医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 茨城県の玄米からセシウム検出、暫定規制値下回る

<<   作成日時 : 2011/08/23 20:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

茨城 玄米から微量放射性物質
8月19日 13時11分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110819/t10015008841000.html
画像 茨城県鉾田市で行なわれた収穫前のコメの検査で、玄米から微量の放射性セシウムが検出されました。国が、原発事故の後で指示したコメの検査で放射性セシウムが検出されたのは初めてですが、今回の値は食品の暫定基準値を大きく下回っていて、農林水産省は食べても健康に影響がないレベルだとしています。
 茨城県は空気中の放射線量が比較的高い13の市町村で、収穫前の稲の一部を刈り取って放射性セシウムの量を調べる「予備検査」を行っています。鉾田市では3か所で検査が行われ、このうち1か所で玄米1キログラム当たり▽セシウム134が23ベクレル▽セシウム137が29ベクレルの、合わせて52ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。原発事故を受けて、国は、関東や東北などの合わせて17の都と県に米に含まれる放射性セシウムを検査するよう指示していますが、農林水産省によりますと、この検査の中で放射性セシウムが検出されたのは初めてです。今回の値は、放射性セシウムの種類ごとに検出される最低値としている1キログラム当たり20ベクレルをわずかに上回る低い値で、鉾田市のほかの2か所からは検出されませんでした。農林水産省も、国の暫定基準値の500ベクレルを大きく下回っているため、食べても健康に影響がないレベルだとしています。茨城県は今後、鉾田市で収穫後のコメの放射性セシウムの検査を行い詳しく調べることにしています。

-----------------------------------------------------
コメからセシウム初検出 茨城・鉾田で採取
http://www.asahi.com/national/update/0819/TKY201108190385.html
2011年8月19日17時59分
 茨城県は19日、鉾田市で採取したコメから、放射性セシウム134が1キロあたり23ベクレル、同137が同29ベクレル検出された、と発表した。コメの検査でセシウムが検出されたのは初めて。
 鉾田市は、空間放射線量が毎時0.1マイクロシーベルトを超えたため、収穫前に実施する予備調査の対象になった。8月11日に市内3カ所の水田から刈り取り、検査したところ、1カ所のコメからセシウムが検出された。ほかの2カ所は「検出せず」(存在しないか1キロあたり20ベクレル未満)だった。
 出荷制限の対象になるかどうかの基準値は1キロあたり500ベクレル。茨城県産地振興課は「(収穫後の)本調査で安全性を確認したい」としている。

-----------------------------------------------------
茨城県の玄米からセシウム、暫定規制値下回る
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110819-OYT1T00569.htm
 茨城県は19日、東京電力福島第一原発事故を受けた県産米の調査で、鉾田市内の収穫前の玄米から1キロ・グラム当たり52ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。
 暫定規制値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)は大幅に下回った。農水省によると、コメの放射性物質調査で、放射性セシウムが検出されたのは初めて。
 県は16日に予備調査として、鉾田市内の3か所で収穫前の玄米の放射線量を調べた。日本食品分析センター多摩研究所(東京都多摩市)で測定した結果、1か所のコメから1キロ・グラム当たり放射性セシウム134が23ベクレル、同137が29ベクレルの計52ベクレルを検出した。
 ほかの2か所では不検出だった。県は出荷前に鉾田市内で本調査を行うことにしている。
 一方、鹿嶋市と神栖市の計11か所で行った本調査では、いずれも「検出せず」だった。
(2011年8月19日13時40分 読売新聞)

------------------------------------------------------
茨城・潮来の早場米不検出 収穫後の放射性物質検査
2011.8.16 13:08
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110816/ibr11081613240003-n1.htm
 茨城県は16日、同県潮来市の農家から採取した早場米を検査した結果、放射性物質は検出されなかったと発表した。
 県は15日に潮来市の農家6軒から「あきたこまち」などの玄米各2キロの提供を受け、県の機関で検査していた。セシウム134と137がいずれも検出下限値の1キログラム当たり20ベクレル未満だった。
 茨城県は、空間放射線量が0・15マイクロシーベルト以上の13市町村を対象とした収穫前の予備調査と、全市町村での収穫後の本調査を実施しており、国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超えた場合は出荷停止にする。今回の潮来市の検査は本調査の一環。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
茨城県の玄米からセシウム検出、暫定規制値下回る 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる