医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜市、学校給食での牛肉使用を当面控える

<<   作成日時 : 2011/07/12 20:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

横浜市、学校給食での牛肉使用を当面控える
< 2011年7月12日 19:04 >
http://www.news24.jp/articles/2011/07/12/07186292.html
画像 横浜市は12日、市立小学校と市立保育所で牛肉を給食に使うことを当面控えると発表した。
 横浜市によると、東京都に出荷された福島・南相馬市産の牛肉から国の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されたことから、不安を抱く保護者に配慮して決めたという。
 横浜市に入荷された牛肉を先週末に検査した際には規制値を超えたものはなかったということだが、横浜市は今後も検査をしていく。

----------------------------------------------------
セシウム検出の肉牛、一部は販売
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4773901.html
 問題の肉を扱った静岡県牧之原市の業者は、思いもよらなかったと困惑を隠せません。
 「びっくりした。半月も経って、放射性セシウムが入っていると言われて困った」(問題の肉を扱った業者)
 静岡県牧之原市のこの食肉業者は、問題の牛肉を静岡市清水区の食肉加工業者から14.5キロ仕入れ、うち9.8キロは牧之原市内などの飲食店4店とスーパーに卸し、残りの4.7キロは店頭で販売しました。
 「怒りを通り過ぎて、あきらめじゃないですけどね、何とかしてほしいなというのが本音です」(問題の肉を扱った業者)
 県内の食肉関係者の間には、風評被害への懸念も広がっています。
 「福島県南相馬市で飼育された牛の肉が愛知県に流通している。消費量・想定される濃度から人体への影響はない」(愛知県生活衛生課 照井一由 課長)
 一方、愛知の調査によりますと、愛知県に入ってきた肉牛は静岡市で確認されたものと同じ牛だということです。今月2日、愛知県内の焼き肉店1店舗に販売。販売された肉はバラ肉5.9キログラムで、このうち3キロあまりは客に提供されていました。残りの肉について愛知県は、冷凍保存して提供を見合わせるよう店を指導しています。
 徳島県では問題の肉がスーパーで販売されていました。徳島県によりますと南相馬市の農家から出荷され、東京都内で5月30日に解体された牛肉のうち、スネ肉8.8キロが愛媛県内の業者を経由して徳島県阿南市のスーパーに納品されました。肉は、特売品の「国産黒毛和牛小間切れ」として先月9日から3日間、店頭に並べられ、販売されたということです。
 「びっくりしました。まさか徳島まで。日本に住んでいたら、しょうがないのかな」(客)
 問題の肉は全て販売され、徳島県は「購入した人の追跡調査は不可能」としています。(12日11:30)

-----------------------------------------------------
流通先、10都道府県に セシウム検出の肉用牛 静岡の飲食店などで基準値超える
2011.7.12 10:29
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110712/trd11071210300004-n1.htm
 福島県南相馬市の農家が出荷した11頭の肉用牛から放射性セシウムが検出された問題で、この農家が同じ飼料を与えていた別の6頭の加工肉の流通先が、少なくとも10都道府県に上ることが12日、東京都などへの取材で分かった。都や農林水産省は引き続き流通経路の解明を進める。
 都によると、この農家は6頭を5〜6月に出荷、加工肉が静岡、大阪、東京、神奈川、愛媛の計5都府県に流通。さらに北海道、千葉、愛知、徳島、高知の5道県の業者にも流通したという。うち静岡市の飲食店と、東京都の卸売業者が保管していた牛肉から基準値を超えるセシウムが検出された。都は6頭の個体識別番号を公表した。愛媛県によると、同県内では販売されていない。
 11頭については東京都の芝浦と場で処理され、基準値の3〜6倍のセシウムが検出された。この食肉は市場には流通していない。

--------------------------------------------------
肉用牛の流通消費経路の調査続く セシウム検出で東京都
http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011071201000867.html
 福島県南相馬市の農家が出荷した11頭の肉用牛から放射性セシウムが検出された問題で、東京都などは12日、この農家が同じ飼料を与えていた別の6頭の流通消費経路について、販売先の自治体を通じて調査を進めた。
 これまで3頭分は流通先がほぼ判明。都は残る3頭分の調査を急いでいる。
 都によると、1頭は6月上旬から下旬にかけ、都内と横浜、川崎、静岡3市、愛媛県の計9業者に流通。さらに北海道や東京都、神奈川、静岡、愛知、徳島、高知各県の小売業者や飲食店に販売され、一部が消費されるなどした。2頭は6月末と7月初めに東京都と大阪府の2業者に販売され、全量が保管されている。
2011/07/12 19:22 【共同通信】

---------------------------------------------------
給食用物資の産地(7月使用予定分)
平成23年6月30日     (財)横浜市学校給食会
http://www.ygk.or.jp/syokuzai/pdf/kyushoku-santi07.pdf

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜市、学校給食での牛肉使用を当面控える 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる