まった。
(2011年3月31日11時08分 読売新聞)

----------------------------------------------------
福島県飯舘村で避難基準値超える放射性物質 IAEA
http://www.asahi.com/international/update/0331/TKY201103310189.html
2011年3月31日11時40分
 国際原子力機関(IAEA)は30日、福島第一原発から約40キロ離れた福島県飯舘村で、IAEAの避難基準を上回る放射性物質が検出されたため、日本側に詳細な調査をするよう促したことを明らかにした。
 IAEAによると、日本側が今月18〜26日、福島原発周辺25〜58キロの9自治体の土壌の放射性物質を測定。そのうち飯舘村で計測された最高値が、IAEAが避難の条件とする数値の約2倍に達したという。
 日本政府は、福島第一原発から20キロ圏内を避難、20〜30キロ圏内を屋内退避と指示しており、飯舘村は対象外だ。ただし、IAEAは「測定は天候や場所にも左右されるため、今回調査だけで判断できない。日本側に現状を注意深く評価するよう助言した」としている。(ウィーン=玉川透)

----------------------------------------------------
住民避難「安全距離は32キロ」 米原子力規制委員長
http://www.asahi.com/international/update/0331/TKY201103310230.html
2011年3月31日12時14分
画像 米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長は30日、上院歳出委員会公聴会で証言し、福島第一原発の事故に伴う住民の避難に関して「現在得られているデータは、安全距離が約20マイル(約32キロ)であることを示し続けている」と述べた。
 一方で米政府が今月16日、原発から「50マイル(約80キロ)以内」にいる米国民に避難勧告を出した際の根拠とされたNRC勧告については「限られた情報に基づくもので、慎重かつ妥当なものだった」と述べた。日本政府は半径20キロ圏内の住民に避難指示を出しているが、NRCの広報担当者は「事態は流動的であり、NRCの勧告は変わらない」としている。(ワシントン=勝田敏彦)

WRITTEN STATEMENT BY GREGORY B. JACZKO, CHAIRMAN UNITED STATES NUCLEAR REGULATORY COMMISSION
http://www.nrc.gov/about-nrc/organization/commission/comm-gregory-jaczko/jaczko-statement-3-30-11.pdf

-----------------------------------------------------
IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (30 March 2011, 16.30 UTC)
http://www.iaea.org/newscenter/news/tsunamiupdate01.html
On Wednesday, 30 March 2011, the IAEA provided the following information on the current status of nuclear safety in Japan.

1. Current Situation

Overall at the Fukushima Daiichi plant, the situation remains very serious.

With respect to the water that is present in the turbine buildings. In Unit 1, water has continued to be pumped into the condenser with 3 pumps (6.5 ton/hour each) and the water level has reduced from 40cm to 20cm. In Unit 2 from 07.45 UTC, pumping of water from the Condensate Storage Tank into the Surge Tank was started so that the that condenser can be drained to the Condensate Storage Tank and contaminated water can be pumped out from the Turbine building into the condenser. The same process of pumping the water from the Condensed Water Storage Tank into the Surge Tank was started on Unit 3 at 08.40 UTCon March 28.

Near the Unit 3 building, 3 workers spilled water over themselves when removing a flange from seawater pipes on the residual heat removal system (RHR). After showering, contamination was not detected.

Fresh water has been continuously injected into the Reactor Pressure Vessel (RPV) through feed-water line at an indicated flow rate of 8.0 m3/h at Unit 1. The pumping of freshwater into the RPV has been switched from fire trucks to temporary electrical pumps with diesel generator. At Units 2 and 3 fresh water is being injected continuously through the fire extinguisher line at an indicated rate of 7 m3/h using a temporary electric pump.

The indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV of Unit 1 has decreased from 323 oC to 281 oC and at the bottom of RPV remained stable at 134 oC. There is a corresponding decrease in Drywell pressure. At Unit 2 the indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV has increased from 154 oC to 177 oC and at the bottom of RPV has increased from 78 oC to 88 oC. Indicated Drywell pressure remains at atmospheric pressure. For Unit 3 the indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV is about 75 oC and at the bottom of RPV is about 116 oC. The validity of the RPV temperature measurement at the feed water nozzle is still under investigation.

With respect to the Spent Fuel Pools. It was planned to commence the pumping of water into the Unit 1 Spent Fuel Pool by concrete pumping truck from 29 March. Also on 29 March pumping of fresh water into the Unit 2 spent fuel pool commenced via a temporary electrical pump. The temperature of the spent fuel pool is 46o C as of 19:00 UTC 29 March. For Unit 4 it was planned to commence pumping freshwater into the spent fuel pool on March 29. The IAEA has not received information on implementation of spraying activities in units 1 and 4.

Units 5 and 6 remain in cold shutdown

2. Radiation Monitoring

The majority of the recently measured radioactivity levels in drinking water are being reported below the levels established by the Japanese authorities which are 100 Bq/L of I-131 for infants; 300 Bq/L for adults and 200 Bq/L of Cs-137 for infants and adults. Previously imposed recommendations for restrictions on drinking water are being lifted in most of the affected locations. As of 28 March, recommendations for restrictions based on I-131 concentration remain in place in one village in the Fukushima prefecture. In three other locations of the Fukushima prefectures, restrictions continue to apply for infants only.

Two IAEA teams are currently monitoring radiation levels and radioactivity in the environment in Japan. On 29 March, one team made gamma dose-rate measurements in the Tokyo region at 8 locations. Gamma-dose rates measured ranged from 0.02 to 0.19 microsievert per hour, which is within or slightly above the background.

The second team made additional measurements at distances of 32 to 62 km, at directions North to Northwest from the Fukushima nuclear power plant. At these locations, the dose rates ranged from 0.5 to 6.8 microsievert per hour. At the same locations, results of beta-gamma contamination measurements ranged from 0.05 to 0.45 Megabecquerel per square metre.

Based on measurements of I-131 and Cs-137 in soil, sampled from 18 to 26 March in 9 municipalities at distances of 25 to 58 km from the Fukushima Nuclear Power Plant, the total deposition of iodine-131 and cesium-137 has been calculated. The results indicate a pronounced spatial variability of the total deposition of iodine-131 and cesium-137. The average total deposition determined at these locations for iodine-131 range from 0.2 to 25 Megabecquerel per square metre and for cesium-137 from 0.02-3.7 Megabecquerel per square metre. The highest values were found in a relatively small area in the Northwest from the Fukushima Nuclear Power Plant. First assessment indicates that one of the IAEA operational criteria for evacuation is exceeded in Iitate village. We advised the counterpart to carefully access the situation. They indicated that they are already assessing.

As far as food contamination is concerned, 35 samples taken from 25-29 March, and reported on 29 March, for various vegetables, fruit (strawberry), seafood, pork and unprocessed raw milk in nine prefectures (Chiba, Gunma, Ibaraki, Kanagawa, Nagano, Niigata, Saitama, Tochigi and Yamagata), stated that results for iodine-131, caesium-134 and caesium-137 were either not detected or were below the regulation values set by the Japanese authorities.

The Joint FAO/IAEA Food Safety Assessment Team met with local government officials in Tochigi prefecture on 29th March and provided advice related to contamination of food and the environment.

Local government officials briefed the FAO/IAEA Team on the extent of contamination in Tochigi, the principle agricultural products affected, the main production areas and production methods (greenhouses, open-air), levels of contamination found (principally in air, tap/ground water and vegetables) and imminent plans to monitor soil contamination. A field visit also took place to a spinach producer outside Utsanomiya City.

Based on these latest discussions with the Tochigi authorities, it is apparent that the focus of the Joint FAO/IAEA mission has changed to some extent from the mechanisms of contamination to remediation strategies and techniques related to plant and animal production, food traceability and water/soil characterization.

The FAO/IAEA team is also meeting with the local government officials in Gunma prefecture today.

No new results from the marine monitoring stations 30 km off-shore as well as from close to the discharge, were reported since 27 March.

One IAEA staff member of the Monaco marine laboratory will fly to Japan on 31 March in order to join the Japanese team assessing marine environment.

The IAEA continues activities under the Joint Radiation Emergency Management Plan of the International Organisations through regular video/teleconferences. As of March 30 the WHO liaison officer is working in the IEC.

In response to the request for data on measurement, the IEC has received information from Singapore. The Singapore Authorities have sent reports on measurements in food imported from Japan (cabbages). Some samples were over the Codex Alimentarius values recommended for international trade. In Singapore no increase in gamma dose rates have been observed and no fission products have been found in air samples.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島県飯舘村でIAEAの避難基準値超える放射性物質 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる