医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 英MOX工場閉鎖へ、福島原発事故影響 /セラフィールド

<<   作成日時 : 2011/08/04 21:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

英MOX工場閉鎖へ、福島原発事故影響
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4792693.html
画像 日本のプルサーマル発電に使用するMOX燃料を製造しているイギリスの工場が、福島第一原発の事故の影響を受けて閉鎖されることになりました。
 閉鎖されるのは、イギリス中部、セラフィールドの原子力施設にあるMOX燃料の製造工場です。
 この工場では、日本の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを加工し、日本の原発での再利用を目指していましたが、福島第一原発事故の影響で日本側の需要が当分見込めず、「日本向け輸出の先行きが不透明になった」ことを理由に閉鎖されることになりました。
 この工場は、日本の電力会社10社が改良工事の費用を負担することなどで経営が成り立っていて、なかでも中部電力の浜岡原発は、この工場との間で実際にMOX燃料の加工契約を結んだ唯一の原発でした。しかし、5月に菅総理が停止を決定したことで、工場側は経営の見通しが立たない状態となっていました。(04日04:49)

----------------------------------------------------
英のMOX工場が閉鎖へ 浜岡原発の停止響く
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/309709.html
(08/04 08:46、08/04 12:02 更新)
英中西部セラフィールドの原子力施設=4月撮影(ロイター=共同)
 【ロンドン共同】英中西部セラフィールドの原子力施設にあるプルサーマル発電用のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料製造工場が近く閉鎖されることが3日、分かった。工場を所有する英政府の外郭団体、原子力廃止措置機関(NDA)が明らかにした。
 NDAは、福島第1原発事故の影響で、顧客である日本の電力会社が行うプルサーマル計画の先行きが不透明になったことを理由に挙げている。
 NDAによると、同工場側と日本の電力会社各社との間で、使用済み燃料の再利用とMOX燃料製造に関する大枠の合意があったが、特別な事情がある場合、合意の見直しが可能との条項があるという。
 同工場は2001年に稼働。北海道電力を含む日本の電力10社は昨年5月、使用済み核燃料の再処理を英国に委託して発生したプルトニウムを、同工場でMOX燃料に加工することでNDAと合意。浜岡原発はMOX燃料の販売先第1号になるはずだった。

----------------------------------------------------
セラフィールド再処理工場による海洋汚染の実態
http://www.jca.apc.org/mihama/News/news65/news65cesium.htm
セラフィールド再処理工場からの放射能放出と白血病
http://cnic.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=35

-----------------------------------------------------
BMJ. 1990 Feb 17;300(6722):423-9.
Results of case-control study of leukaemia and lymphoma among young people near Sellafield nuclear plant in West Cumbria.
Gardner MJ, Snee MP, Hall AJ, Powell CA, Downes S, Terrell JD.
Source

MRC Environmental Epidemiology Unit (University of Southampton), Southampton General Hospital.
Erratum in

BMJ. 1992 Sep 19;305(6855):715.

Abstract
OBJECTIVE:

To examine whether the observed excess of childhood leukaemia and lymphoma near the Sellafield nuclear plant is associated with established risk factors or with factors related to the plant.
DESIGN:

A case-control study.
SETTING:

West Cumbria health district.
SUBJECTS:

52 Cases of leukaemia, 22 of non-Hodgkin's lymphoma, and 23 of Hodgkin's disease occurring in people born in the area and diagnosed there in 1950-85 under the age of 25 and 1001 controls matched for sex and date of birth taken from the same birth registers as the cases.
MAIN OUTCOME MEASURES:

Antenatal abdominal x ray examinations, viral infections, habit factors, proximity to and employment characteristics of parents at Sellafield.
RESULTS:

Expected associations with prenatal exposure to x rays were found, but little information was available on viral illnesses. Relative risks for leukaemia and non-Hodgkin's lymphoma were higher in children born near Sellafield and in children of fathers employed at the plant, particularly those with high radiation dose recordings before their child's conception. For example, the relative risks compared with area controls were 0.17 (95% confidence interval 0.05 to 0.53) for being born further than 5 km from Sellafield 2.44 (1.04 to 5.71) for children of fathers employed at Sellafield at their conception, and 6.42 (1.57 to 26.3) for children of fathers receiving a total preconceptual ionising radiation dose of 100 mSv or more. Other factors, including exposure to x rays, maternal age, employment elsewhere, eating seafood, and playing on the beach did not explain these relationships. Focusing on Seascale, where the excess incidence has predominantly been reported, showed for the four out of five cases of leukaemia and one case of non-Hodgkin's lymphoma whose fathers were employed at Sellafield and for whom dose information was obtained that the fathers of each case had higher radiation doses before their child's conception than all their matched control fathers; the father of the other Seascale case (non-Hodgkin's lymphoma) was not employed at the plant. These results seem to explain statistically the geographical association. For Hodgkin's disease neither geographical nor employment associations with Sellafield were found.
CONCLUSIONS:

The raised incidence of leukaemia, particularly, and non-Hodgkin's lymphoma among children near Sellafield was associated with paternal employment and recorded external dose of whole body penetrating radiation during work at the plant before conception. The association can explain statistically the observed geographical excess. This result suggests an effect of ionising radiation on fathers that may be leukaemogenic in their offspring, though other, less likely, explanations are possible. There are important potential implications for radiobiology and for protection of radiation workers and their children.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英MOX工場閉鎖へ、福島原発事故影響 /セラフィールド 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる