医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 低線量セシウム慢性被曝による膀胱癌/チェルノブイリ膀胱炎

<<   作成日時 : 2011/08/21 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

チェルノブイリ原発事故後の持続的低容量放射線の慢性被曝による膀胱癌
画像 ウクライナでセシウム137汚染地域住人に慢性的長期低容量放射線により膀胱上皮に変化が生じた。少なくとも2つのシグナル経路(p38 MAP-K分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼとNF-κBのカスケード)と成長因子受容体活性化のアップレギュレーションを伴って酸化ストレスが起こることで、慢性炎症と非定型増殖性膀胱炎、いわゆるチェルノブイリ膀胱炎(前癌状態の可能性のある)を生じる。さらに、尿路上皮中の非能率なDNA修理とユビキチンのアップレギュレーションとともに、細胞サイクル変遷制御の重要な変更がおこり細胞増殖に関連する。

----------------------
低線量被曝による小児の甲状腺癌患者の染色体7q11異常
http://kurie.at.webry.info/201108/article_8.html
慢性的低線量セシウム放射線被曝による子どもの呼吸機能障害
http://kurie.at.webry.info/201107/article_16.html
低レベル放射能がもたらす健康被害は?/福島原発
http://kurie.at.webry.info/201104/article_9.html
放射能汚染による甲状腺ガンのリスクは長期にわたる/チェルノブイリ原発事故 放射性ヨウ素
http://kurie.at.webry.info/201103/article_18.html

------------------------------------------------------
Carcinogenesis. 2009 Nov;30(11):1821-31. Epub 2009 Jul 30.
Urinary bladder carcinogenesis induced by chronic exposure to persistent low-dose ionizing radiation after Chernobyl accident.
Romanenko A, Kakehashi A, Morimura K, Wanibuchi H, Wei M, Vozianov A, Fukushima S.

Department of Pathology, Institute of Urology, Academy of Medical Sciences of Ukraine, 9a, Yu. Kotzubinsky Street, 04053 Kiev, Ukraine.
Abstract

Urinary bladder urothelium as well as cells in the microenvironment of lamina propria (endothelial elements, fibroblasts and lymphocytes) demonstrate a number of responses to chronic persistent long-term, low-dose ionizing radiation (IR). Thus, oxidative stress occurs, accompanied by up-regulation of at least two signaling pathways (p38 mitogen-activated protein kinase and nuclear factor-kappaB cascades) and activation of growth factor receptors, in the bladder urothelium of people living in Cesium 137-contaminated areas of Ukraine, resulting in chronic inflammation and the development of proliferative atypical cystitis, so-called Chernobyl cystitis, which is considered a possible pre-neoplastic condition in humans. Furthermore, significant alterations in regulation of cell cycle transitions are associated with increased cell proliferation, along with up-regulated ubiquitination and sumoylation processes as well as inefficient DNA repair (base and nucleotide excision repair pathways) in the affected urothelium. The microenvironmental changes induced by chronic long-term, low-dose IR also appear to promote angiogenesis and remodeling of the extracellular matrix that could facilitate invasion as well as progression of pre-existing initiated cells to malignancy. Based on the available findings, new strategies have been developed for predicting and treatment of Chernobyl cystitis-a first step in urinary bladder carcinogenesis in humans.

PMID: 19643821

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
低線量セシウム慢性被曝による膀胱癌/チェルノブイリ膀胱炎 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる