医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 処方薬をディスカウント価格で買える新たなカードの提供/ニューヨーク医療事情

<<   作成日時 : 2011/05/20 19:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 ニューヨーク市は処方薬をディスカウント価格で買える新たなカードの提供を始めた。そうすることで薬の販売を増やし市の公立病院を助けることになるという。
 住民、旅行者、通勤者、保険を持つ人すべてにこのカードの取得資格があるとブルームバーグ市長は言う。平均で47%のディスカウントになり、糖尿病患者はジェネリックで年間831ドル、喘息患者は667ドルを節約できる。
 数年前からこうしたカードを導入した地域がある。近隣のナソー郡は、2004年に始まり、居住者のために処方薬で薬24%、ジェネリックで最高50%節約できる。
 国内の多くの薬局は同様のディスカウントカードを提供している。市のプログラムを実行するHealthTrans Accessにはすでに国内の1060万人がメンバー登録しているという。
 ニューヨーク市の85%にあたる2,000軒のドラッグストアは、店内で他の品物も購入してくれることを期待してディスカウントを快く提供すると市長は述べた。
 昨年、80万人以上のニューヨーカーが、代金を払うことができなかったために、処方調剤をうけなかったという。薬剤をカバーしない健康保険を持っている場合もある。新しいカードはこうした人に必要な処方をだすことができれば、市の11公立病院のER受診を減らせることを期待している。
 ニューヨーク市は国内最大のメディケイド・プログラムを持っているが、さらに市の公立病院は無保険の45万人を治療している。
 Health and Hospitals Corporation(ニューヨーク保健医療公社)は何年もの間財源が逼迫しており、現金残高は2011年の8億3200万ドルから2015年に3100万ドルまで落ちると見られている。

----------------------------------------------------
NYC offers discount card for prescription drugs
http://www.reuters.com/article/2011/05/19/us-nyc-discount-card-idUSTRE74I4DW20110519

By Joan Gralla

NEW YORK | Thu May 19, 2011 10:34am EDT

(Reuters) - New York City began offering a new card on Wednesday that lets people buy prescription drugs at big discounts, a step that could potentially increase drug sales and ease strains on the city's public hospitals.

Residents, tourists, commuters, and people who already have insurance, are all eligible for the new and free BigAppleRx cards, regardless of age, income, or citizenship, Mayor Michael Bloomberg told reporters.

Discounts are expected to average 47 percent. Patients with diabetes could save as much as $831 a year on generic medicines while asthma sufferers could save $667 on inhaler drugs.

Some localities are years ahead of New York City in offering discount drug cards. Neighboring Nassau County, for example, says its program began in 2004 and it saves residents 24 percent off most retail prescriptions and up to 50 percent on generic drugs.

Many pharmacies around the nation offer similar discount cards; HealthTrans Access, which will run the city's program, has already signed up 10.6 million people around the country.

About 2,000 drugstores in New York City -- 85 percent of the total -- are willing to offer the discounts in return for attracting more business from shoppers who also might buy other items while in the stores, Bloomberg said.

Last year, more than 800,000 New Yorkers said they did not fill a prescription because they could not pay for it, said Deputy Mayor Linda Gibbs. Even New Yorkers who have health insurance may have plans that do not cover drugs.

If the new cards enable these individuals to afford the prescription drugs they need, they might be able to avoid seeking emergency treatment at one of the city's 11 public hospitals, a mayoral aide said.

New York City has one of the nation's biggest Medicaid programs, whose recipients already get the benefit of lower drug prices. Still, the city's public hospitals treat 450,000 people a year who lack insurance, said a spokeswoman for the hospital agency, the Health & Hospitals Corporation.

"A lot of our patients can get medication for $2," she said. "But not all New Yorkers come to the Health and Hospitals Corporation; that's the benefit of this card."

For years, the finances of the Health & Hospitals Corporation have been under pressure, and its closing cash balance is expected to fall to $31 million in 2015 from $832 million in 2011, according to a fiscal watchdog.

The list of drug chains that will accept the new cards includes Target. The discount cards can be downloaded at www.bigapplerx.com or obtained by calling 311, the city's help line.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
処方薬をディスカウント価格で買える新たなカードの提供/ニューヨーク医療事情 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる