医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 避難勧告で帰国した仏人女性をNHKが契約解除

<<   作成日時 : 2013/01/19 18:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

避難勧告で帰国したら契約解除 仏人女性がNHKを提訴
http://www.asahi.com/national/update/0115/TKY201301150227.html
 NHKで翻訳やアナウンス業務をしていた仏国籍の女性(55)が15日、東京電力福島第一原発事故の直後に仏政府の避難勧告を受けて帰国したら契約を解除されたのは無効だとして、従業員としての地位の確認と約1570万円の損害賠償などをNHKに求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、女性は1990年からNHKの契約スタッフとして、海外向けのラジオ放送のアナウンス業務や翻訳を担当していた。原発事故が起きた直後の2011年3月15日に一時帰国したところ、同月22日に「放送直前に業務を放棄し、報道に多大な影響を与えた」として契約を解除された。女性は「帰国は仏政府からの避難勧告に応じたもので、同僚には東京を離れると帰国前に伝えていた」と主張している。
 記者会見した女性は「上司の承諾も得ており、契約を解除される理由がわからない」と訴えた。NHKは「訴状が届いていないので詳細な答えは差し控えるが、契約解除については問題はなかったと考えている」とのコメントを出した。

-----------------------------------------------------
2013/01/15 FCCJ主催 元アナウンサーによるNHKへの提訴についての記者会見
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/53480
 フランス国籍のエマニュエル・ボダン氏は20年以上NHKに勤務していたが、2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所の水素爆発、原子炉建屋大破及び放射性物質の放出等の事態を受け、フランス政府からの避難勧告に従い東京を離れる事を上司に伝え承諾を得た。ところが同月22日ころ、突然の解雇。これは不当であるとして梓澤弁護士と共に記者会見を開いた。2013年1月15日(火)より、外国特派員協会。
■出席者
エマニュエル・ボダン(元NHKアナウンサー)

-----------------------------------------------------
Tuesday, January 15, 2013, 03:00pm - 04:00pm
P/C "Fired For Leaving Japan After March 11,2011", by Bodin & Azusawa
http://www.fccj.ne.jp/

Summary :
PRESS CONFERENCE Emmanuelle Bodin, Former NHK Announcer Kazuyuki Azusawa, Lawyer
Language :
The speech and Q & A will be in English and Japanese with English interpretation
Description :
PRESS CONFERENCE
Emmanuelle Bodin, Former NHK Announcer
Kazuyuki Azusawa, Lawyer

15:00-16:00 Tuesday, January 15, 2013
(The speech and Q & A will be in English and Japanese with English interpretation)

Fired For Leaving Japan After March 11, 2011
In the days after March 11, 2011, thousands of foreigners in Japan made the agonizing decision to leave the country. Many so-called “fly-jin” had built lives, careers and families here but felt they could no longer endure the constant aftershocks and fear of radioactive contamination from the Fukushima Daiichi nuclear plant. Many were advised to leave by their embassies.
Such was the case with Emmanuelle Bodin. A longstanding resident of Japan, she decided to follow the instructions of the French Government on March 13th to temporarily leave Tokyo after the first explosions at the Fukushima plant. Shortly after taking this leave of absence, however, Bodin was dismissed by broadcaster NHK after over 20 years of dedicated service.
Bodin says before returning home she got the all clear from her managers at NHK and took steps to ensure her work would be covered. So she was astonished when she received a termination letter on March 22nd. As a broadcaster for the French Section of Radio Japan since 1990 she believes she was entitled to better treatment, and she is going to court to fight her case.
She and her lawyer will argue that NHK unilateral termination -- under undeniably difficult circumstances -- was unfair. She says she is seeking to protect the rights afforded to her and all employees under Japan's labor agreement laws "so as to restore, in some measure, a livelihood and reputation unfairly damaged after decades of dutiful service and contribution. " Her lawsuit is likely to be a test case for hundreds of similar dismissals and will be watched closely.
Please reserve in advance, 3211-3161or on the website (still & TV cameras inclusive). Reservations and cancellations are not complete without confirmation.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
避難勧告で帰国した仏人女性をNHKが契約解除 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる